「広島ブログ」

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ヒロシマとベトナム(その53-1) ~日越外交関係樹立50周年記念訪問―その2-1~ | トップページ | ヒロシマとベトナム(その53-3) ~日越外交関係樹立50周年記念訪問―その2-3~ »

2023年12月 5日 (火)

ヒロシマとベトナム(その53-2) ~日越外交関係樹立50周年記念訪問―その2-2~

ベトナム戦争後、地雷・不発弾により8,500人が犠牲

センターは、「2015年に開設され、現在、海外のNGOなどを含む21団体、約1,000人のスタッフが活動している。1個の地雷や不発弾を安全に掘り出し、処理するには膨大な時間と莫大な費用が必要」(センター長)とのことです。説明を聞きながら、9月12日、NHKがクアンチ省の地雷・不発弾を取り上げ、「一昨年は1万8千個の地雷や不発弾が処理されたが、まだまだ先が見えない」と報道していたことを思い出しました。

地雷や不発弾による被害は、今も後を絶ちません。センター長は、「ベトナム戦争が終結した翌年の1976年から今日までの46年間に地雷や不発弾で亡くなった人は8,500人以上、年平均185人にも及び、そのうちの31%が子どもたちだ」と話されました。

犠牲者の1/3を占めるという子どもたち、その多くがクラスター爆弾によるものです。

231251

クラスター爆弾

クラスター爆弾は、砲弾型をしたコンテナの中に数個から手で拾える程度の数百個の子爆弾を詰めた爆弾です。親爆弾から一斉に飛散し周辺の人間を殺傷するもの、飛散した子爆弾に触れると爆発するもの、さらに興味をそそるためにカラフルに色づけしたもの・・・まで多様です。

センターにはクラスター親爆弾と子爆弾、子爆弾に詰められた鉄片などが、「危険極まりない!爆弾・地雷」「危ない!地雷」と書かれた「ドクロ入りポスター」とともに展示してありました。以前、少数民族村の学校を訪れたとき、「不発弾や地雷などを見つけたら、触らず大人に知らせよう!」という手づくりポスターで啓発、教育していると聞いたことがあります。センターでも毎年子どもたちの見学会を実施し、犠牲者をなくす取り組みを進めているとのことです。“子どもを守ることは大人の責任だ”と痛感しました。

231252

クラスター爆弾ほか

この瞬間も 子どもたちの命を奪っているクラスター爆弾

2008年12月3日にクラスター爆弾禁止条約(オスロ条約)が締結され、2010年8月1日に発効しました。今年3月1日現在、日本を含む111カ国が加盟しています。そのオスロ条約は、対人地雷全面禁止条約(オタワ条約)同様に、クラスター爆弾の生産、貯蔵、使用、移譲のいずれも禁止しています。

しかし、この瞬間にもウクライナ戦争、イスラエルのガザ攻撃で使用されています。ロシアはオスロ条約に加盟しておらずウクライナ侵攻で使用し、同じく加盟していないアメリカはウクライナにクラスター爆弾を供与し、ロシア軍、ウクライナ軍双方の使用で犠牲者の数が激増していると伝えられています。

ウクライナ戦争、イスラエルのガザ侵攻。子どもたちや一般市民を含め無差別に殺傷するクラスター爆弾使用を糾弾するとともに、即時停戦と平和的解決のため声を大にしなければなりません。

あかたつ

[お願い]
この文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。
広島ブログ

広島ブログ

 

« ヒロシマとベトナム(その53-1) ~日越外交関係樹立50周年記念訪問―その2-1~ | トップページ | ヒロシマとベトナム(その53-3) ~日越外交関係樹立50周年記念訪問―その2-3~ »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

#平和推進」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ヒロシマとベトナム(その53-1) ~日越外交関係樹立50周年記念訪問―その2-1~ | トップページ | ヒロシマとベトナム(その53-3) ~日越外交関係樹立50周年記念訪問―その2-3~ »