「広島ブログ」

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ヒロシマとベトナム(その53-3) ~日越外交関係樹立50周年記念訪問―その2-3~ | トップページ | 2023年12月のブルーベリー農園その1 »

2023年12月 7日 (木)

12月の「3の日行動」

戦争させない・9条壊すな!ヒロシマ総がかり行動実行委員会が、毎月3日に行っている「3の日行動」が、今月は3日が日曜日だったので、一日変更し4日の午後5時半から本通電停前で実施しました。

帰宅を急ぐ通行人に、冒頭に川后和幸共同代表がこの行動の思いを訴え、その後6人(うち4人は女性)の弁士が次々とマイクを握り、以下のようなテーマでそれぞれが訴えました。

・河井疑惑をただす会の山根岩男さん:「政治と金」の問題

・県教委「官製談合疑惑」をただす市民の会の田村栄子さん:平川教育長問題

・気候変動問題に取り組む市民団体「350ACTION JP」の小野綾子さん:気候危機を防ぐ手立てをいますぐに

・日本軍「慰安婦」問題解決ひろしまネットワークの岡原美智子さん:セクハラ・PTSD裁判の問題点など

・広島市立大学准教授の田浪亜央江さん:ガザ市民虐殺をやめさせよう

・ピースリンク広島・呉・岩国の広島世話人の新田秀樹さん:オスプレー墜落事故

そして、最後に石口俊一共同代表が、まとめのあいさつをした、この日の行動を終えました。

23127

いずれのテーマも、今起きている重要な課題への問題提起ですので、私は、横断幕を持ち、この訴えを聞きながら、次のようなことを考えていました。

「政治とお金」の問題は、今なお明らかになっていない河井疑惑で使われた資金がどこから出たかです。今大きな問題となっている自民党派閥の資金パーティーの不透明な資金の流れと同質の問題です。そして、何よりも問われなければならないことは、なぜ自民党は、こんなにも政治資金を集めなければならないのかということではないでしょうか。

平川教育長問題は、こうした疑惑を持たれるような人が、そのまま教育長の座に居座っていてよいのかです。私は、教育行政のトップに立つものとして、こうした疑惑を持たれるようなことがあってはなりません。そのことだけでも、自ら身を引いて責任を取るべきだと考えます。

気候変動問題では、ドバイで行われたCOP28での岸田首相の演説に対し、世界の環境団体でつくる「気候行動ネットワーク」が、対策に後ろ向きな国に贈られる「化石賞」を贈ったというニュースが届いています。岸田首相に地球温暖化対策を任せておく訳にはいきません。国会議員一人ひとりが、もっとこの問題に向き合い、自らの課題として取り組むべきです。

イスラエルによるパレスチナでの虐殺行為は、絶対に許されません。再開されたイスラエルの地上戦は、南部へと移り、北部からの避難民は行き場を失い、再び子どもや女性、市民のいのちが次々と奪われています。イスラエルは、どれだけのいのちを奪えば、戦闘を中止するというのでしょうか。問題のことは、日本政府の姿が見えて来ないことです。即時の休戦と人道的支援のためにもっと役割を果たすべきです。

オスプレーの墜落問題、危険だとの指摘を無視し配備を進める政治。そして事故後の原因究明にまたもや大きな障壁となっているのが「日米地位協定」。「日米地位協定」の見直しを本気で取り組まなければと改めて実感させられる事件です。

日も沈み、暗くなり帰宅を急ぐ市民が多く、足を止め耳を傾けるという市民は少なかったのですが、継続し続けることの意味を改めて感じながらの行動でした。

参加者は、30人でした。

いのちとうとし

[お願い]
この文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。
広島ブログ

広島ブログ

 

« ヒロシマとベトナム(その53-3) ~日越外交関係樹立50周年記念訪問―その2-3~ | トップページ | 2023年12月のブルーベリー農園その1 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

憲法」カテゴリの記事

#平和推進」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ヒロシマとベトナム(その53-3) ~日越外交関係樹立50周年記念訪問―その2-3~ | トップページ | 2023年12月のブルーベリー農園その1 »