「広島ブログ」

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 学徒動員と原爆被爆その5-鳥取県への帰郷の路 | トップページ | 自然災害の歴史から学ぶ (3) ――災害対応にも政治にも「論理」を持ち込もう―― »

2021年4月15日 (木)

4月のブルーベリー農園その2(東広島市豊栄町)

4月も半ば。農園では姿は見えないがキジがしきりにケーンケーンと鳴いている。10日の土曜日は夕方家族を帰らせて、一人農園に泊まることにした。11日の農園は霜が降りていて寒い朝だった。今春最後の冷えと霜かも知れない。ブルーベリーの剪定をひたすら続けている。

214151

4月10日(土)里山のブルーベリー園周辺でヤマツツジが咲きだした。いつもバッサリ切って持ち帰り飾る。

214152

4月11日(日)は一人前日から農園に泊まり込んだので朝の農園の様子を見回る。ブルーベリー畑は霜が降りている。

214153

ブルーベリーの花芽と新芽にも霜がついている。

214154

朝日を受けて野の花のカキオドシや

214155

ソラマメの花や

214156 

石垣のスミレも色合いが凛々しい。

214157

ブルーベリーの剪定の前に1時間ほど畑の富有柿の剪定をした。上に伸びている枝ばかり残した。たくさん実がついてほしいが。

214158

畑のブルーベリーの剪定を始める。木の向こうに座っているアマガエルと目が合う。寒い朝だったので日向ぼっこで温まるのを待っているのかじぃーとしている。

214159

剪定場所は3段ある畑の真ん中の段に取りかかっている。午後からは気温が上がり青空が広がる。

2141510

剪定が遅れているので4月14日(水)にも農園に行った。下から見上げるとブルーベリーの枝にぶつぶつと花芽がついているのが見える。

2141511

1株からたくさんの花が咲いているのはスミレ。花は小さいが見飽きない。野で観るに限る。

2021年4月15日

社会福祉法人安芸の郷 理事長 遊川和良

[お願い]
この文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。
広島ブログ

広島ブログ

 

« 学徒動員と原爆被爆その5-鳥取県への帰郷の路 | トップページ | 自然災害の歴史から学ぶ (3) ――災害対応にも政治にも「論理」を持ち込もう―― »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 学徒動員と原爆被爆その5-鳥取県への帰郷の路 | トップページ | 自然災害の歴史から学ぶ (3) ――災害対応にも政治にも「論理」を持ち込もう―― »