「広島ブログ」

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 終わりなき核被害を生きるーエヴェレンさんの話 | トップページ | 精神的原子の連鎖反応が物質的原子の連鎖反応にかたねばならぬ »

2023年5月 8日 (月)

2023.5月のブルーベリー農園その1

春も半ば、東広島市の豊栄町のブルーベリー農園ではブルーベリーの花をはじめ野山にも多様な花が咲いていて、ミツバチ、特にマルハナバチがブンブンと動きまわって受粉に忙しい。2日には友人の援農もあり、剪定した枝の野焼きや畑の防草シートを敷く作業が終了。3日には午後からブルーベリーの栽培を検討している人の見学があり、季節柄、ブルーベリー畑の中で聞こえるミツバチの音も体験していただいた。安芸区の自宅から連休中は農園に通ったが、6日と7日は終日雨で中止。この春は雨が多い。

P1130580  

430日(日)

ブルーベリー畑の花が満開。のり面の草刈りも続ける。

P1130566

ブルーベリー畑や里山に咲く野の花。

①、キジムシロはブルーベリー畑のあちこちに広がる。

P1130540

②、バイカイカリソウは里山の林の中に咲く

P1130545

③、里山のサンショウの花。この木は昨年実がならなかったが、今年は実がつくかもしれない。

P1130672   

53日(水)

田植えが始まる。すんだ田とこれからの田と。

P1130682

54日(木)

昨年と違い今年はレンゲやクリムソンクローバーやダイコンや菜の花の種をまき、春になって花を咲かせているのでブルーベリー畑の中のミツバチもいろんな花の蜜を吸う。

P1130585

レンゲも結実して種ができているし、

P1130687

ブルーベリーも落花、結実がすすむ。

P1130694

農園の道向かいの田んぼの畔にはシバザクラが植えてあるが満開を過ぎて、花色が淡くなってきて目に優しくなった。道の向こうの祠は水神様。

P1130700

55日(金)

ブルーベリーの剪定は3段ある畑がすんで里山に植えてあるブルーベリー園に移っている。剪定する人、枝を片付ける人など手分けをして作業を続けている。

P1130707

夕方帰るころ、ブルーベリー畑ののり面の草を刈ってくれているのは親戚の男性。2日にお会いした時のエピソードは、里山の草刈りをしていると突然メスのキジが飛び立ったのでよく見ると巣があり、中に卵があったので途中で草刈りを中止したそうだ。話を聞きその後巣にそっと近づき確かめてみたが幸い卵を温め続けているようで目と目があったことでもあるし、ほっとしている。生まれて親子で農園の周囲を歩く姿を見れる日がくるのが楽しみだ。 

202358

社会福祉法人安芸の郷

理事長 遊川和良

[お願い]
この文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。
広島ブログ

広島ブログ

 

« 終わりなき核被害を生きるーエヴェレンさんの話 | トップページ | 精神的原子の連鎖反応が物質的原子の連鎖反応にかたねばならぬ »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 終わりなき核被害を生きるーエヴェレンさんの話 | トップページ | 精神的原子の連鎖反応が物質的原子の連鎖反応にかたねばならぬ »