« 《社会と数学の関わり》を話し合う数学人の集い 「準備会」のご案内 | トップページ | 何故、都市が立ち上ったのか »

2022年9月30日 (金)

10月1日に「横浜市非核兵器平和都市宣言市民のつどい」で話します

「横浜市非核兵器平和都市宣言市民のつどい」で話します

Photo_20220930002701

明日、10月1日の午後1時半からかながわ県民センターの2階ホールで、「都市から核のない世界へ」と題して講演をします。

そのために、改めて「平和市長会議」のこれまでの活動や、なぜ都市が世界平和に関わるのかについて考え直してみたのですが、面白いことに気付きました。

それは、これまで「国家の時代」が終り「都市の時代」が訪れている意味を、都市がどのような貢献ができるのかという立場を中心に考えていたのですが、正反対の視点から捉えることで今まで見えない「真実」が見えてきたのです。

正反対の視点とは、「国」が市民から何を奪うのかを考えることでした。その出発点は、27日の本ブログ「「国葬儀」は「棄民」政策の成れの果て」でも取り上げた基本懇の答申です。

「国」が市民から奪うものは、

① お金 (憲法30条)--「納税の義務を負ふ」

② 権力 (憲法前文)--「権力は国民の代表者がこれを行使し」

③ 命 (基本懇の答申)--「戦争という非常事態のもとで、国民が何らかの犠牲を余儀なくされたとしても、それは国をあげての戦争による「一般の犠牲」として、全ての国民が等しく受忍しなければならないものである。」

それぞれ、説明しなくてもお分り頂けると思いますが、それに対して「都市」は、「国」から市民、私たち一人一人の命やお金を守る役割を果せます。詳細は、10月1日の講演会でお話しした後、このブログにも載せる積りです。

 

それでは今日一日が、皆様にとって素晴らしい24時間でありますように。

[2022/9/30 イライザ]

 [お願い]

文章の下の《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

広島ブログ

広島ブログ

« 《社会と数学の関わり》を話し合う数学人の集い 「準備会」のご案内 | トップページ | 何故、都市が立ち上ったのか »

言葉」カテゴリの記事

平和」カテゴリの記事

日本政府」カテゴリの記事

憲法」カテゴリの記事

国葬」カテゴリの記事

都市」カテゴリの記事

コメント

ロシアが占領した4つの州を全て独立国として、認めたらどうでしょうか。

バチカン、モナコとヨーロッパには小さな国、
都市レベルの国は幾つもあります。
4つの州の住民に、ロシアとの併合を望みますかと聞くのでなく、
独立を望みますか、とアンケートすれば、全く違った答えが出てくるのではないでしょうか。

「元安川」様

行う必要のない住民投票を、軍隊の力をフルに使って行っているロシアが、自分たちの意向とは違う内容の住民投票をするとは思えません。脅されて、言われるままに投票させれている人たちの心情も如何許りかと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 《社会と数学の関わり》を話し合う数学人の集い 「準備会」のご案内 | トップページ | 何故、都市が立ち上ったのか »

広島ブログ

無料ブログはココログ
2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31