選挙

2022年6月26日 (日)

チラシの配布を手伝ってください

チラシの配布を手伝ってください

Photo_20220625204101

チラシを多くの人に見て貰いたいのですが、裏もここにアップします。

Photo_20220625204102

多くの人に見て貰いたくても、手で配っていたのでは限りがあります。もう一つの可能性は「新聞への折り込み」です。でも「折り込み」にはお金が掛かります。さらに今、選対にはその費用がありません。そこで、皆さんへのお願いです。

 皆さんの地域で新聞の販売店と相談して、「何枚くらいの折り込みなら、いくらくらい」掛かるのか調べて下さい。その上で、「それくらいは寄付を集めて折り込んで貰えそう」という嬉しい見通しの立った方がいらっしゃれば、是非、御連絡下さい。メール、電話等の連絡先を教えて頂いた上で、打ち合わせをしましょう。

 [新聞折り込み担当者のメールは shizuakb@icloud.com]

 なお、ここのアップしたチラシの画像をプリントアウトして配布することは、「違法」行為になるそうです。一枚一枚に証紙が貼っていないと違法ビラになるからだそうです。

 この点に御注意の上、チラシが一枚でも広がることを祈っています。

 なお関連の動画は、ホームページやYouTube公式チャンネルを御覧下さい。
  https://www.t-akiba.jp/

 https://www.youtube.com/channel/UCNOCvMp5EfcUTqCYU6jgf0Q/videos

 それでは今日が、皆さんにとって素晴らしい一日でありますよう。

[2022/6/25 イライザ]

 [お願い]

文章の下の《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

広島ブログ

広島ブログ

 

2022年6月23日 (木)

参院選初日、盛り上がりました

参院選初日、盛り上がりました

Photo_20220623001001

参院選、公示日の活動です。どこでも大変盛り上がりました。写真三枚で雰囲気を共有します。まずは、新宿駅の朝です。次は荻窪駅。バスや電車を待つ多くの皆さんが耳を傾けてくれました。その皆さんの写真でなくて済みません。

Photo_20220623001101

さらに高円寺駅前です。

街頭演説が終ってからも、その場に残って興奮冷めやらぬままの会話が続いていました。

動画は、ホームページやYouTube公式チャンネルを御覧下さい。

https://www.t-akiba.jp/

 https://www.youtube.com/channel/UCNOCvMp5EfcUTqCYU6jgf0Q/videos

 それでは今日が、皆さんにとって素晴らしい一日でありますよう。

[2022/6/23 イライザ]

 [お願い]

文章の下の《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

広島ブログ

広島ブログ

 

2022年6月13日 (月)

非暴力社会を目指す

非暴力社会を目指す

Photo_20220612232201

今回は漫才と非暴力がテーマです。

参議院選挙に関するあるアンケートの中に、「DVをなくすためには、どのようなことが必要か」という趣旨の質問がありました。

DV」とはどんなことを指すのかを理解するために、その反対の状態を目に浮かべてみました。それは、二人の人間の間で、静かに普通に会話の成り立っている状態でした。そうではない極端な場合の一つがDVです。さらに、「暴力化」という尺度で測るとそこまでは行っていないけれど、完全に「0」ではない場面がいくつか頭に浮かびました。

その数値をいくつにすべきなのか、議論の余地はあると思いますが、二つだけ例を挙げておきましょう。

(I) 男女間で少し親しくなったとき、男性が女性を「お前」と呼ぶシーンをしばしば見てきました。ドラマで説明した方が多くの方に伝わると思いますので、一つ上げると『科捜研の女』です。土門刑事は、榊󠄀マリコ研究員を必ず「お前」と呼んでいます。人気番組ですので、この「上下関係」または「支配・被支配関係」の宣伝力はかなり強いのではないかと心配です。

そもそも殺人事件がドラマのテーマになっている番組の中の、些細な人間関係を、「暴力」という視点から分析することに意味があるのかを考えるべきなのかもしれませんが、○○中毒と言われる依存症の多くは、微量の接種から始まることも事実です。

(II) テレビ番組の中で、年々増えてきているのが、芸能人たち同士の意味のないやり取りです。それも、漫才の一つのパターンである、「ボケ」と「突っ込み」が雛形になっているような気がします。漫才は、あえて極端な状況を作ったり、「普通」を誇張することで笑いを誘う芸能ですから、それ自体は健全です。

しかし、それが無意識のうちに、私たちの日常の会話のお手本として採用され、「静かで普通の会話」が成り立たない状態を作る結果になってしまっては、笑うにも笑えません。

(III) ここまで書いて、もう一つ大切なケースのあることに気付きました。国会での議員の質問と、閣僚や官僚との回答も一つの会話と考えると、これこそ、一番「普通」から遠いということです。そもそも会話が成り立っていないからです。そして「上下関係」「支配・被支配関係」も否定されていないどころか、それを背景に「ボケ」ることが権力維持のメカニズムになっています。

主権者として、鋭い突込みで、つまり選挙で野党が勝つことで、静かで普通の会話を実現する他に道はありません。

それでは今日、皆さんにとって素晴らしい一日でありますよう。

[2022/6/13 イライザ]

 [お願い]

文章の下の《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

広島ブログ

広島ブログ

2022年6月12日 (日)

「雨にも負けず」

「#雨にも負けず」

040

21世紀を前に、社民党が作成した「2010年への政策ビジョン」、略して「2010ビジョン」です。副題は「日本型社会民主主義」。表紙の裏には、#宮沢賢治の「雨にも負けず」を掲げました。

Photo_20220611220101

その作成の責任者だった私は、自分の社民党員としての決意を、「雨にも負けず」に託して表現した積りなのですが、今読み返してみると不十分な点が多々あります。

今回の選挙にあたって、この改訂版を作りたいと考えていますが、問題は時間です。でも「2010ビジョン」では、その時間枠を大切にしています。目標の年を掲げて、私たちが実現したい社会のビジョンを描いている点です。

広島市長、そして平和市長会議の会長として掲げたのは「2020ビジョン」です。2020年までに核兵器の廃絶を実現したいという目標を立て、中間目標は「2015年までの核兵器禁止条約締結」です。こちらは2年遅れで実現しています。

核兵器禁止条約が実現しましたので、その後の目標として、「2040ビジョン」、つまり2040年までの核兵器廃絶を目指しての概略地図を提案したいと考えています。核兵器禁止条約さえ認めようとしない人たち、国々をどう説得するのかが鍵なのですが、「雨にも負けず」の精神を生かす積りです。

 それでは今日、皆さんにとって素晴らしい一日でありますよう。

[2022/6/12 イライザ]

 [お願い]

文章の下の《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

広島ブログ

広島ブログ

2022年6月 8日 (水)

千葉でのミニ選対会議

千葉でのミニ選対会議

千葉で、小学校・中学校の同級生の集いがあり、駆け付けました。

Photo_20220607234801

いつも通り大変楽しい一時になりましたが、話題はゴルフから政治へと移り、ミニ選対会議になりました。

 ゴルフは、エージ・シュートをしたT君のお祝いの会をどうするかでしたが、ゴルフには疎いので「エージ・シュート」の意味が分りません。

 そして、現在の政治への厳しい批判の声が続きました。そして、野党のどの党かがリーダーになって、今の政治を変えて欲しいということに。例えば、高齢者がどんどん社会の片隅に追いやられていて、年金は減る上、免許は返納しろと迫られる。高齢者の居場所がなくなっているのに、「多様性」とは意味があるのか。高齢者にも権利はあるはずだという声や、アメリカに主導権を握られている政治の大方向を変えなくては未来が見えない等々、皆、意気軒昂でした。

 そして、私自身の選挙運動についてもいろいろアドバイスを貰いました。かつて広告業界で活躍したプロも交じっていましたので、とても有益でした。

 例えば、プロフィールのところに、小学校・中学校、そして高校の名前を入れること。これは、完全に忘れていました。今までの選挙は全て広島での選挙です。広島の小学校・中学校ではないので、これまでは名前を書きませんでした。でも今回は違います。全国の皆さんに知って貰うのですから、小・中学校、高校も抜かしてはいけないのです。

プロフィールにも追加しますが、小学校は千葉大学教育学部付属小学校、そして中学は、同じく千葉大学教育学部付属中学校です。高校は、東京教育大学(今の筑波大学)付属高等学校で、回数は69回です。

さらに私の父が獣医師で、千葉県獣医師会長や日本獣医師会の理事を歴任したことも書き込むべきだとのアドバイスも貰いました。

 となると、私の妹、秋葉京子がオペラ歌手で、ドイツで長い間活躍し、日本でも二期会その他を通して多くの皆さんに歌声を聞いて頂いていたことも、大切なのかも知れません。

 さらには、参議院の比例区の投票の仕方も説明してきました。二枚目の投票用紙は比例区の用紙なので、政党名か候補者名どちらを書いても良いこと。でも特定の個人を応援したい場合は、個人名を書くことでしかその応援の意思は伝わらないことを説明しました。

 とにかく、参加者一同、立候補には大賛成、頑張れという強いメッセージを頂いて解散しました。

[2022/6/8 イライザ]

 [お願い]

文章の下の《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

広島ブログ

広島ブログ

 

 

2022年6月 7日 (火)

今日は移動日です

今日は移動日です

全国比例となると、動く範囲も広がります。空港の利用も増えてきます。

Photo_20220606222001

そして夕食は、昔懐かしいLION ビアホールでした。

Lion

栄養補給ができましたので、明日もまた頑張ります。

それでは、今日が皆さんにとって素晴らしい一日でありますよう。

(1987年、テレビ朝日の「CNNデイウォッチ」で使い始めた「サインオフ」の言葉です。「アキバ・ウィークリーでも使っていましたが、このブログも「アキバ・デイリー」としての継続感を出すため、復活させることにしました。)

[2022/6/7 イライザ]

 [お願い]

文章の下の《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

広島ブログ

広島ブログ

 

2022年6月 6日 (月)

選挙運動でできること、できないこと

選挙運動でできること、できないこと

 この表紙を御覧下さい。「警告と検挙の実例集」ですので、分り易いのが特徴です。

Photo_20220605211801

ネット上では、このサイトを開くとPDF文書として、「実例集」が出てきます。

この「実例集」を発見したのは、多くの皆さんから、「頑張って当選して欲しい」、「応援していますよ」、「どんなことをすれば一票につながるのか」等の言葉を頂いても私自身の知識が十分ではなかったからです。公職選挙法等の運用がどのように行われているのか、ネットで調べている内にこの「実例集」に出会いました。

選挙運動と事前運動にはいろいろな制限があり、その制限を守って運動することが大切ですので今回は、他のサイトも参考にしながら、簡単な解説を付け加えました。私の理解や解釈が間違っている場合もありますので、お気付きの点がありましたら、御教示下さい。

まず、選挙運動とはどんなことを指すのかですが、ほとんどの自治体がその定義から説明を始めています。それは、「特定の選挙で、特定の候補者の当選を目的として、投票を得又は得さしめないために、直接又は間接に働きかける必要かつ有利な行為をすること」です。でも、最後の「必要かつ有利な行為」が分り難いですし、解釈によっては境界線がハッキリしません。

でもその中で分り易いのが、中野区の説明です。

「選挙運動」とは、「特定の選挙で、特定の候補者の当選をはかることを目的に投票行為を勧めること。」であり、「政治活動」とは、「政治上の目的をもって行われるいっさいの活動から、選挙運動にわたる行為を除いたもの。」との定義がなされていて、明快です。

その後に、「選挙運動」としてできることできないことの説明があります。その中でうっかりすると見落としてしまうので、「事前運動の禁止」です。その説明も明快です。「立候補届出が受理される前に行う選挙運動は事前運動として禁止されています 」なのです。

しかし、これにもグレーゾーンがあります。「投票行為を勧める」ということをしなければ「選挙運動」にならないのですから、その範囲で「事前運動」は許されているはずなのですが、最初に引用した『選挙運動違反の警告&検挙実例集』の11ページには、次のような「警告事例」が載っています。

立候補予定者の同窓生が告示前に「○○君は○○区から立候補する予定です。なにとぞお力添えを賜りますようお願い申し上げます」などと記載した文書を同窓生あてに郵送頒布した。(第17回統一地方選挙(平成23年)) (警告事例004 法定外文書の頒布、事前運動)

と、ここまで書いてきて厳しさについては御理解頂けたと思います。しかし、このような厳しさが適用されるのは、無所属議員が自分の選挙についての行動をしているときが多いのです。

政党には、「政治活動」の自由が保障されていますので、全く違った活動ができるのです。たとえば、政党が定期的に発行している党の機関紙の特別号は、かなり自由に頒布できます。その中に自党から次の選挙に擁立する予定の候補についての記述があっても、それは政治活動の一部なのです。

この「差別」は、「政治改革」と称された「小選挙区制」導入と同時に行われた法律改正で明確にされたのですが、小選挙区制では、無所属の議員の選挙は著しく制限され、無所属議員が当選することは、地方自治体選挙の一部でしか考えられなくなったのです。それを変えることも今後の日本の政治を健全にして行くためにどうしても必要なことだと考えています。

それでは、今日が皆さんにとって素晴らしい一日でありますよう。

(1987年、テレビ朝日の「CNNデイウォッチ」で使い始めた「サインオフ」の言葉です。「アキバ・ウィークリーでも使っていましたが、このブログも「アキバ・デイリー」としての継続感を出すため、復活させることにしました。)

[2022/6/6 イライザ]

 [お願い]

文章の下の《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

広島ブログ

広島ブログ

2022年6月 3日 (金)

これまでの選挙で学んだこと ――御支援を頂くために生かします――

これまでの選挙で学んだこと

――御支援を頂くために生かします――

 これまで自分が候補になった選挙は7回、他の候補の応援のための選挙は数知れません。その度に、赤と青の手袋で私の考えを示してきました。Photo_20220602214401

今回は、多くの選挙運動中に学んだその他の「選挙の常識」を三つ掲げておきましょう。私たちが「常識」だと考えていることとはかなり違う行動を意識しないと、良い結果につながらないのです。今回の選挙でも生かしたいと考えています。

一つ目は、「同じことを繰り返して言い続ける」です。初めての選挙は、私の前任者の大原亨さんと多くの集会で挨拶をし、街頭や屋内での演説会にも付き合って頂きました。数日経ってからの大原さんからの諭しの言葉です。

「君は学者だから、常に新しいこと、前とは違うことを話そうとしている。それは分るが、選挙で一番大切なのは、同じことを繰り返し繰り返し伝えることだ。それで初めて、君の言わんとしていることが伝わるのだ。」

数多くの選挙を経験して、この言葉の正しさを実感しています。今回も、一番大切な被爆の実相や核兵器の廃絶、そして人類の生存について何度でも繰り返し訴える覚悟です。

二つ目に上げたいのは、「自分の名前を繰り返して言う」ことです。普段の会話では、絶対にしてはいけませんし、それほど非常識な人はほとんどいませんので、実行するのが難しいことでもあります。

でも、街宣車の聞こえる範囲は限られていますし、しかも、車は動いているのですから、その音の聞こえるのは数十秒です。その間に自分の名前を聞いて貰えなければ、ただ五月蠅い街宣車が来たことしか、聞いている人には伝わりません。とは言っても聞こえている人にとっては、「連呼」が五月蠅い騒音であることも事実なのですから難しい点です。工夫をしながら迷惑の掛からない形で自分の名前を伝える努力が必要です。

そして三つめは、「握手が心をつなぐ」ことです。若い世代の人たちには、アイドル・グループの握手会などを経験して当り前のことだろうと思います。そしてケネディー大統領が初めて選挙に出たときに、母親のローズさんから、数は正確には覚えていないのですが10組くらいの手袋を貰い、それが全て擦り切れてしまったというエピソードを読んだことがあります。

私には強力な後援会組織がありませんでしたので、夜は繁華街でできるだけ多くの人に握手を求め、一票のお願いをしました。全国を対象にした比例区ではどれれくらぃ実行できるのかはわかりませんが、頑張りたいと考えています。

[2022/6/3 イライザ]

[お願い]

文章の下の《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

広島ブログ

広島ブログ

2022年5月31日 (火)

核廃絶は可能です  梅田ヨドバシカメラ前での街頭演説 ――多くの若者たちに手を振って貰いました――

核廃絶は可能です

梅田ヨドバシカメラ前での街頭演説

――多くの若者たちに手を振って貰いました――

 

5月28日の土曜日、午後5時には、梅田のヨドバシカメラ前で街頭演説会を開きました。

やはり天下の梅田です。しかも夕方のラッシュアワー。とにかく人が多いのには、日頃の田舎暮しに慣れた私には驚きでした。

それ以上の驚きは、道路脇に停めた私たちの街宣車に向って、手を振ってくれる人が多かったことですし、中でもかなりの数の若者たちが手を振ってくれたことです。

福島党首には当然、「追っ駆け」と自称するファンが何人か一緒に行動していましたし、大椿ゆうこさんの「追っ駆け」も、地元ですので自然なのですが、私に向って手を振ってくれる人たちもいて、大変元気の出る一時になりました。もちろん、街宣車上の私たちは一時も休まず手を振っていましたので、とても嬉しい場面でした。心から感謝します。

福島党首と大椿さんの演説の内容も、朝から昼、そして夕方の梅田と、バージョン・アップしていました。流石です。私は、聞いて下さる方々にとって、核廃絶が可能であることを再度確認する必要があるのではと、感じ始めていましたので、その点に焦点を合わせました。

一つには、1986年、レーガン・ゴルバチョフ両首脳が、レイキャビックで「核兵器の全廃」に同意していたからです。実現しなかった理由はあるのですが、「合意」の事実は重要です。

二つ目には、非核地帯条約を締結することで、世界の半分は既に、「核廃絶」を実現していることです。そして北半球にもその流れができていて、特にモンゴルは、一国核兵器地帯とも呼ばれる宣言を出しています。強いお相撲さんで私たちはモンゴルを評価していますが、それに加えて世界平和の面でもモンゴルは頑張っているのです。

三つ目には、2014年、スコットランドは住民投票をしてまで核兵器の廃棄を実現しようと努力したことです。スコットランドの全自治体は、既に非核自治体の宣言をしていますので、イギリスから独立すれば、外交・防衛面でもその意思を実現することができるからです。

さらに、「敵基地攻撃能力」とは戦争を始める権限を政府に与えることに他ならないこと、カジノは皆さんに富をもたらすことはない、皆さんが博打で得をすることはないと、数学者としての見解を述べました。

人類が滅亡する道を選ぶのか、平和な世界実現のための日本を選ぶのか、皆さんの賢明な選択を期待しています。

より詳しい内容を知りたい方は、YouTubeの動画を御覧下さい。

 

[2022/5/31 イライザ]

 [お願い]

文章の下の《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

広島ブログ

広島ブログ

2022年5月30日 (月)

秋葉忠利参議院選・全国比例予定候補  公式ホームページとYouTube公式チャネルです

秋葉忠利参議院選・全国比例予定候補

公式ホームページとYouTube公式チャネルで

 

参議院選挙に出馬予定の秋葉忠利です。何故、今回の選挙に出馬するのか、どんな活動をしたいのか等、ネットを通してお伝えしています。まだ御覧になっていない皆さんへのお願いです。是非一度、下のサイトを御覧下さい。

公式ホームページは、こちらです。                  

公式ホームページ

そして、YouTubeの秋葉忠利公式チャネルはこちらです。        ↓

YouTube公式チャネル

 

皆さんがお使いになれる、FacebookTwitterInstagramLine、e-mail 等々から、できるだけ多くの皆さんに拡散して頂ければ幸いです。例えば、本文としては、「友人、秋葉忠利君が参議院の全国比例に立候補決意しました。その経緯と、未来へのレシピ―をホームページやYouTubeで見て頂ければ嬉しいです。〇野〇夫」のような文章をお願いします。

そして、このブログの下線の部分を右クリックして、「リンクをコピー」というところを左クリックし、次にメールその他のメディアの本文に戻り、右クリックして「貼り付け」を押して貼り付けて下さい。ホームページとYouTubeそれぞれのリンクが張れるはずです。

時間的に全国を回ってお願いすることは不可能ですので、皆様のお力をお貸し下さい。

[2022/7/10まで]

 [お願い]

文章の下の《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

広島ブログ

広島ブログ

 

より以前の記事一覧

広島ブログ

無料ブログはココログ
2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30