農作業

2022年5月16日 (月)

草を抜いて、施肥をし、支柱も立てました ――曇り空の一日、畑仕事には最高の日でした――

草を抜いて、施肥をし、支柱も立てました

――曇り空の一日、畑仕事には最高の日でした――

 

フィンランドがNATOに加盟すると言ったからなのでしょうか、ウクライナからのニュースの中身が変ってきたようです。

だからという因果関係はないのですが、久し振りに小さな畑の手入れができました。雨のせいで雑草が蔓延り始めたので、雑草を抜くことと、苗を植えた後、施肥をしたいと思っていたトマト、キュウリ、ナス、トウモロコシの周りに油粕を撒いたこと、そして、少し大きくなった苗のための支柱を立てました。草抜きの技術では、家人に一日の長のあることもハッキリしました。

220516

トマト

雑草の残っているのは私の担当したところです

220516_20220516074001

ナス

一日曇り空、そして気温もあまり上らず、畑仕事 (というのも恥ずかしいくらいの小規模な畑ですが) には、最高の日和でした。

昨日は、昼過ぎに小一時間、新たな助っ人である充電式草刈り機で、伸びてしまった家の周りの草刈りもできました。

その他の時間は、結構忙しく、久し振りに電話で旧友との話も弾みましたし、今週末からの東京と沖縄行きの準備をしたりと充実した一日でした。

 [2022/5/16 イライザ]

 [お願い]

文章の下の《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

広島ブログ

広島ブログ

 

2022年4月28日 (木)

強力な助っ人です ――草刈り機とブロワーのセットを買いました――

強力な助っ人です

――草刈り機とブロワーのセットを買いました――

 

田舎住まいも捨てたものではないのですが、問題もいくつかあります。冬の寒さ、そして寒くなくなると虫や雑草との戦いが始まります。

 これまで草刈りには電気式の草刈り機を使っていました。軽いし馬力もあるので効率良く作業ができるのですが、段々、邪魔になってきたのがコードです。こんなに長いコードがないと、届かないところまで草刈りをしなくてはなりません。

Photo_20220427161001  

コード付きの草刈り機の煩わしさは、家庭内で電気コード付きの掃除機を使われた方なら御理解頂けると思います。

 となると、コードレス、つまり充電式の草刈り機ということになるのですが、少なくとも18Vないと草刈り機としては弱過ぎますし、値段が高いのと嵩が張るのも問題でした。でも、最近コストコに行ったら、理想的な組み合わせがありました。

 その名も「18V コードレス ナイロントリマー・ブロワー スターターセット」です。刈り幅も30cmあるので、広い範囲を刈るのには便利ですし、軽いのも魅力です。しかも、草刈り機だけでブロワーまで付いて、値段は草刈り機一台とほぼ同じです。それがこちらです。

  Photo_20220427161101

箱から出して、カバーを付け、ショルダーストラップを付けただけですが、後は充電が済むまで待つだけです。

Photo_20220427161401   

実際に使ってみての感想ですが、コード式とパワーはほとんど変わりません。コードを全く気にしないで、どの方向にも動けるのは快適です。電池の持ちはエコモードで30分、パワーで20分ですが、コード式の場合はモーターが焼き切れないよう、20分くらいで一度休憩しなくてはなりません。それをしないで一度、モーターを焼き切ってしまったことがありますので、電池がなくなって自動的に作業をストップしなくてはならない方が、私にとっては有り難い仕組みです。今のところ、「今年買って良かったもの」のトップです。

 ブロワーの使い勝手は、秋になって落ち葉を集めるときに確認します。

Photo_20220427161601   

[2022/4/28 イライザ]

 [お願い]

文章の下の《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

広島ブログ 

広島ブログ

2022年4月21日 (木)

種まきと苗の移植 ――良い天気を楽しみました――

種まきと苗の移植

――良い天気を楽しみました――

 

ウクライナ情勢からも、ずっと目は離せないのですが、私たちの世代が戦争で思い出すことの一つは、食べ物がなかったことなのです。特に終戦直後、そして数年、空いている地面があると何かの種をまいて食べ物を作っていましたし、雑草でも食べられるものは食べていた時代があります。

都市部では無理ですが、やはり食べ物のこと、そしてとにかく種をまくことが気になってしまいます。そんな動機もあって、今日は何種類かの種をまきました。

220420   

お腹の足しになるかどうかは別にして、比較的簡単にできる物ばかりです。そして夏の野菜の定番は、何種類かの苗を買って移植しました。

 まずはトマトです。

 220420_20220420215601

 そしてキュウリ

220420_20220420215602  

トウモロコシの苗が一番高かったのは意外でした。三本が一緒になっているのは、受粉をし易くするためだそうです。

220420_20220420215603   

多くでき過ぎると、食べ切れませんので、少し時間をおいてから二回目の苗も植える積りです。

天気も良かったので、しばらくは世界の状況から離れて土と植物と水とに集中できました。

 [2022/4/21 イライザ]

 [お願い]

文章の下の《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

広島ブログ 

広島ブログ

2022年4月20日 (水)

庭仕事・畑仕事 ――用途に合った道具が大きな力になっています――

庭仕事・畑仕事

――用途に合った道具が大きな力になっています――

 

ほぼ一週間前から、畑仕事を再開しました。その結果ですが、一応畝も作りました。

Photo_20220419202301   

この二三日は、芝生の手入れをしています。

二三年の間、芝生の手入れが十分にできなかったため、スイバという雑草が蔓延っています。根は浅くしか張らないので、引っこ抜くのは簡単なのですが、数が多くて往生していました。

Photo_20220419202302  

そこで活躍してくれているのが、この道具です。根切りスコップと呼ぶのでしょうか。先端が根っ子を捉えてスパッと切ってくれる形ですし、金属がしっかりしていて、根を掘るときに力を入れてもビクともしません。

  Photo_20220419202401

横に付いている刃とギザギザも、横に張っている根を切るときには便利です。

 ということで、この二三日は、芝生の手入れと畑の仕事に精を出しています。

 [2022/4/20 イライザ]

 [お願い]

文章の下の《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

広島ブログ 

広島ブログ

2022年4月12日 (火)

農作業の開始です ――今年はどんな種子を撒くのか思案中です――

農作業の開始です

――今年はどんな種子を撒くのか思案中です――

 

毎年今頃から始めるのですが、畑に鍬を入れました。標高340メートルの場所ですので、広島市内より、5度くらい気温が低いことが多いので、今くらいが丁度良いタイミングです。

昨年は友人が耕運機を運んできて畑を耕してくれましたので、楽でした。今年は車が壊れて運べないということでしたので、耕運機を買うことも考えたのですが、結構高いので二の足を踏んで強いました。とは言え、数年前は一人で耕していましたので、面積が約倍になっても、時間を掛ければできるはずですので挑戦です。その面積ですが、約30平米です。

 畑は二面に分けています。一面は葉物を作る場所で、もう一面はトマトやキュウリ、トウモロコシなど動物の被害に遭う物を作っています。金網を張り巡らし、上は鳥対策のネット張りです。囲いの写真はいずれアップしますが、今日は、一日かけて耕した畑の初々しい姿です。

 まずは、葉物栽培の畑です。

Photo_20220411220501  

そしてこちらが、囲いのある畑です。囲いの一部が左上と上に見えます。

Photo_20220411220601   

時間のかかる理由の一つは老化したことなのですが、それ以上に大変なのが、何年も耕しているのに、いまだに大きな石ころを掘り出さなくてはならないことです。下の写真で土の着いているのは、ということは箱の中の半分くらいですが、今回掘り出した石ころです。

Photo_20220411220602   

石ころに鍬が当る度にちょっとイラ付くのですが、その度に、ブラジル被爆者協会の森田さんのことを思い出します。ブラジルに移住して農地として与えられたところは、大きな石ばかりゴロゴロしていて、その石を除けることから始めなくてはならなかった、というお話を伺ったことがあります。生計を立てるための農地ですから、我が家のちっぽけな菜園とは比べ物にならないほど広い畑です。その石を除けて、農地にし、作物を作り生き抜いた森田さん、そしてお仲間の皆さんの御苦労を考えると、こんなちっぽけな苦労で弱音を吐いていては、罰が当ります。

 次に、石灰を撒き、数日おいて肥料を撒いて土と混ぜました。調べてみると、2週間間を置くべきだとのことですが、これまで数年、この間隔で美味しくて大きな野菜が穫れていますので、2週間は来年の課題にします。今年の課題は、あと一つか二つ野菜を増やしたいのですが、何にするかです。好きな野菜全てを加えることのできないのが残念なのですが―――。

 [2022/4/12 イライザ]

 [お願い]

文章の下の《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

広島ブログ 

広島ブログ

広島ブログ

無料ブログはココログ
2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30