「広島ブログ」

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 今年も「原爆の絵画展」に行きました。 | トップページ | 「世界の子どもの平和のための美術展」(せこへい美術館) »

2023年8月12日 (土)

岸田首相の芳名録

昨日紹介した「原爆の絵画展」と同じフロアーの並びの部屋で「G7広島サミット回想展」が開催されていましたので、各国首脳が記帳した芳名録を見てみようかなと思い、ちょっと会場を覗いてみました。

20230808_161904

芳名録は、写真左手奥の写真パネルの下に展示されていました。この回想展の当初は、実物が展示されていたようですが、私が行ったときには複製に置き換えられていました。

興味を持って見たのは、岸田首相が書いた芳名録です。

Photo_20230811110801

次のように書かれています。

「歴史に残るG7サミットの機会に議長として各国首脳とともに『核兵器のない世界』をめざすためにここに集う 日本国内閣総理大臣 岸田文雄」

何度も訪れたことがあるからかも知れませんが、そこに書かれた文言の中には、被爆者と面談した思いや遺品と対面した思いは、全く語られていません。議長としての思いも大切ですが、語られるべきは、一人の人間としての思いはなかったでしょうか。

これを読めば、「広島ビジョン」に被爆者が一言も語られなかったのは、当然のことのようにも思えてきます。ましてや、核兵器保有国首脳に「もう二度と核兵器を使用することは出来ないですよね」と呼びかけることなど、あろうはずがありません。

芳名録が展示されているケースには、首脳の同伴者たちの芳名録も展示されています。

岸田裕子さんの芳名録もあります。

Photo_20230811110802

「今日、皆様と共に原爆資料館を見学できた事は、大変意義深く一生心に残る出来事でした。G7広島サミットにおいて皆さんと平和への願いを共有し、核のない世界の実現に向けて前進することを心より願っています。 岸田裕子」

皆さんはどう思われますか。私は、もう何も言う気も起こりません。

ところで、この展示を見て帰宅後、録画していた何本かのビデオを見ました。その一つが、テレビ新広島が作成し8月6日に放送された「アイ アム アトミックボム サバイバー~小倉圭子が伝えつづける理由~」です。

小倉さんは、あの日5月19日にG7広島サミットで資料館を訪れた各国首脳と対面した被爆者です。

この番組には、たびたび小倉圭子さんのパートナーである小倉薫さんが登場します。そこで紹介されたエピソードの一つに、資料館見学後、参観者が自由に感想を書く「対話ノート」がありました。

この「対話ノート」を提唱したのが、当時原爆資料館の館長だった小倉薫さんだったのです。

テレビの画面には、最初の対話ノートが映し出されました。

Photo_20230811111101

表紙には、「10.15~11.8 1970」と書かれています。15の文字の下には斜線で消した19の文字があります。8の字もはっきりは読み取れませんが、私がかってに想像した数字です。この絵から、「対話ノート」は、1970年から始まったことがわかります。そしてわずか20日あまりで、このノートが一杯になったこともわかります。

首脳たちが、小倉圭子さんの話を聞いた後に記帳した芳名録は、この「対話ノート」と同じ役割を持っています。

不思議な思いで見たテレビ番組でした。

いのちとうとし

[お願い]
この文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。
広島ブログ

広島ブログ

 

« 今年も「原爆の絵画展」に行きました。 | トップページ | 「世界の子どもの平和のための美術展」(せこへい美術館) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

核兵器廃絶」カテゴリの記事

被爆者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年も「原爆の絵画展」に行きました。 | トップページ | 「世界の子どもの平和のための美術展」(せこへい美術館) »