« #平和運動 の柱だった #物理学者 ――#アインシュタイン #湯川秀樹 #朝永振一郎 がまず頭に浮かびます―― | トップページ | #唐木順三 と #武谷三男 ――#科学者の社会的責任 についての論争です。―― »

2023年12月 8日 (金)

#朝永振一郎 と #学術会議 ――#戒心 がキーワードです――

#朝永振一郎 と #学術会議

――#戒心 がキーワードです――

Photo_20231208100701

朝永振一郎 Wikiwandから(Public Domain)

https://www.wikiwand.com/ja/%E6%9C%9D%E6%B0%B8%E6%8C%AF%E4%B8%80%E9%83%8E#Media/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Tomonaga.jpg

広島ブログ

ブログ激励のために、上のバナーをクリックして下さい

今回は、三人の物理学者の内の一人、朝永振一郎博士に焦点を合わせます。日本学術会議の議長だった時の言葉を「軍学共同反対連絡会」の事務局長、小寺隆幸さんが強調しています。以下、メーリングリストからの引用です。

このウクライナとパレスチナの戦争は改めて科学の在り方を私たちに問うものです。科学の粋を凝らした兵器が、今この時にも市民や子どもたちを殺しています。

1967年の学術会議総会で決議された「軍事目的のための科学研究を行なわない声明」にはこう書かれています。

「現在は、科学者自身の意図の如何に拘わらず科学の成果が戦争に役立たされる危険性を常に内蔵している。その故に科学者は自らの研究を遂行するに当って、絶えずこのことについて戒心することが要請される。ここにわれわれは、改めて、戦争を目的とする科学の研究は絶対にこれを行わないという決意を声明する。」

この声明はべトナム戦争で新たな科学兵器が多くの人々を殺傷している現実の中で発せられました。米軍はナパーム弾や枯葉剤を使用し、その惨状に対し世界中でベトナム反戦運動が広がり科学者も声をあげたのです。

声明をまとめた学術会議会長朝永振一郎は8年後にこう記しています。

「インドシナで科学、技術、軍事工業等々の不吉なリンクから出現したあらゆる種類の複雑化された新兵器による戦争に巻き込まれて、犠牲者たちは家を破壊され家族を失い、廃墟の中を力なくただ平和の再来を望みつつ彷徨っていた状況に心をいためない科学者が一人もいないことを願う。 」

これは今の私たちにも問いかけられています。そして今日本でも、「あらゆる種類の複雑化された新兵器」の開発が始まろうとしている中で、科学者としての深い「戒心」が求められているのではないでしょうか。

「戒心」はそれほど使われている言葉ではありません。でも意味するところは明白ですし、何より「当事者」としての姿勢を示す言葉だという点が重要です。

この朝永振一郎博士について、唐木順三氏と武谷三男氏とでは、(その他の二人についても)、違った見方をしています。紹介すべきかどうかも問題なのですが、追って対比をしておきたいと思います。

 

最後に皆さんにとって、今日一日が素晴らしい24時間でありますよう!  

 [2023/12/8 人間イライザ]

[お願い]

文章の下の《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

広島ブログ

« #平和運動 の柱だった #物理学者 ――#アインシュタイン #湯川秀樹 #朝永振一郎 がまず頭に浮かびます―― | トップページ | #唐木順三 と #武谷三男 ――#科学者の社会的責任 についての論争です。―― »

平和」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

核兵器」カテゴリの記事

物理学者」カテゴリの記事

科学者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« #平和運動 の柱だった #物理学者 ――#アインシュタイン #湯川秀樹 #朝永振一郎 がまず頭に浮かびます―― | トップページ | #唐木順三 と #武谷三男 ――#科学者の社会的責任 についての論争です。―― »

広島ブログ

無料ブログはココログ
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー