「広島ブログ」

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「基町写真展2024」に行きました。 | トップページ | 広島平和記念資料館企画展「ともだちの記憶」 »

2024年6月15日 (土)

2024年6月のブルーベリー農園その2

梅雨はまだ来ない。農作業をする日中は28度くらいまで気温が上がり暑い日が続いているが、東広島市豊栄町のブルーベリー農園に安芸区の自宅から通っているので作業する日数は稼げる。ブルーベリーの剪定今の時期はよくないのだが木が茂りすぎているのであと数十本切らないといけない。剪定作業の合間にブルーベリー畑の草刈りを行っているがブルーベリーの木の株元でキジの巣に出会った。場所は3段あるブルーベリー畑の一番下の畑で刈払機を近づけると突然メスのキジが飛び立った。よく見ると巣にタマゴがあった。別の日にも違う場所で巣があった。どちらの巣も幸いその後抱卵してくれているようなのでちょっと安心。草刈りはこれからも続くのでブルーベリーの株元を切るときは気を付けないといけない。

67日(金)

ブルーベリー畑の草刈りの最中に出会ったキジの巣。卵がみえる

246151

612日(水)

別の場所でも刈払機が近づくとメスのキジが突然飛び立ったのでその周りの草刈りをやめた。(写真真ん中の笹薮の中)畑ではオスのキジの鳴き声が時々聞こえる

246152

68日(土)

畑のブルーベリーの剪定。枝を切った後太い幹は重いので一輪車で運ぶ。まだ切っていない隣の列はうっそうと茂っている

246153

610日(月)

農園のブルーベリーは2000年秋から2001年秋にかけて植えたので最盛期を過ぎている。太い幹を切ってみると真ん中が枯れこんでいる。右は切った枝。

246154

畑の草むらではまだヘアリーベッチのつるが伸びて花を咲かせ続けている

246155

612日(水)

午前中の里山のブルーベリー園。田んぼの向こうの緩やかな斜面がブルーベリーを栽培しているところ

246156

12日の農作業はまずはブルーベリー畑の草刈りと刈った後の列に防草シートを敷くこと

246157

地べたで黒い殻がところどころにあるのはレンゲ。殻の中に種はないのであちこちに散らばっているのだろう

2456158

防草シートを敷いたブルーベリー畑。あと2列残っている。真ん中のシートを敷いていないところがキジの巣のある周辺

246159

午後涼しくなってから別のブルーベリー畑の剪定。117本を根元から切って列間の空間を広くする目的でまずは上の枝を電動はさみですべて落とした。根元から電動チェンソーで取り除くのは別の日になる

2461510

農園の庭の池でハナショウブが今年も開花

2461511

2024615

社会福祉法人安芸の郷

理事長 遊川和良

【編集者】今日のブログを読んで、あれっと思われた方があると思います。そうです、遊川さんの「ブルベリー農園」は、これまで写真の後に写真解説がりましたが、今日から写真の前に写真解説をくるように編集が変更になりました。

[お願い]
この文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。
広島ブログ

広島ブログ

 

« 「基町写真展2024」に行きました。 | トップページ | 広島平和記念資料館企画展「ともだちの記憶」 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「基町写真展2024」に行きました。 | トップページ | 広島平和記念資料館企画展「ともだちの記憶」 »