「広島ブログ」

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2021年元日の平和公園 | トップページ | 「2021年度ヒロシマ平和カレンダー」完成に寄せて »

2021年1月 3日 (日)

違和感を感ずるオリヅルタワーからの映像

元日に平和公園を訪れ、対岸から原爆ドームを見た時、その右横に写るオリヅルタワーを見て、思い出したことがあります。

20210101_080750

昨年放送されたある番組を思い出しました。その番組は、11月30日に放送されたNHK広島放送局と広島テレビが今年何回か行ったコラボ放送の最後の回「被爆75年ヒロシマの記憶を伝える」です。

夕方5時台と6時台との2回に分けMHKで言えば「お好みワイド広島」の特別編として放送されたこの番組は、いくつかの被爆建物を訪ね、広島を考える内容でした。

「わたしもこの番組を見た」というひとも多いと思います。この時取り上げられた被爆建物は、現在広島市郷土資料館として活用されている旧陸軍糧秣支廠、宇品線もちょっとだけ映像が流れます。そして陸軍被服支廠、現在原爆ドームと呼ばれている産業奨励館、平和公園内にある改修工事を終えたレストハウス(当時の大正屋呉服店)、被爆建物ではありませんが、平和公園の下に眠る当時の街並みや暮らしです。

被爆建物の紹介には、初めて知ることも多く非常に参考になりました。例えば、「産業奨励館は、4角形に建てられているのではなく、正面と裏面は、カーブした状態で建設された。前を流れる元安川に綺麗な顔を見せるためにそういう設計がされた。後ろ(川と反対側)に廻って良く見るとそれを知ることができますよ」いう案内役の高田真さん(アーキウォーク広島代表)の話や原爆資料館の下から出土し保管されている被爆遺物の紹介などなどです。

資料館下から出た被爆遺物として映し出された「炭化したふすまの取っ手」を見た時、現在進んでいる平和公園の地下遺構保存予定地の貧弱な遺構が思い出され、本当にこの場所でよいのかと、考えさせられました。

20210102_102304

番組全体は、解説もわかり易く、参考になる古い映像や写真も多く使われており、豊富な内容だったと思います。2回に分けて放送されたすべてを録画して大切に保存しています。

私が、違和感を持ったのは、ライブ中継の会場としてオリヅルタワーの屋上が使用されていたことです。もともとオリヅルタワーそのものに疑問を持っていますが、そのことは別にしてです。

原爆ドームを消化する映像が流れる前に、オリヅルタワーの屋上に4人が並んでいる映像が映されました。

20210102_112432

すぐに画面が振られて「原爆ドーム」を上から眺める映像に画面が変わりました。

20210102_102718

この画面を観て、どう感じますか。私が感じたことは、上からの視線は、原爆を投下したエノラゲイに通じる視線ではないのかということです。アメリカ軍が映したといわれる原爆投下後のきのこ雲が沸き上がっている写真は、間違いなく原爆を投下した側からの視線です。そこには、地上で起きている生き地獄の景色を見出すことはできません。大事なことは、上からの目線ではなく、人々の目線の中で何が起きていたのか、その事実に向き合うことだとわたしは思っています。原爆の惨禍を伝える原爆ドームを上から眺めることは、私にとってはどうしても原爆を投下した側からの視線を感じてしまうのです。そう思うのは私だけでしょうか。

この違和感を持ったのは、今回だけではありません。これまでにもオリヅルタワー屋上からの映像を見る度に感じてきたことです。原爆ドームを上から眺め、そして平和公園を俯瞰できる映像ですから、メディとしては、使いたい場所でしょうが、ちょっと考えて欲しいことのように思います。

いのちとうとし

[お願い]
この文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。
広島ブログ

広島ブログ

 

« 2021年元日の平和公園 | トップページ | 「2021年度ヒロシマ平和カレンダー」完成に寄せて »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

番組を、見ておりません。原爆ドームで、印象に、残っています一枚の写真。二十年代??三十年代の前半でしょうか。周りに、高い建物が、無い、護岸も、昔のまま、被爆当時の、護岸の写真です。現在は、ドームが、周囲と、溶け込んでいます。青々とした、樹木が、あります。すっかり、周囲と、調和して、、。日常の自然、とに、違和感が、ありません。。怖さは、無いし、殺伐さも、ありません。 ある 番組 。 弘法大師、湧き水、井戸。。独鈷の話。独鈷杵で、、堀ったら、水が、湧いて出て来ました、と。。知りませんでした。自分は、独鈷を、地面に,突いたら、そこから、湧水。その様に、思っていました。独鈷で、掘るのですって。時代は、変わりました。槍で、掘れるものなのですね。。B29。.3機飛来.気象観測機、投下爆撃機、、撮影機。。北から飛来。。自分は、習っていません。広島・宇品が、軍港だから、原爆投下された,と、高校生が、番組で、話す。そうですか、宇品が、軍港ですか。陸軍艦艇はいた。輸送基地です。海軍艦艇のいない軍港が、あるのですね。要港を、軍港と、間違えた??高校生に、要港の知識は、無いと考えますが。

匿名希望さん
コメントありがとうございます。原爆ドームも以前とは、ずいぶん様子が変わったと思います。私が小学校の修学旅行修学旅で訪れた時には、まだ上の方が崩れ落ちるのではないかという状態だったように記憶しています。と言っても60年も前のことですから、記憶は定かではありませんが。
宇品港のこと、海軍の艦艇がいなかった場所という意味では、軍港とは言えなかったと思いますが、重要な軍事施設ではありましたよね。
この問題もそうですが、どう伝えていくのは、どう表現するのかは、本当に重要なことだと思います。確かに一般的には、高校生に、軍港の知識はないと思います。伝える側の責任が重いと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2021年元日の平和公園 | トップページ | 「2021年度ヒロシマ平和カレンダー」完成に寄せて »