« なぜ、憲法が機能していないのか ――矢部宏治氏によると憲法より上の安保法体系が原因―― | トップページ | バレンタイン・デーの由来 ――チョコレートの他にも大切なことがあります―― »

2023年2月13日 (月)

『老害の人』と『すぐ死ぬんだから』 ――最高に面白い内館牧子さんの小説――

『老害の人』と『すぐ死ぬんだから』

――最高に面白い内館牧子さんの小説――

Photo_20230212210701

Amazonの『老害の人』のページから

 

堅苦しい話が続きましたので、ちょっと息抜きを。

『老害の人』と『すぐ死ぬんだから』。両方とも内館牧子さんの小説です。実は内館さんが小説を書いていることは全く知りませんでした。脚本家だと思い込んでしまっていましたし、横綱審議委員会の委員ということも知ってはいたのですが、その他の面は全く知らずにいたのです。その人がこんなに面白い小説を書いていたとは!

ネタバレになるといけませんので、Amazonの紹介文を引用します。

迷惑なの! と言われても。

昔話に説教、趣味の講釈、病気自慢に孫自慢。

そうかと思えば、無気力、そしてクレーマー。

双六やカルタの製作販売会社・雀躍堂の前社長・戸山福太郎は、娘婿に社長を譲ってからも現役に固執して出勤し、誰彼かまわず捕まえては同じ手柄話をくり返す。

彼の仲間も老害の人ばかり。素人俳句に下手な絵をそえた句集を配る吉田夫妻に、「死にたい死にたい」と言い続ける春子など、老害五重奏(クインテット)は絶好調。

「もうやめてよッ」福太郎の娘・明代はある日、たまりかねて腹の中をぶちまけた。

『終わった人』『すぐ死ぬんだから』『今度生まれたら』に続く著者「高齢者小説」第4!

定年、終活、人生のあとしまつ……

自分のこと、親のこと、いずれは誰もが直面する「老後」。

「最近の若い人は……」というぼやきが今や「これだから『老害』は」となってしまった時代。

内館節でさらなる深部に切り込む!

私も「老害の人」の一人だからでしょうか、こちらもそして『すぐ死ぬんだから』も同じように楽しめました。「高齢者小説」第四弾ですので、後二冊残っています。これも楽しみに読む積りですが、垣谷美雨さんの『老後の資金がありません』等々の小説との共通点がたくさんあることにも気付きました。

その一つが、会話の面白さです。そして、普段は口に出しては言えないけれど、心の中で思っていることを著者が代弁してくれていること。

全部買って読むには数が多過ぎますので、図書館で借りようとしたのですが、人気があるのですね。片っ端から「貸し出し中」でした。順番が回ってくるのを心待ちにしています。

 

最後に、今日一日が皆様にとって素晴らしい24時間でありますように!

[2022/2/13 イライザ]

 [お願い]

文章の下の《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

広島ブログ

広島ブログ

 

« なぜ、憲法が機能していないのか ――矢部宏治氏によると憲法より上の安保法体系が原因―― | トップページ | バレンタイン・デーの由来 ――チョコレートの他にも大切なことがあります―― »

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

言葉」カテゴリの記事

高齢者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« なぜ、憲法が機能していないのか ――矢部宏治氏によると憲法より上の安保法体系が原因―― | トップページ | バレンタイン・デーの由来 ――チョコレートの他にも大切なことがあります―― »

広島ブログ

最近のコメント

無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー