「広島ブログ」

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 何故、読み飛ばしが起きたのか ――心 (ハート) がそこになかったから―― | トップページ | 情報公開に後ろ向き?な広島市 »

2021年8月12日 (木)

「記録保存は決まったことです」と広島市は繰り返すが

広島市は、話し合いの度に「地下遺構発掘調査は、記録保存することが決まっています」と局長、次長、部長、課長、全ての人が口をそろえて繰り返します。

しかし、大事なことは、「記録保存だけでよい」ということを「いつだれが決めたのか」です。広島市が決めたことは、はっきりしていますが、問題は、外部の意見をどのように聞いて決めたのかです。

7月27日のやり取りで、「文化財審議会の了解を得た」ということでしたので、いつ時開催された文化財審議会なのか、調べてみることにしました。

まず、広島市のホームページにある「文化財審議会」のページを調べました。そこには「審議会は公開で開催される」と記載されているだけで、審議会の開催予定も開催状況も何も記載されていません。別のところにリンクも張られていません。この件は、後に文化財担当課に指摘し、現在は、リンクが張られていますが、あまりにも不親切すぎます。

色々さがして、審議会の開催状況は、「審議会等の開催日程 - 広島市公式ホームページ (hiroshima.lg.jp)」に記載されていることがわかりました。このページには、各会議のこれからの予定が書かれています。私が知りたい過去の開催状況は、そのページの最後のところに「※ 審議会等の過去の開催状況については、こちらのページを御覧ください。」に書かれています。「こちらのページ」をクリックするとようやく「審議会などの過去の開催状況」にたどり着くことができました。ここには広島市の全ての審議会などの開催状況が掲載されていますが、昨年度と今年度、つまり2020年4月から2021年7月までの開催状況しか掲載されています。「しか」です。

Dsc_2525

平和記念公園における旧中島地区被爆遺構の展示整備に関する懇談会

掲載された一覧表をよく見ると、毎月30回くらいの会議が開催されていることが分かります。文化財審議会のように年に2回(広島市の担当者の説明)しか、開催されない会議を見つけるのは、ちょっと大変です。

それでも辛抱して、カーソルを移動します。ようやく見つけることができました。2020年7月14日に「文化財審議会」が開催されています。この1回だけです。

この日の議題は、「(1)令和2年度における広島市の文化財保護の取組について(2)文化財保護に係る報告事項等について」となっています。「サッカースタジアム建設予定地の地下遺構発掘調査」については、全く出てきません。ところが後で問い合わせて分かったことですが、議題の「(2)文化財保護に係る報告事項等について」の中で、「サッカースタジアム建設予定地での発掘調査について」協議されたようです。「ようです」と書いたのは、この「開催状況」には「傍聴の可否」という項があり、この日の文化財審議会は「×」となっていますので、「非公開」で開催されたのです。なぜ非公開となったのかを問うと「広島市文化財審議会において取り扱う指定文化財等については、個人および団体の財産であり、個人情報の保護に配慮する必要があります。」という答えが返ってきました。理解不能の理由ですが、開催状況に一覧を見ると、他のほとんどの会議が「非公開」となっています。「原則公開」であるべき審議会などが「非公開」で行われている問題は、改めて考えることにします。

今日の主題は、「サッカースタジアム建設予定地の地下遺構発掘調査は、記録保存のみ」がいつどうやって決まったのかですので、次に進みます。

「この2020年7月14日開催された文化財審議会で決まったのですか」と問うと、「2020年(令和2年)3月2日に開催された文化財審議会で了承を得ました」という回答が返ってきました。しかし、この日のまだ2019年度ですので、広島市のホームページ「審議会などの過去の開催状況」からは消えています。わずか1年4か月前のことすら知ることができないのですから、先に「しか」といったのです。

ホームページからは消えていますが、文化財担当課に問うと、その日の議題は「① 広島市天然記念物の指定解除に係る諮問② 意見聴取③ 報告事項④ 令和2年度における広島市の文化財保護に係る主な取組について⑤ 委員長及び副委員長の選任について⑥ 無形文化財分野委員の交代について」だったことがわかりました。「④ 令和2年度における広島市の文化財保護に係る主な取組について」で協議されたようですが、「サッカースタジアム建設予定地の地下遺構発掘調査について」は項目としてはあがっていません。担当者から聞いて分かったのですが、何故かこの日の会議も「非公開」で行われています。

これでは、ほんとうにこの文化財審議会で「記録保存が決まった」のか知るすべがありませんので、文化財担当に「両方の会議の『サッカースタジアム建設予定地の地下遺構発掘調査』に関わる資料を教えてほしい」と要請したのですが、「『非公開』だから、開示できない」という回答でした。

長々と、文化財審議会の開催状況を書いてきましたが、結局、広島市が言う「記録保存は決まっている」は、どんな審議を経て決まったのか、市民は知ることができないし、確かめようがないということです。

担当課に聞いても情報開示されませんので、広島市公文書館に「2020年7月14日と2020年3月2日に開催された文化財審議会の『サッカースタジアム建設予定地の地下遺構発掘調査』に関わる提出資料及び会議録」の情報開示請求をしました。どんな回答が来るのか楽しみです。

いのちとうとし

[お願い]
この文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。
広島ブログ

広島ブログ

 

« 何故、読み飛ばしが起きたのか ――心 (ハート) がそこになかったから―― | トップページ | 情報公開に後ろ向き?な広島市 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 何故、読み飛ばしが起きたのか ――心 (ハート) がそこになかったから―― | トップページ | 情報公開に後ろ向き?な広島市 »