「広島ブログ」

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 新型コロナウイルス断想・その5 ――「基本再生産数」が鍵―― | トップページ | 5月のブルーベリー農園その1(東広島市豊栄町) »

2020年5月 7日 (木)

新型コロナウイルス断想・その6 ――コストはゼロのコロナ対策――

新型コロナウイルス断想・その6

――コストはゼロのコロナ対策――

 

マスクについて、Pueyo氏の論考を下にURLを貼り付けたサイトから紹介してきましたが、簡単に結論を要約すると以下のようになります。

https://medium.com/@tomaspueyo/coronavirus-the-basic-dance-steps-everybody-can-follow-b3d216daa343

 

  • 感染には、10μm以下のマイクロ飛沫が大きな役割を果していて、それは会話をしていても相手に広がる。そこに焦点を合わせないと感染対策にはならない。
  • しかし、そのマイクロ飛沫は、布製の手作りマスクを着用することで、口から外に飛散するウイルス量をかなり減らせる。
  • 基本再生産数を2.0と仮定すると、60パーセントの人が、効果60パーセントしかないマスクをしたとしても、理論上、感染のコントロールにかなり役立つ。
  • マスクを手作りする場合、目の細かい布の方が効果はある。違う材質の布を重ねる方が良い。そして何層にもすることも効果を増す。

 

ここで改めて、強調しておきたいのは、例えば布製のマスクを手作りする場合に、目の細かさや、材質、何枚か重ねることに効用について、公表されている科学的実験結果を元にグラフを作り、それを示してくれていることです。特に、マスクをする習慣にない人たちを説得する上では、このように事実を元にした説明が大切なのです。

たとえば、どの布を使えばウイルスをブロックする率が高くなるのかについては、次のグラフが役立ちます。

Photo_20200505202901

このグラフの元になっている論文は、アメリカ国立生物工学情報センター(NCBI)の中にある、国立医学図書館(NLM)が管理する「PubMed Central(PMC)」というデータベースに登録されているものです。まず、https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/journals/ をクリックしてそのサイトに入って、上にある二つの検索窓の内、左側はプルダウンメニューで「PMC」を選び、右側の窓には論文番号「7108646」を入力して、虫メガネをクリックすると、この論文が出てきます。2013年の論文でその結果からグラフの作られていることが分ります。

マスクの付け方についても、実験値を示して、隙間のないように装着することで効果に差の出ることを示しています。これもグラフ化しています。隙間がなければ、不織布のマスクではほぼ全ての粒子をブロックするのに対して、隙間があると、半分くらいしかブロックできないことが良く分ります。

Photo_20200505202902

Pueyo氏は、マスクについての結論として次のようなポイントを挙げています。

  • コロナウイルスは、咳をした人から2メートル以内に広がるのは勿論のこと、その他の広がり方にも注意する必要がある。歌を歌ったり、会話をすることからも広がる。それは、2メートル以上に広がることもある。
  • 多くの人は、自分が感染していることを知らないままに、他人にコロナウイルスをうつすことがある。
  • マスクを付けることで、既に感染している人の飛沫がマスクの内側に止まる。その結果、他の人に感染させることがなくなる。
  • マスクによって、健康な人が感染することを防げる。
  • どんな国や地域であっても、数日あれば、100パーセントの人が手製の布マスクを装着するようにできる。
  • 過半数の人が、ある程度効果の認められるマスクを装着すれば、それだけで、伝染を抑えることができる。
  • これは、一人の人、そして一つの国ができる最も安い対抗策の一つだ。
  • コストはタダで、こんなに大きな利益のある方策を「義務化」しない理由はない。

この中で、「一つの国」が出てきますが、我が日本国は「布製マスクを2枚配る」国です。チェコ共和国は、国民にマスク着用を義務化したのですが、国民は3日で1000万枚の布マスクを手作りしてそれに応えた上、トランプ大統領にも、同じことをしたらとツイートしている国です。次回はビデオを通して、この二カ国の対照的な姿を見てみましょう。

 [2020/5/6 イライザ]

 

[お願い]
この文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。
広島ブログ

広島ブログ

コメント

マスクは感染するのを防ぐより、他人に感染させるのを防ぐほうが効果的ということですね。
テレビなどのメデイアが、感染するのを防ぐことばかり報道してます。十分な手洗いをした後でアルコール消毒するのが良いと過剰で無駄なような防疫を言うから、医療現場に必要なアルコール消毒液が不足しました。
手作りマスクも感染するのを防ぐ効果は無いというより、誰もが既に感染している可能性があるのだから他の人に移しての感染拡大を防ぐ効果はあるともっ強く言ってほしいですね。
誰もが感染しているとなれば、感染者や医療従事者への中傷や非難は少なくなると思います。
マスコミは中傷としてますが、私は「差別」だと思ってます。
人は危機に陥ると本質が現れる言われますが、今の日本の状況は、「絆」とか「おもてなし」とか「ワンチーム」と言っていたのは幻のように感じます。
そしてこの「差別」が正義のようになって他人を排除し非国民扱いしているの見ると、この国が近い将来に戦争に至っても不思議でないように思います。
世界が目指し日本も使う効率化というのが富国強兵と重なります。

「やんじ」様

コメント有り難う御座いました。

感染の半数近くが、自覚症状のない人からのものですので、全ての人が「自分も感染している」という前提で行動することで、感染の半分は防げるということです。

http://kokoro2016.cocolog-nifty.com/shinkokoro/2020/05/post-83fada.html

感染した人を敵視することは許せません。何故、敵視するのかその気持が理解できません。そして自粛しない人たちの気持も分りません。だからと言って、「自粛警察」を自認してその人たちを敵視し、危害を加えることも許されません。敵はコロナウイルスなのですから。

« 新型コロナウイルス断想・その5 ――「基本再生産数」が鍵―― | トップページ | 5月のブルーベリー農園その1(東広島市豊栄町) »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コロナウイルス」カテゴリの記事

コメント

マスクは感染するのを防ぐより、他人に感染させるのを防ぐほうが効果的ということですね。
テレビなどのメデイアが、感染するのを防ぐことばかり報道してます。十分な手洗いをした後でアルコール消毒するのが良いと過剰で無駄なような防疫を言うから、医療現場に必要なアルコール消毒液が不足しました。
手作りマスクも感染するのを防ぐ効果は無いというより、誰もが既に感染している可能性があるのだから他の人に移しての感染拡大を防ぐ効果はあるともっ強く言ってほしいですね。
誰もが感染しているとなれば、感染者や医療従事者への中傷や非難は少なくなると思います。
マスコミは中傷としてますが、私は「差別」だと思ってます。
人は危機に陥ると本質が現れる言われますが、今の日本の状況は、「絆」とか「おもてなし」とか「ワンチーム」と言っていたのは幻のように感じます。
そしてこの「差別」が正義のようになって他人を排除し非国民扱いしているの見ると、この国が近い将来に戦争に至っても不思議でないように思います。
世界が目指し日本も使う効率化というのが富国強兵と重なります。

「やんじ」様

コメント有り難う御座いました。

感染の半数近くが、自覚症状のない人からのものですので、全ての人が「自分も感染している」という前提で行動することで、感染の半分は防げるということです。

http://kokoro2016.cocolog-nifty.com/shinkokoro/2020/05/post-83fada.html

感染した人を敵視することは許せません。何故、敵視するのかその気持が理解できません。そして自粛しない人たちの気持も分りません。だからと言って、「自粛警察」を自認してその人たちを敵視し、危害を加えることも許されません。敵はコロナウイルスなのですから。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新型コロナウイルス断想・その5 ――「基本再生産数」が鍵―― | トップページ | 5月のブルーベリー農園その1(東広島市豊栄町) »