「広島ブログ」

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「平和と愛(友情)のシンボル プラタナスの碑」-天満小学校の原爆の絵第6号碑 | トップページ | 5月のブルーベリー農園その4(東広島市豊栄町) »

2020年5月30日 (土)

金崎是原爆絵碑「あの日、この地で 閃光」-原爆の絵第7号碑

原爆の絵第7号碑は、西区福島町の福島生協病院の東側道路側に設置されています。

この絵碑には、「金崎是原爆絵碑」と作者の名前が付けられ、完成日は2005年8月6日です。

第7号碑の特徴は、作者の名前が付けられているとともに、添付されている絵は、最も多い10枚で構成されています。

Dsc_5974

右側の大きな台座に設置された絵は、真ん中に「消えた風景」と題する被爆前を描いた絵が縦に2枚並べられています。

Photo_20200529150901  

上側は、子どもの福島川の土手で遊ぶ子どもの様子が、下側は、当時のこの付近で日常的だったと思われる住民の生活風景です。被爆前の街の様子を描いた絵があるのは、ここだけです。

この絵の左右に、被爆直後の様子を描いた絵が、2枚ずつワンプレートにデザインされています。左側の2枚には、「火葬」と「逃げる」のタイトルがつき、当時の様子を記したキャプションがついています。

Dsc_5965

右側の2枚のタイトルは、「閃光」と「下敷き」です。

Dsc_5962

この2枚にもキャプションがついています。「下敷き」のキャプションには、「まっ暗闇の中で、気がつくと家の下敷きになっていて、腹の下でカアチャンと子供の泣き声がしました。息苦しく、倒れた柱の下で力の限りもがききません。声を限りに助けを求めました。」と書かれています。

モニュメント全体の左側部分には、独立した3つの台座に、それぞれ1枚の絵が付けられています。

この3枚の一番右の絵には、「ピカドン」のタイトルが付けられ、モクモクと立ち上る原子雲、その下に逃げ惑う市民の姿が描かれています。

Dsc_5958

左側2枚は、被爆後しばらくして起こった平和運動の様子を描いた「闘い」と戦後の発足した福島生協病院の様子を描いた「地域医療」の2枚が設置されています。

これらすべての作品を描いた金崎是(カネサキスナオ)さんは、被爆時28歳で「廿日市にあった宇品造船廿日市工場で勤務中に被爆。すぐに福島町の自宅に帰り、妻と子どもを探すため、己斐国民学校へ行き、惨劇を目撃。」(「広島原爆資料館平和データベース」より)という体験を持つ被爆者です。そして、その体験をもとに、1989年4月には、原爆絵本「天に焼かれる」が出版されています。

この原爆絵碑には、「天満神社(中区加古町)」と「宇品線、宇品駅のプラットホーム礎石」の2か所の被爆石が使われています。宇品駅のプラットホームについて、少し調べてみました。1986年に宇品線が廃止されて以降もプラットホーム縁石は残っていたようですが、2004年5月に南道路建設のため、一部をモニュメントとして残し、撤去されました。その時、「被爆者の描いた原爆の絵を街角に返す会」の土井さんたちが譲り受け保存されていたものが、この第8号絵碑の台座に使われてようです。昨日紹介した「プラタナスの碑」(第7号絵碑)は、2004年11月に完成していますので、「宇品駅の被爆石」が台座に最初に使われた可能性もあるのですが、明記がされておらず確認できませんでしたので、ここで紹介することにしました。

宇品駅のプラットホームについては、一度きちんと調べてみたいと思います。

いのちとうとし

[お願い]
この文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。
広島ブログ

広島ブログ

 

« 「平和と愛(友情)のシンボル プラタナスの碑」-天満小学校の原爆の絵第6号碑 | トップページ | 5月のブルーベリー農園その4(東広島市豊栄町) »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「平和と愛(友情)のシンボル プラタナスの碑」-天満小学校の原爆の絵第6号碑 | トップページ | 5月のブルーベリー農園その4(東広島市豊栄町) »