「広島ブログ」

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ワクチン接種を決断 因果関係を明確に | トップページ | 「いじめ」とコールバーグの道徳性発達理論 ――小山田圭吾事件が問いかけているのは? (7)―― »

2021年9月25日 (土)

わが郷土五日市町と原爆

 僕が生まれたのは、広島県佐伯郡五日市町海老塩浜279番地です。その後広島市と合併して、広島市佐伯区海老園2丁目となりました。この海老塩浜を「かいろうしおはま」と正しく読める人は、余りいません。

両親と姉は今の広島市南区皆実町で原爆に遭ったのですが、住む家が無くて父親の親戚の世話でこの場所に避難しました。原爆から4年後に僕はここで生まれ、またその4年後に父親が亡くなったのです。父の死んだ時は今の広島市中区加古(かこ)町でした。以前加古町は「水主町」と書いていました。父の死後、親子4人は再びこの場所に住むことになり、それ以降ずっとここに住んでいます。

 

さてわが旧・町五日市町、この家から平和公園の原爆慰霊碑まで、車で約11キロメートルです。

先日、遠い親戚にあたる80歳を超えた人から「私の親が避難してきた被爆者の介護をしたと聞いているのだけど、どこでそれをやったのか分からんじゃろか」と訊ねてこられました。その親はずっと前に亡くなっておられます。

こういうことに関心があるので、調べることにしました。区役所にある「五日市町史」で調べることにしました。上・中・下巻の3巻でそれなりの厚さのある「五日市町史」、思ったより原爆後の記述は少ないように思いました。

 

原爆が投下された時、五日市町にも爆風の影響でガラス窓が割れたと書いてありました。その後、多くの人が避難してきたようです。次のところが避難者を受け入れたと記録されています。

次のようにありました。

各民家→約2,700人

五日市国民学校(現・五日市小学校)→約900人

Img_68991

光禅寺→約100人

Img_68921

楽々園遊園地(現・大型スーパー店など)→約800人

五日市隔離病舎(現・五日市中央公民館→36人

Img_68981

石内浄土寺→約60人

八幡国民学校(現・八幡小学校)→1,343人

観音国民学校(現・観音小学校)および地区会館→約400人

五日市町役場(現・広島市佐伯区役所→約1,100人

Img_69031

となっていました。合計で約7,500人ですね。実際はもっと多くの人が避難されてきたと思います。そして多くの被爆者が亡くなっています。

治療行為をされた医者の名前も記してありました。知っている名前も数人ありました。歯医者さんも加わり、治療は「赤チン」などしか無かったようです。当時治療にあたった人は皆さん、あの世の人になっておられます。その人の子どもさんと思われる方が、開業している病院は見かけますが。

また、五日市町には広島戦災孤児育成施設・童心園(どうしんえん)がありました。当初は童心寺と言ったそうです。現在は障害者通所施設・皆賀園となっています。ここの生活を元に作られた映画「青葉学園物語」は、「マーケット」と呼んでいた商店街でロケが行われてたのを思い出します。

そして先日判決が確定した「黒い雨」被爆者、そのエリアの中には旧・五日市町も含まれています。わが郷土五日市と原爆の関係も、もっと関心を持って学びたいと思っています。

木原省治

[お願い]
この文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。
広島ブログ

広島ブログ

 

« ワクチン接種を決断 因果関係を明確に | トップページ | 「いじめ」とコールバーグの道徳性発達理論 ――小山田圭吾事件が問いかけているのは? (7)―― »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

被爆者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ワクチン接種を決断 因果関係を明確に | トップページ | 「いじめ」とコールバーグの道徳性発達理論 ――小山田圭吾事件が問いかけているのは? (7)―― »