「広島ブログ」

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 広島被爆二世裁判広島高裁第2回口頭弁論 | トップページ | 福島原発視察報告その1 »

2024年5月31日 (金)

2024年5月のブルーベリー農園その4

安芸区の自宅から東広島市豊栄町のブルーベリー農園に通いながら昨年12月から行っているブルーベリーの剪定を続けている。2000年と2001年で1000本植えたが本格的で、丁寧が管理ができないまま来たのでブルーベリーの木の差が高くなりすぎ、ぼさぼさに茂っているので実の収穫がむつかしくなっている。この状況の改善をするために古くて太い枝を根元から切る方法で剪定を進めている。農園の周囲の景色はもう初夏だが、枝の先にはブルーベリーの実が日に日に大きくなってきていて、モッタイナイ気持ちをこらえて、初夏の農園周囲の景色に和まされながら作業を続けている。

245311

525日(土)

小屋の横の畑の大輪のバラがきりりと開花。次の日に切って安芸区の自覚に活けて楽しんだ

245312

526日(日)

義母の命日なので妻と墓参りに行く。墓地にはヒノキ(写真)やモミジが芽生えていた

245313

エビネはもうしおれている。こちらは晩春を想起させる姿

245314  

花壇の主役はジャーマンアイリスからフランネルソウに交代

245315

スズメバチ捕獲器の隣に100均の粘着板式の捕獲器を吊り下げてみた。この日も2匹中に入っていた

245316

里山のブルーベリー園で2回目の手直し剪定と見回りを少しの時間行う。早生のブルーベリーの実は若葉色。摘み取りまであと50日くらいか

245317   

里山のシライトソウの花穂はにょきにょきと伸びあがっている

245318

里山に咲くウノハナ(ハコネウツギ)はほぼ満開に

245319

ブルーベリーの剪定をしたあとは毛を切り取られた羊のようにほっそりした立ち姿になってしまう。ブルーベリーの根元から切る太い枝はチェンソーで短く切って一輪車で運ぶ。

2453110

農園の近くの庭は多彩な花畑

2453111

最近植ええられたこの田んぼは苗が小さいので文字通り水田の景色 

2024531

社会福祉法人安芸の郷

理事長 遊川和良

[お願い]
この文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。
広島ブログ

広島ブログ

 

« 広島被爆二世裁判広島高裁第2回口頭弁論 | トップページ | 福島原発視察報告その1 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 広島被爆二世裁判広島高裁第2回口頭弁論 | トップページ | 福島原発視察報告その1 »