« 亀岡での講演でした ――「憲法9条守ろう亀岡の会」 は全国に先駆けて2004年から活動―― | トップページ | 良いお天気の京都散策 ――心が洗われる一時でした―― »

2022年5月 9日 (月)

阿部知子後援会主催の藤沢での講演会 ――夏の参院選への準備が始まっています――

阿部知子後援会主催の藤沢での講演会

――夏の参院選への準備が始まっています――

 

選挙の際にどの党に投票するのかと問われて、「躊躇なく」この党だと言える政党がなくなってしまいました。でも、自民、公明、維新に投票する訳には行きませんので、心の残っている社民党を選ぶのが順序なのです。でも当選する可能性の多い候補に入れるべき、つまり「野党共闘」という原則も大切です。こんな思案をしている背景には、各党毎のいろいろな事情があります。機会があればその背景を説明させて頂くかもしれません。

 今回は、長い間「同志」として、政治活動を共にしてきた阿部知子さんの依頼で、彼女の後援会主催の講演会に参加しました。参院選の予定候補者が挨拶をすることも当日の主要な目的ですので、講演時間は短くなりました。亀岡での講演の前半を省略することになりましたが、起承転結をハッキリさせて、論理性にも再配慮をして短いながらも説得力のある内容にした積りです。

 お陰様で、会場での販売をお願いしていた『数学書として憲法を読む――前広島市長の憲法・天皇論』(法政大学出版局)にも、多くの皆様が関心を持って下さったようで、有難く嬉しい結果になりました。

 今回も講演内容は省略しますが、改めて、我が国の政治に希望を持って良いのだと得心することになった事実を報告します。それは阿部知子さんという政治家の実績です。これまでも良き友人として、また「同志」としての彼女の活動は良く知っていましたが、今回はそれに加えていくつかの出来事を目の当たりにすることになりました。

Photo_20220508223401   

朝、ホテルから会場の市民会館まで歩く間に、今日の集会に参加するのではないように見える市民何人からか、声を掛けられ、個人的な信頼関係のある人たちであることが良く分りました。そこで、10時からのイベントの案内をする彼女の話し振りも自然でした。

 それほど自然な関係にある人たちがその日のイベントを知らなかったのは、後で聞いたところによると、ハガキで知らせるだけの余裕がなく、電話で連絡をしたからとのことでした。

 私も経験がありますが、自分の活動も含めて有権者にハガキでの報告を送るためには、一枚63円ですので、一万人に送るとそれだけで63万円掛かります。それもハガキたった一枚です。もう少し長い報告を印刷して送ることになれば100万円近くになります。しかも、当選するためには、およそ10万票が必要なのです。つまり、この10倍の費用が掛かっても不思議ではないのです。

 ニュースで問題になった、文書通信交通費では足りないではありませんか。そして、議員と有権者をつなぐためには、活動報告を送るだけでは済まないのです。ニュース報道では、その貴重な財源の意味については全く理解されずに、あたかも議員にとっての不労所得のような扱いがされていました。

 残念なことに、電話で連絡できる人の数には限りがあります。でも、広めの会場は満席でしたし、熱気に包まれていました。私も力を入れて話をしましたので、会場を盛り上げるために、少しは役立ったような気がしています。

 でも、驚きだったのは、改選定数4人の参議院神奈川選挙区から阿部さんの肝煎りで二人の候補が立つということでした。二人とも、芯のしっかりした挨拶で、「即戦力」になるという紹介がピッタリの人物でした。

 それだけではなく、さらなる驚きが、阿部さんの選挙区ならびに神川県内の阿部さんが仲間として一緒に行動している地方議員の皆さんでした。10人以上の県会議員、市会議員、町会議員なのですが、男性も頑張ってはいますが、女性が圧倒しています。阿部さんの元秘書という経歴の人もいます。

 阿部さんの現住所、立憲民主党、そしてこれまで所属してきた社民党や民進党等の力もあったのかもしれません。でも、ほとんどは阿部さん個人の力でこうした年下の後輩たちを発掘して育ててきたのだということを、彼女/彼らの姿を見ながら感じたのです。

 こうした、「優れた」政治家集団を育てることはこれまでも行われてきました。自民党内なら「派閥」がそれですが、そうした集団を「優れた」という形容詞で飾るのには違和感がありますし、男性の「親分」が育てる手法は、ほぼ金と地位をばら撒くことだったのも常識でしょう。

 阿部さんの特徴は違います。政治的信念を曲げずに、どのような政党内でも忍耐強く人脈を作り自分の信念を少しずつではあっても着実に実現してきたことです。平和、福祉、人権、教育等の分野で、常に人間的な立場からの主張を続け、仲間を増やしてきたのです。さらに小児科医としての経験と、鋭い先見性、包容力等、知性と優しさで、22年掛かって自らの信念と実行力を引き継ぐ後輩を育ててきた阿部さんの力が、これからの政治家のモデルになることを確信しています。「女性の時代」とはこのようなプロセスを経て作られているのだということを実感しました。

 その事実を短く言い表すために、阿部知子は「大政治家だ」と敢て言ってみたいと思います。

 [2022/5/9 イライザ]

 [お願い]

文章の下の《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

広島ブログ 

広島ブログ

 

« 亀岡での講演でした ――「憲法9条守ろう亀岡の会」 は全国に先駆けて2004年から活動―― | トップページ | 良いお天気の京都散策 ――心が洗われる一時でした―― »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

平和」カテゴリの記事

日本政府」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 亀岡での講演でした ――「憲法9条守ろう亀岡の会」 は全国に先駆けて2004年から活動―― | トップページ | 良いお天気の京都散策 ――心が洗われる一時でした―― »

広島ブログ

無料ブログはココログ
2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31