「広島ブログ」

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 日本という国の不平等さー在日朝鮮人や外国籍の人たちは | トップページ | 核廃絶運動は歴史的厳しさに直面している ――憲法の復権と民主主義の再生が必要―― »

2019年6月30日 (日)

6月のブルーベリー農園(東広島市豊栄町)

ブルーベリー農園の6月はブルーベリーの畑の草刈りと施肥と防草シート貼りの作業に移行する。

後半になると早生(北部ハイブッシュ系)が実り始めるので防鳥ネットの設置も行われる。

キジもカエルもチョウやクモなど色々な生き物が元気になる。

安芸の郷への早生のブルーベリーの納品も始まる。梅雨入りは遅く26日だった。

196301

6月16日(日)。里山に植えてあるブルーベリーの草は田んぼを転作したブルーベリー畑とは植生が違う。アザミがあちこちに咲いている。7月に入ると下草を刈るので今が見納め。

196302

6月16日(日)。2人がかりで里山に植えてある早生のブルーベリーの一角に防鳥ネットをかける。

196303

6日29日(土)。防鳥ネットをかけて2週間後。ネットの足元をしっかり固めているので鳥は入ってこない。甘味がのっておいしい状態になるまで安心。

196304

6月17日(月)「ケーン!」の鳴き声のする方向にそーっとたどっていく。オスのキジがゆっくり里山に入っていくところだった。

196305

6日17日(月)。庭の花の上をひらひら舞うツマグロヒョウモンチョウ(メス)。とまっている花の名前はヒペリカム。

196306

6月22日(土)。庭には池もある。ブロックを置いた上にプランターごと沈めてる花菖蒲が開花(家の廊下からみえるアングルで)

196307

6月23日(日)。早生(北部ハイブッシュ系)のスパルタン。一番大きい実がおいしく、小さいのはまだ酸味が強い。

196308

6月23日(日)。摘み取ったブルーベリーで今シーズン最初のジュースを作る。

196309

6月23日(日)。畑のブルーベリーの列間に防草シートを敷く作業がつづく。

1963010

6月29日(土)。里山のふもとに咲くのは草刈りから除外されたホタルブクロの小さい群落。

*お知らせ 安芸の郷のブルーベリーまつりが7月27日(土)午後4時から8時まで開催されます。天然酵母パンやブルーベリージャムやジュースの販売は4時半から。駐車場はあります。利用者有志によるステージ発表もあり、地域の皆さんとお会いできる賑わいあるまつりです。今年で16回目となります。昨年が豪雨災害で中止になったので2年ぶりの開催となります。

2019年6月30日

社会福祉法人安芸の郷 理事長 遊川和良

[お願い]
この文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。
広島ブログ

広島ブログ

 

« 日本という国の不平等さー在日朝鮮人や外国籍の人たちは | トップページ | 核廃絶運動は歴史的厳しさに直面している ――憲法の復権と民主主義の再生が必要―― »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本という国の不平等さー在日朝鮮人や外国籍の人たちは | トップページ | 核廃絶運動は歴史的厳しさに直面している ――憲法の復権と民主主義の再生が必要―― »