「広島ブログ」

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「百万署名を発送するに当たって」―森滝先生のメッセージ | トップページ | 森滝市郎先生が最初に座り込みをされたのはいつか? »

2023年5月 3日 (水)

76歳となった日本国憲法

1946年11月3日に公布された「日本国憲法」が施行されたのは、翌1947年の5月3日です。

5月3日が、「国民の祝日」の「憲法記念日」として定められたのは、1948年7月5日に成立し、同年7月20日に公布・施行された「国民の祝日に関する法律」によってです。制定時には、「国民の祝日」として剪定されたのは、元日など九つですが、「憲法記念日」は、その一つです。ですから「日本国憲法は76歳の誕生日」となりましたが、「国民の祝日」としての「憲法記念日」は、今年で75回目を迎えたことになります。ちなみに日本国憲法の公布日11月3日は「文化の日」として「国民の祝日」となりました。

こんな話を長々と書いたのは、「国民の祝日」は、日本国憲法の誕生と深い関わりがあるからです。

2015092100048_1

「国民の祝日に関する法律」の制定前は、年間11の祝祭日があり,休日とされていましたが、それらはいずれも勅令で定められたものでした。勅令とは、「大日本帝国憲法下において、帝国議会の協賛を経ずに天皇の大権によって制定された命令」ですから、国民が主権者となった日本国憲法にはふさわしくないとして、新しい憲法の精神に基づいて再検討されるべきだとなり、国会で立法され、「国民の祝日に関する法律」が成立し、九つの「国民の祝日」が定められました。

日本国憲法が成立した当初、内閣は政令によって改正することを考えたようですが、国会側から「国民生活に密接につながる」として、国会で決めることが適当との指摘があり、国会で立法されることになったのです。

内閣府のホームページによれば、「国会では、衆参両院の文化委員会において審議が行われ、衆議院では『委員会12回、打合会9回、参議院文化委員会との合同打合会4回』、参議院では『委員会、打合会、懇談会、合同打合会など40回』の審議が重ねられ、法案の作成が進められた」とされています。

近年「憲法違反の国の重要施策」が、憲法を無視して「閣議決定」によって作られていることを考えると、日本国憲法が制定された当時、いかに憲法を大切にしようとしていたのはが、この一つからもうかがえます。

今日の憲法記念日を前後して、「改憲」を巡る国会の動きや世論調査の結果が報道されますが、私たち自身が、今日の「憲法記念日」を改めて「日本国憲法の理念」とは何かを考える日にしたいものです。

今日は、これから「戦争させない・9条壊すな!ヒロシマ総がかり行動実行委員会」が主催する「2023平和といのちと人権を!5.3ヒロシマ憲法集会ー戦争の準備ではなく,平和の準備をー」に参加するため、弁護士会館に行きます。今年の講師は、川崎哲さん(ICAN国際運営委員兼会長・ピースボート共同代表)です。

毎年、憲法を護る広島県民会議が取り組んでいる「輝け9条生かそう憲法」の意見広告が、中国新聞に掲載されました。

いのちとうとし

[お願い]
この文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。
広島ブログ

広島ブログ

 

« 「百万署名を発送するに当たって」―森滝先生のメッセージ | トップページ | 森滝市郎先生が最初に座り込みをされたのはいつか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

憲法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「百万署名を発送するに当たって」―森滝先生のメッセージ | トップページ | 森滝市郎先生が最初に座り込みをされたのはいつか? »