« 「お礼参り」のススメ ――『的外れ』という本を読んで、友達に感謝―― | トップページ | 懐かしいドーナツ盤 ――当分は捨てられません―― »

2018年1月23日 (火)

『Wishful Thinking』 ――アメリカ流のユーモア――

Wishful Thinking

――アメリカ流のユーモア――

 

タイトルの『Wishful Thinking』は、私の好きな漫画集のタイトルなのですが、短い言葉でニュアンスまで含めてその意味を訳すのはちょっと難しい言葉です。直訳すると「夢想」です。「wishful」とは願いの度合いが大きいこと、つまり、「夢見るような」くらいの意味ですし、「thinking」は想いですから、「夢想」なのですが、この二文字だけで夢のようなことを自分勝手に願っている甘ちゃんの状態まで正確に描けてはいないような気がします。

 

それを、100ページほどの漫画で、自分も同じようなことをしていますよというメッセージとともに笑い飛ばしているのが、デービッド・サイプレス著の『Wishful Thinking』です。

 

                   

Wishful_thinking_20180122_18_18_07

         

コインランドリーでの「夢想」が表紙です

 

100枚ほどの漫画の中で、サイプレスの伝えようとしている「夢想」を一番よく表現しているだろうと思われるのが、第一ページ目の次の一枚です。

 

 

20180122_18_18_49

 

全てが、彼の頭の中の呟きなのですが、その意味をざっと訳しておきましょう。

 

郵便受けが叶えてくれていると好いんだけど~~。もう僕は完全に忘れてしまっている人からの手紙が着いていて、でも彼女は僕のことをずっと忘れられずにいる。もう一度会いたいだって。やがて僕は彼女と恋に落ち、結婚して一生、幸福に暮らすことになる~~~~

 

最近は、「あなたに100万ドルの遺産を贈呈します」のような詐欺メールもあるようですが、付け込まれるのは、この漫画のような「夢想」が結構あるからなのかもしれません。そんな世俗的な考えを捨て去るためには座禅やメディテーションが有効かもしれませんが、それについての漫画もありました。

 

20180122_21_25_09

 

こんな具合に自分を客観視することを教えてくれる漫画です。それもユーモアを通してですので、すんなり呑み込めるのがサイプレス漫画が好きな理由です。

 

 

[お願い]

文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

 

広島ブログ
広島ブログ

« 「お礼参り」のススメ ――『的外れ』という本を読んで、友達に感謝―― | トップページ | 懐かしいドーナツ盤 ――当分は捨てられません―― »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

言葉」カテゴリの記事

アメリカ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『Wishful Thinking』 ――アメリカ流のユーモア――:

« 「お礼参り」のススメ ――『的外れ』という本を読んで、友達に感謝―― | トップページ | 懐かしいドーナツ盤 ――当分は捨てられません―― »

広島ブログ

最近のコメント

無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー