「広島ブログ」

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 第40回反核平和の火リレーがスタート | トップページ | 池袋暴走事件 (5) ――「電子制御装置には欠陥がない」への反論と問題提起―― »

2021年7月15日 (木)

7月のブルーベリー農園その2(東広島市豊栄町)

10日と11日は農園に作業に行ったがコロナワクチン接種もあって滞在時間はあまり長く取れなかった。早生のブルーベリーがよく熟れてきたので摘み取りを優先させる時間配分で作業をする。草がどんどん伸びてきていて親戚の方の手も借りながらしのいでいる。7月に入ってもまだブルーベリーの剪定をしているセオリー外れな栽培を続けているが木が枯れる様子もないのでこれで良しとしても、摘み取りシーズンに向け気がせく。雨の被害もなく13日に梅雨が明けた。

217151

7月10日(土)。

ブルーベリーは早生と中生と晩生の系列があり早生は農園では7月に入ってから最盛期を迎える。午前と午後に摘み取りを行う。

217152

4粒実っているのは片手で一度にごぼっともぎ取る。熟れていると簡単に取れる。収穫した実は安芸区矢野東の安芸の郷に納品した。

217153

里山のブルーベリー園に行く途中にあるウワミズザクラ(上溝桜)の木を見あげるとオレンジがかった黄色い実がついている。

217154

中には赤黒い実もついている。食べられるそうだが眺めるだけにしている。

217155

庭のヤブランの花穂。

217156

生き物の気配。

①.赤とんぼがクモにつかまっている。(7月10日)

217157

②.ブルーベリーの木の中のハチの巣。摘み取りの最中だったが刺されなかった。撮影後駆除する。(7月11日)

217158 

③.里山の地面に卵が数個割られていた。この辺りには亀が来ることがある。今が産卵期なので多分カメの卵と思われる。(7月11日)。

里山のブルーベリー園に入るといきなりメスのキジがあたふたと走って逃げ飛び立ったとたん、オスのキジがどうしたといわんばかりに少し離れたところから追っかけて飛び立っていった。元気らしい。

217159

7月11日(日)。

ブルーベリーの剪定を続ける。最後のエリアは里山の西側に下側の端っこ。あと数本残った。次週に持ち越しだが、剪定完了のめどが立った。

2171510

そろそろ梅雨明けかと思わせる青空。しかし14日の日中は雷、激しい雨で今一つ不安定な天気だった。

2021年7月15日

社会福祉法人安芸の郷 理事長 遊川和良

[お願い]
この文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。
広島ブログ

広島ブログ

 

« 第40回反核平和の火リレーがスタート | トップページ | 池袋暴走事件 (5) ――「電子制御装置には欠陥がない」への反論と問題提起―― »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第40回反核平和の火リレーがスタート | トップページ | 池袋暴走事件 (5) ――「電子制御装置には欠陥がない」への反論と問題提起―― »