「広島ブログ」

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 原爆犠牲者の月命日の法要-その1 | トップページ | 原爆犠牲者の月命日の法要-その2 »

2022年10月 8日 (土)

2022.10月のブルーベリー農園その1

ブルーベリーの収穫期が過ぎて、後片付けもほぼ終わり東広島市豊栄町のブルーベリー農園に安芸区の自宅から通うのもゆっくりした気持ちになってきている。農園の周囲の稲刈りもまだ残っている田んぼもあるが、稲刈り後の荒おこしが終わっている田んぼもあって、くるたびに田んぼの景色が変わっている。農園全体にカバークロップ(緑肥用)の種をまく作業が終わったので、10月からは草刈りやブルーベリー畑の防草シートをはがす作業を行っている。

1_20221007170101

101日(土)

農園のある周囲に秋らしい青空が広がる。

2_20221007170101

思い切りしっぽを上げてとまる赤とんぼ(家の庭の池で)

3_20221007170201

ブルーベリーの植えてある畑が3段ある。5月から敷いていた防草シートは人が通るので地面にぴったしついている。このままにしておくと来春シートの上に草がはびこり夏には取り返しのつかないことになるので、いったんはがして列の中央に寄せる作業が今日からスタート。落ちたブルーベリーの実もシートに乗っていて振り落としながら作業を進める。落とした実はそのままにしておく。

4_20221007170201

102日(日)

農園の蔵のある庭に大きなキンモクセイがある。強い香りが漂っている。

5_20221007170201

オレンジ色の小さな花がびっしり咲いている。

6_20221007170201

隣にあるシモクレン(紫木蓮)は赤い実をつけている。

7_20221007170301

106日(木)

農園の家の前のサクラの枝にかけているスズメバチ捕獲器にスズメバチが3匹も入ってうごめいていた。帰る時にはまた1匹入っていた。秋に入るのは珍しい。

8_20221007170301

小さい畑の隅にぽつんとある茶の木に花が咲いた。

9_20221007170301

防草シートをはがす作業をしていると、イヌタデの群落に出会う。春からじわじわと株を広げ秋になると一段と大きくなる。

10_20221007170301

農園のあちこちで元気なのはクモ。赤トンボはもう見なくなった。

11_20221007170301  

畑のブルーベリーの葉もかすかに紅葉が始まっている。

 2022108

社会福祉法人安芸の郷

理事長 遊川和良

[お願い]
この文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。
広島ブログ

広島ブログ

 

« 原爆犠牲者の月命日の法要-その1 | トップページ | 原爆犠牲者の月命日の法要-その2 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 原爆犠牲者の月命日の法要-その1 | トップページ | 原爆犠牲者の月命日の法要-その2 »