「広島ブログ」

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2024年2月のブルーベリー農園その4 | トップページ | 「広島県立第一高等女学校の門柱」余話の余話 »

2024年3月 1日 (金)

被爆者の森―2本植え替え

昨日午前8時から平和大通り東詰付近に広がる被爆者の森で、沖縄県の木と石川県の木の2本の植え替えがありました。

最初の植え替え作業が行なわれたのは、石川県の木です。もともと石川県の木は、県木アスナロが植えられていましたが、私が知る限り過去3度枯れています。

1度目の植え替えの様子は、「被爆者の森」の植栽と樹名板の取付け: 新・ヒロシマの心を世界に (cocolog-nifty.com)で紹介しましたが、翌年3月再び枯れているのを発見し、広島市に連絡したところ、3月18日に植え替えられました。その時のことを「アスナロ」の木が植え替えられました―被爆者の森: 新・ヒロシマの心を世界に (cocolog-nifty.com)で紹介しました。

ところが、2度目の植え替えを行なったアスナロが、翌年2023年夏前になると再び枯れ始めたのです。この時も広島市に連絡を入れたのですが、その時は「もう少し様子を見たい」との返事でしたが、やはり枯れてしまったということで、今回の植え替えとなったのです。

今回は、アスナロは、広島の気候に向かないのではないかと判断し、樹木を変更することになり関係者とも相談し「兼六園菊桜」が選ばれて植樹されました。

24311

アスナロが植わっていた場所は、がれき(瓦など)が多く土が悪いことや周囲の樹木の根が張りすぎていることなどから、今回の植樹場所は少し南によった中心部の車道のすぐそばが選ばれました。

植え替え業者の話では、昨年秋に石川県の造園業者が広島に来られたとき相談し、3種類ぐらいの木を選び、その中から広島の別の場所で育っている「兼六園菊桜」ならきちんと育つだろうと選ばれたそうです。

24312

「兼六園菊桜」の原木は、石川県金沢市・兼六園にあり国指定天然記念物されていましたが、1970年に残念ながら枯れ死してしましました。現在は、接木増殖したものが公園内に植えられ入園者を楽しませているようですので、石川県の木として相応しい木だと思います。花は八重ですので、4月の中旬頃に咲くようです。今回植樹された木は、栃木県の造園業者から取り寄せられたもので10年ぐらいの成木ですが、つぼみはあまり付いていませんので、今年は花は期待できないということでした。

1時間ほどで1本目の植樹が終わり、2本目の沖縄県のカンヒザクラ(寒緋桜)の植樹です。数年前から、幹に腐植ができたため樹勢が弱まり、昨年秋に枯れ死したようです。こちらは以前に植わっていた木と同じも種類の木です。

24313

この木は、熊本県の造園業者から取り寄せたもので、7~8年育った木です。

花は、しっかりと色づく濃いピンク色で、ソメイヨシノなどとは違いうつむきがちに咲く桜です。こちらの木には、つぼみがしっかり付木、少し膨らんでいるように見えます。

24314

業者の話では、「今後の気候にもよりますが、3月中旬には咲くと思います」とのことでした。楽しみです。

全ての作業が終わったのは、午前11時前でした。

今回の植栽に立ち会ったいくつが気づいたことがあります。

一つは、植栽のための一月前から、植栽位置の周囲2メートル以上を掘り起こし、新しい土の入れ替え、栄養剤の補給が行なわれたことです。比較的土の状態がよいと思われる沖縄の木の植樹場所の地下からも瓦片がでています。

24315

二つは、植えた木を保護するための柵が作られています。低木だった北海道のライラックを植栽するとき、「保護柵をつくって保護して欲しい」と広島市にお願いしたことがありますが、今回はいずれも3~4メートルの成木でしたが、両方とも柵で保護されました。

広島市の姿勢が、「被爆者の森」をきちんと保護しようという前向きの方向に進んでいると評価できます。それ以上に、それを支える業者の努力が大きいということを丁寧な説明を聞きながら実感しました。

いのちとうとし

<追伸>今日は、ビキニデーです。原水禁国民会議が、静岡で「3.1ビキニデー」の集会と明日は、焼津で「久保山愛吉さんの墓前祭」を開催しますので、70年周年の節目ですので、久しぶりに参加するため、静岡に行きます。

[お願い]
この文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。
広島ブログ

広島ブログ

 

« 2024年2月のブルーベリー農園その4 | トップページ | 「広島県立第一高等女学校の門柱」余話の余話 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

被爆者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2024年2月のブルーベリー農園その4 | トップページ | 「広島県立第一高等女学校の門柱」余話の余話 »