「広島ブログ」

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 情報公開に後ろ向き?な広島市-つづき | トップページ | 読み飛ばしは避けられた ――総理一人の問題ではない―― »

2021年8月15日 (日)

8月のブルーベリー農園その2(東広島市豊栄町

長雨が続く。合間をぬって摘み取りは援農者も多くあり順調だったがお盆を挟んでストップ状態が続く。14日に数日行っていない農園に恐る恐る出かけて見回りをした。3段あるブルーベリー畑はプール状態になっていた。2000年にブルーベリーを植えてから何度もプール状態が繰り返されたのだが、それ以来ずっーと週末農業なのでリアルタイムで目の当たりにすることはなかった。稲作と違って畦が一部崩れて下の畑に流れても最小限の補修で済ませてきたし、ブルーベリーも枯れることはなかったので天気の回復を待つだけ。ただ、たくさんブルーベリーの注文の来ている安芸の郷の方は気がもめる。

218151

8月8日(日)朝からいい天気だが台風9号が近いためか空に雲が多い。

218152

摘み取りにきた援農のグループの中にベトナムの実習生を受け入れて建築業の方がいて今年も数人が参加された。時おり故国の歌を楽しそうに歌いながら摘み取りしていた。

218153

午後5時過ぎには雨。台風9号が来るのでテントタープやテーブルなどを片づけた。

218154

8月10日(火)。

9号台風の翌日の農園ではブルーベリーの実が落ちていたがまだ完熟の実が少ないせいかそれほど多くはなかった。木の被害もほとんどなくやれやれだった。

218155

念のため里山のブルーベリーの巡回を行う。刈り払い機を使うとき何かと面倒なクズ。花が咲きだした。

218156

8月11日(水)

友人が毎週近場の山に登るというグループに所属していて、メンバーの皆さんがブルーベリーの摘み取りを体験したいと来園。持参したリュックも山登り仕様だ。

218157

近くの田んぼには稲穂がかなり重く頭を下げてきた。実の糸も黄色を帯びている。この辺りは標高も400m近いので9月には稲刈りが始まる。

 

218158 8月14日(土)

雨が止まないので農園の状態が気になり見回りに行く。道路を挟んだとなりの水路から水があふれ畑の水路からもあふれてどんどんブルーベリー畑に流れている。

218159

畑は3段あるので水があふれて順々に流れていく。周囲は畦なのですっかりプールになっている。週末農業なのでリアルタイムで初めて見る光景だ。

2181510

水浸しの中のびしょびしょのブルーベリー。まだ色づいていない実がいっぱいある。とりあえず元気そうだ。

2181511

里山の法面でポツンと咲くヤブランの花。雨はいつ止むか。

 

2021年8月15日

社会福祉法人安芸の郷 理事長 遊川和良

[お願い]
この文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。
広島ブログ

広島ブログ

 

« 情報公開に後ろ向き?な広島市-つづき | トップページ | 読み飛ばしは避けられた ――総理一人の問題ではない―― »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 情報公開に後ろ向き?な広島市-つづき | トップページ | 読み飛ばしは避けられた ――総理一人の問題ではない―― »