「広島ブログ」

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 原水爆禁止世界大会の名称は、なぜ「被爆○○周年」か―その2 | トップページ | 今年3度目の「原爆の絵画展」に行きました。 »

2022年11月15日 (火)

2022.11月のブルーベリー農園その2

農作業をしている手前雨がいつ降ったのかが気になる。11月に入ってからは13日に小雨が降っただけであとは日中20度くらいの天気が続く。安芸区の自宅から東広島市豊栄町のブルーベリー農園に週末に通う日数も雨で休み、はなくて13日も農作業ができた。ブルーベリーの紅葉は次第に赤みが増してきているが、まだ落葉はしていないのでブルーベリーの剪定はもう少し先になる。

1_20221114155401

1112日(土)

農園についたら真っ先に富有柿を5個くらい残してあとは高枝剪定用のハサミでもいだ。実のついた枝を切ったとたんにどさっと落ちる実もあったが畑の土が柔らかいのでつぶれることはなかった。

2_20221114155401

バケツに半分くらいとれた。11月半ばまで実をつけておくとやや実が大きくなり、色も赤くなり、やや柔らかくなり、甘いのでほぼ毎日夕食後に食べている。

3_20221114155501  

柿をもいだ小さな畑に、すっかりいなくなった赤トンボを見つけた。

4_20221114155501

農園の庭のサザンカの花にスズメバチがあわただしく花の蜜を吸いに来ている。

5_20221114155501

家の周辺の植木が伸び放題なので、剪定をしたらたくさんの枝が出たので、少しずつ燃やしていく。

 6_20221114155601

3段ある畑で育てているブルーベリーは植えて20年になり3mを超える木もたくさんあるが、枯れた木の後に植え替えた小さい木には、根元の周囲にモグラが来て土の表面から45㎝の深さにトンネル状の穴を掘っている木がほとんど。そのため根の周りが空洞になっているので踏み固める作業を行う。バールを土に突き刺すと空洞になっているところが分かるのでほぐして靴で固める。とても一日では終わりそうもない。立ったままで作業したら腰に来たので、次の日からはスツールに座って作業した。帰りの車の運転中の腰の痛みが少し楽になっていた。

7_20221114155601

緑肥用にまいた赤ソバの花がブルーベリー畑の中に咲いている。これまで見なかった景色だ。

8_20221114155601

1113日(日)

午前中はしとしと雨が降っていたが午後農園に着いたら雨がやみ3時ころにはよわよわしいが青空ものぞいてくれた。

9_20221114155601

里山にあるブルーベリー園の見回りと、竹の伐採を行う。里道から見えるブルーベリー畑と、

10_20221114155701

近くにあるモミジの紅葉。

11_20221114155701

地面すれすれの高さのヤブコウジに赤い実がついている。

20221115

社会福祉法人安芸の郷

理事長 遊川和良

[お願い]
この文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。
広島ブログ

広島ブログ

 

« 原水爆禁止世界大会の名称は、なぜ「被爆○○周年」か―その2 | トップページ | 今年3度目の「原爆の絵画展」に行きました。 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 原水爆禁止世界大会の名称は、なぜ「被爆○○周年」か―その2 | トップページ | 今年3度目の「原爆の絵画展」に行きました。 »