「広島ブログ」

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 世界の一歩 | トップページ | 「広島市平和の推進に関する条例(仮称)」が残念な理由 ――国内他都市の条例と比較しても問題あり―― »

2021年3月10日 (水)

3・11から10年、政治は世論に応えよ

福島県いわき市に住んでいる友人、彼の伯母さん(お母さんの妹)は福島県楢葉町に住んでいました。あの日津波が襲ってきた時、足が不自由なので近所の人に背をわれて逃げようとしたのですが、逃げきれませんでした。

翌日、友人は伯母さんを探しに行こうとしましたが、12日の早朝この地域の放射線量が上がったために、外部の人がこの地域に入ることが出来なくなりました。

伯母さんの捜索に入れたのは、事故から1か月以上が経過した4月~5月です。ただ死体が放射化(放射線を受けて、放射性物質に変化すること)していて、伯母さんであることの確認はDNA鑑定で行われたのです。

こういう事態は楢葉だけではなく、富岡、浪江、双葉でも各地で見られたことでした。翌日にでも探しにいくことが出来たら、救われていたのではないかという悔やみの気持ちを持っている人は多数おられます。

1d30355823a67b4b41ee8409b17b7d18_1

福島原発事故から10年が経ちますが、事故によって発生した問題は何ひとつ解決していないように思います。地球の歴史からすれば10年など、「アッ」にもならない時の流れでしょう。しかし生きている人間にとっては「10年ひと昔」、様ざまな難問が相次ぐ社会では、忘れられてしまいそうなことです。今の福島原発事故が抱えている主な問題を、項目だけでも書いてみたいと思います。

1:廃炉作業に向けての使用済み核燃料とデブリの取り出しのこと

2:廃炉終了の目途が立たないこと

3:原発汚染水の処理のこと

4:除染作業で出た廃棄物の処分のこと

5:中間貯蔵施設から最終処分場に移す見通しのこと

6:住民の帰還が困難な状況のこと

それぞれ全てが難題ですし、しかも何一つ解決の見通しが示せないというのが、なんとも情けないことだと思います。その根底は政府も電力会社にも「臭い物には蓋」「見た目だけが良ければ…」という感覚が強すぎるように思えるのです。

あれだけの大事故を起こしたのですから、放射性物質という厄介極まりない物が相手ですから、短い時間で解決するはずがありません。しかし放射能には半減期というのがあるので、時間が経過すれば放射線量は弱くなっていきます。しっかり管理して「時の流れ」を待つことではないでしょうか。

しかしその大前提は、これ以上原発を増やさない、運転させないことではないでしょうか。放射性廃棄物の処分について一方で「厄介だ。難題だ」ということを何十年も前から聞かされながらも、それでも原発を作るという理屈は世の中に通用しません。

せめて「これまで〝豊かな暮らし〟ということで原発からの〝恩恵〟を受けてきましたが、これは間違いでした。もうこういう発電装置は止めますから、みんなで解決策を考えませんか」というのなら、まだ考えてみようという気持ちになるかも知れませんが。

ここ10年、この3月という時期は本当に落ち込む状態になります。決して僕の責任ではないと思うようにしたいのですが、何世代か先の人たちにとっては、我われ世代トータルの責任といわれるでしょう。

3月7日の新聞に、日本世論調査会が実施した福島原発事故後10年を前にした全国世論調査の結果が掲載されていました。76%の人が脱原発を志向していること、再び深刻な原発事故が起きる可能性があるとした答えは90%に上ったという内容でした。

少し落ち込み状態から救われました。政治はこの調査結果に向き合うことです。

木原省治

[お願い]
この文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。
広島ブログ

広島ブログ

 

« 世界の一歩 | トップページ | 「広島市平和の推進に関する条例(仮称)」が残念な理由 ――国内他都市の条例と比較しても問題あり―― »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

当時の総理大臣。先日のテレビ。避難中のバス内で、死亡された人の話をする。知っているのですね。

コメントありがとうございました。菅は菅でも「菅(かん)総理」私もNHKのあの番組を観ていましたが、長かったのでまだ観終えていません。震災では多くの不幸な死がありました。人間を幸福にするとされた「科学」による死、ふいうちの死、新型コロナウイルスもある意味そういうことかもしれないと思っています。今日の3・11の行動が終えたら、ゆっくりとあの場組を観たいと思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 世界の一歩 | トップページ | 「広島市平和の推進に関する条例(仮称)」が残念な理由 ――国内他都市の条例と比較しても問題あり―― »