「広島ブログ」

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ベトナムの歴史(その30-2) ―ベトナム戦争と枯葉剤被害Ⅱ― | トップページ | ICAN新事務局長メリッサ・パークさん来広記念講演会 »

2024年1月21日 (日)

府中地区の1月の「19日行動」

安保法制に反対する府中市民の会は、19日の午後3時から上下Aコープ前10人、午後4時30分から府中天満屋店前9人で、「19日行動」のリレートークとスタンディングをそれぞれ30分間行いました。リレートークでは次のように話されました。

Aさん 能登半島地震で、多くの集落が孤立し、食料や医薬品や燃料などの救援物資積んだ車両も容易に近づけません。自衛隊と住民が総出、物資をバケツリレー式に運んでいる様子がテレビに映し出されています。それにしても当初、岸田首相が自衛隊の出動を小出しにしたり、自衛隊はこの時期に関東で大規模なパラシュート降下の演習をやっていました。政府も自衛隊も許せません。また、北陸電力は志賀原発2号機で外部電源を受けるために必要な変圧器から漏れた油の量について、当初発表の5倍超にあたる約19800リットルだったと訂正しました。さらに原発敷地内にある水槽の水位変動も数値を変更するなど、訂正が相次ぎました。正確な情報発信さえしない北陸電力には原発を動かしているという責任感は微塵も感じられません。これでは能登の人たちは浮かばれません。そして現在の日本の原発そのものの危機といえます。

241211

上下Aコープ前

Bさん 辺野古新基地建設をめぐり沖縄県を国交相が訴えた代執行裁判の判決は三権分立を否定するもので許されません。ことの発端は1995年に米兵3人が起こした少女暴行事件が発端です。「これでもアメリカにものが言えないのかと」と沖縄県民が日本政府に怒りを爆発した事件です。米軍は占領時代に銃剣とブルドーザーで基地を拡張しましたが代執行はその再現です。沖縄の歴史からすれば代執行など日本政府は行えないはずです。

Cさん 自民党のパーティ券裏金問題は肝心な旧安倍派などの幹部が罪に問われないようでは国民は検察庁や司法など信頼しないでしょう。もともと国会で解決しようとしていないところに問題があります。国会で旧安倍派などの幹部を呼んで尋問し解決すべきです。

241212

府中天満屋前

Dさん 広島市の松井市長が市職員の研修に「教育勅語」を使っている問題をご存知でしょうか。1月15日、月曜日の中国新聞に載っていたので読まれた方も多いと思います。①まず「教育勅語」の目的ですが、「教育勅語」は明治23年に作られたものですが、明治27年に日清戦争、明治37年に日露戦争があったことからも戦争のために作られたことは明らかです。②その内容は「主権は天皇にあり、国民は天皇が進める戦争に協力すること」を求めています。

松井広島市長は、「教育勅語」の中で、「先輩がつくった良いところは後輩に引き継ぐ」という箇所は良い部分なので、職員研修に使っていると言っています。

そこだけ取ればよい部分ですが、その良い部分でもって天皇のために尽くせと「教育勅語」には書いてあります。

「教育勅語」は、「天皇を神と位置づけ」「国の成り立ちも神話的な内容で」「戦争へ国民を導くものであった」ことから戦後の昭和23年に国会で排除の決議がされ、そして憲法98条に副(そわな)いものとされました。

この「副(そわな)い」とは、「現在の憲法を否定する法律は効力を有しない。」という意味です。つまり「教育勅語」は憲法違反だということです。憲法98条に続く憲法99条では「公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ」とあります。

憲法違反で、国会で排除の決議までされた「教育勅語」を、憲法尊重擁護の義務を負う公務員である広島市職員の研修に使用することは、絶対にあってはならないことです。

松井市長は「はだしのゲン」を平和教材から排除したり、アメリカの原爆投下の責任をあいまいにするため平和公園とハワイのパールハーバー公園と姉妹提携したり、昨年5月のG7サミットでの「核は戦争の抑止力なる」というまとめに抗議しなかったり、広島市、広島県の平和行政を大きく曲げてようとしています。

松井広島市長の「教育勅語」使用問題と、8年前の安保法制の強行と時を同じくしています。やはり愚かな戦争で無理を通すのではなく、人間の英知と対話で平和外交を進める日本にしていきたいと思います。今年一年の決意でもあります。戦争法である安保法制反対の取り組みに皆さんのご支援をお願いします。

熱い思いのこもったリレートークでした。

小川敏男

[お願い]
この文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。
広島ブログ

広島ブログ

 

« ベトナムの歴史(その30-2) ―ベトナム戦争と枯葉剤被害Ⅱ― | トップページ | ICAN新事務局長メリッサ・パークさん来広記念講演会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

憲法」カテゴリの記事

#平和推進」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ベトナムの歴史(その30-2) ―ベトナム戦争と枯葉剤被害Ⅱ― | トップページ | ICAN新事務局長メリッサ・パークさん来広記念講演会 »