「広島ブログ」

2023年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 被爆復興のために贈られた広大の供木の今-その2 | トップページ | 運転免許更新高齢者講習に行きました。 »

2023年5月29日 (月)

被爆復興のために贈られた広大の供木の今-その3

フェニックス北側の花壇には、ホルドノキ4本があります。

Photo_20230528152601

この木の説明板は、木に取り付けられていました。

Photo_20230528152602

説明板には「寄贈/(米国)南イリノイ大学」と書かれています。

フェニックスの奥に進むとメタセコイアの並木が,旧理学部一号館に向かった左右に28本並んでいます。

Photo_20230528152603

樹高はわかりませんが、大きく育っています。

1_20230528152701

説明板には、「寄付金によりカリフォルニア大学から移入された個体を母樹とした苗木を京都大学から移入」と書かれています。

このメタセコイアの右側にキンモクセイが植わっています。嘉陽さんの説明では、イギリスのマックローリンさんから贈られたもののようです。個人からも寄贈があったことがわかります。

20230524_105851

説明板は付いていませんし、左右にタイサンボクが大きく繁っていますので、「森戸道路」からは気をつけないと気づかないかもしれません。逆光になりますので、南側に回って写真を撮りました。

キンモクセイの開花時期は、9月中旬から10月下旬ですので、その時期には花の香りが一面に漂いますので見つけるのも簡単だと思います。

少し旧理学部一号館方向の進むと左側、タワーマンションの近くにサンゴジュが2本あります。

Photo_20230528152801

この木も、説明板はありませんが、この木は、イギリスのエジンバラ大学から贈られたものです。

この木から「森戸道路」を挟んで反対の南側に移動するとシマトネリコの説明板が目に付きます。

Photo_20230528152802

この説明板には「寄贈 アルゼンチン ペロン大統領エビータ夫人 記録にはアメリカトネリコとして記載されている」と書かれていますので、大学以外からも贈られたことがわかります。

嘉陽さんから最初の届いた資料では、「看板付近のエリアにシマトネリコの樹木が見当たらないので今回カウントしていない。」と書かれていましたが、改めて昨日この場所に行って見ると、説明板の南側にシマトネリコと思われる木を数本見つけました。

Photo_20230528153101

よく見ると、木の幹がかなり細く見えますので、供木樹木そのものかどうかは不明です。

このシマトネリコの東側にトイレがありますが、その手前南側にスイスのジュネーブ大学から贈られたオリーブの木4本があります。よく探したのですが、説明板は見当たりません。

20230528_100459

4本といっても、わたしたちがよく見るオリーブの木のように高く伸びていません。丸い生垣状ですので、この木が供木樹木だとはとても思えません。

嘉陽さんから「少し枝をかき分けて根元を見てください」と言われましたので、根元を見てみると,根元付近に大きな幹の切り株を見ることができます。

20230524_111119

今のオリーブの木は、贈られて木の切り株から生えたひこばえが育ったもののようです。

このオリーブの木のすぐ近く、トイレの東側には、西ドイツ・マールブルグ大学から贈られた3本のタイサンボクが元気に育っています。

Photo_20230528153201    

丁度白く大きな花(手のひら大)を咲かせていました。

Photo_20230528153401

これで、嘉陽さんの「森戸緑化運動樹木」リストに掲載された樹木を見終えました。

最後の嘉陽さんから「私が作ったリストは、この公園内にある『公園の説明板』を元にして作ったのです」」といわれ、公園の真ん中ほどにある説明板を見に行きました。

Photo_20230528153501

この説明板には、公園の概要とともに右端に「献木とキャンバス緑化』とのタイトルで,現存する献木と当時木を贈った大学名が書かれています。

この説明板は、内容からいって公園を管理する広島市が作ったものと思われます。そうであるとすると、広島市は、この情報をどうして得たのだろうかと疑問がわいてきました。

というのも、この旧広島大学跡地には、説明板の「献木」リストには載っていないが、樹木の大きさからそうではないかと思われる木がまだ多数在るからです。

市役所を訪ね、この説明板設置に至る経緯を調べてみたいと思います。

今回、広島大学の供木樹木を訪ねてみた、改めて広島の復興は、多くの人たちの支援によって成し遂げられたということを学ぶことができました。

いのちとうとし

[お願い]
この文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。
広島ブログ

広島ブログ

 

« 被爆復興のために贈られた広大の供木の今-その2 | トップページ | 運転免許更新高齢者講習に行きました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

#平和推進」カテゴリの記事

学校」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 被爆復興のために贈られた広大の供木の今-その2 | トップページ | 運転免許更新高齢者講習に行きました。 »