« #数学人の集い 第7回ミーティングの報告 ――#数学 に関わる人間の持つ #根源的責任 とは―― | トップページ | #平和運動 の柱だった #物理学者 ――#アインシュタイン #湯川秀樹 #朝永振一郎 がまず頭に浮かびます―― »

2023年12月 6日 (水)

#ベト数コン と #ベ平連 ――#数学人の集い の背景の説明です――

#ベト数コン と #ベ平連

――#数学人の集い の背景の説明です――

Photo_20231205175501

今回は福富節男さんの著書から引用しています

広島ブログ

ブログ激励のために、上のバナーをクリックして下さい

昨日は「数学人の集い」の報告をする積りでブログを書き始めましたが、ミーティングの報告というよりは私自身の思いを、その背景も十分説明することなく、書き散らしてしまったように思います。

その反省を踏まえて、今回はこれまで私が学んできたことの内、数学と社会との関係についてのお手本になった「#ベト数コン」について、その中心的な存在だった福富節男さんの著書からの引用を御紹介します。『デモと自由と好奇心』(第三書館刊、1991年)の64ページと65ページです。

 

ベトナム戦争と市民運動(私の昭和史II)

ベト数コンとべ平連

ベトナム反戦に触れたい。6527日、米軍は北ベトナム爆撃(北爆)を開始、世界中に衝撃を与えた。同年424日のデモでベ平連(「ベトナムに平和を!」市民文化団体連合、後に"文化団体〃 の四字が除かれる)が始まった。

同じ4月に私は友人たちと共に数学のノーベル賞と言われるフィールズ賞の受賞数学者L ・シュワ ルツ()と政治の問題を語る機会を持った。彼はアルジェリア戦争反対で教授職を賭ける闘いをし、 サルトルと共にベトナム戦争犯罪裁判(ラッセル法廷)に尽力した。スメール(フィールズ賞受賞数学者)がカリフオルニアでベトナム反戦運動をしていると彼は私たちに語った。私たちは数学会年会でS・スメールへの連帯声明と署名を呼びかけた。

522日、ベ平連第二回目デモは、スメールが議長の「ベトナムの日委員会」との日米共同デモであった。私たちはその集合地の清水谷公園へ行った。私がベ平連に接した最初である。

北爆一周年の6627日、ベト数コンと呼ぼれたベトナム問題に関する数学者懇談会は市民によびかけて北爆反対デモをした。その夜都内唯一のデモであった。その後数学会の春秋の大会のたびに集会やデモをし、モスクワでの国際数学者会議でベトナム反戦集会を開くことを日本から呼びかけ、数学者の国際的署名運動を生んだ。毎月の例会には、鶴見良行、日高六郎、丸山貞男さんらが来て話 をしてくれた。

①数学者の反戦組織を作るのではなく、ベトナム反戦の運動である。②数学者とは自ら数学者と思う人とし、職場の如何で選別しない。③アメリカのベトナム侵略に反対という点を共通項とし、その他の思想、信条を問わない。以上の三点が私たちの活動の基本であった。偶然にもべ平連の原則と相似のようであった。それには前史がある。私が日大文理学部に数学教室を作りに行き、五年後の63年に、折角この教室に集まった四人が当時としては斬新な教室作りを急いだ結果、日大イデオロギーに合わぬと、まとめてほうり出された。数学界に日大文理への抗議と非協力の声が広まって、千数百名の署名が集まった。その結果がもったいないから、「平和を守る数学者の会」というものを作ろうという提案があったが、すぐ否決された。何かの活動の必要が起ったときに、それに合った仕組を作ればよい。組織や団体が邪魔になる虞れがあるというのが、否決の理由であった。

さて、ベ平連は「ベトナムに平和を」を共通の目的とする運動で組織ではないという言い方をした。開かれていて出入り自由、個人の自発性、創意を重んじ、単なる評論をするのではなく、言い出した人が先にたつ。意識内容はラジカルに、しかし行動や表現は大衆が親しめるように考える。これらのことは今の市民運動では当然であろうが、このようにベ平連が切り開き、新鮮な感じを与えたものは多い。

これらのこと、市民運動、労働運動、党派運動の共同が必要な局面での問題点を次に書こう。

この先も興味深いのですが、まずは全体像を知って頂きたいので、そのためにベトナム戦争当時の科学者の関わり方を、短くそして分り易くまとめた一文を御紹介します。長くなりますので、これは次回に。

 

最後に皆さんにとって、今日一日が素晴らしい24時間でありますよう!  

 [2023/12/6 人間イライザ]

[お願い]

文章の下の《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

広島ブログ

« #数学人の集い 第7回ミーティングの報告 ――#数学 に関わる人間の持つ #根源的責任 とは―― | トップページ | #平和運動 の柱だった #物理学者 ――#アインシュタイン #湯川秀樹 #朝永振一郎 がまず頭に浮かびます―― »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

言葉」カテゴリの記事

平和」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

アメリカ」カテゴリの記事

高齢者」カテゴリの記事

数学」カテゴリの記事

市民派」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« #数学人の集い 第7回ミーティングの報告 ――#数学 に関わる人間の持つ #根源的責任 とは―― | トップページ | #平和運動 の柱だった #物理学者 ――#アインシュタイン #湯川秀樹 #朝永振一郎 がまず頭に浮かびます―― »

広島ブログ

無料ブログはココログ
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー