2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 幟町国民学校―もう一つの被爆体験 | トップページ | 広島高裁、伊方原発の運転を差し止め »

2020年1月24日 (金)

広響フアン感謝デー

昨晩午後6時30分よりアステールプラザで、広島交響楽団のファン感謝デーが開催されました。私たちが会場に着いた時には、すでに多くの人が開場時間を待って長蛇の列でした。何人かの知り合いの顔も見えます。

ファン感謝デーですから、特別のプログラムで進行します。パートごとの紹介とパフォーマンスから始まりました。スタートはパーカッション(打楽器)。メンバーが紹介され、維持会パフォーマンス演奏。終わるメンバーの一人が、次のパート、チューバを紹介。ファン感謝デーということで演奏中以外の写真撮影が許可されましたが、最後部の座席でしたので遠すぎて写りが良くありませんが、雰囲気を感じてください。

Dsc_5150

楽器ごとのパフォーマンスですから、それぞれの楽器の音色を聴くことができました。最後は、バイオリンです。メンバーの紹介が終わると広響音楽総監督・指揮者の下野竜也さんが登壇。下野さんのパフォーマンスは、楽団員に背を向けて観客席に向かって指揮棒を振ること。当たり前のことですが、いくら一生懸命にタクトを振っても、楽団員は誰も演奏しません。いつもの演奏会では見られない、楽団員、和気あいあいのスタートです。

オリンピックの年ということでしょうか、最初の演奏曲は、黛敏郎作曲「スポーツ行進曲」です。

次の恒例のクイズコーナー「何の曲かわかるかな?」。今年は、少し趣向を変えてオーケストラでの演奏はなく、シキボウ振りだけ、楽団員のハミング、打楽器だけの演奏、最後はトランペットのみのパフォーマンスで、その曲名を当てなければなりません。あたりまえのことですが、私は全然わかりません。でもやはりわかる人がいるのですね。会場からは驚きの声と大きな拍手。「すごい」の一言です。しかし楽団員によるハミングの曲は、2度繰り返しましたが、誰一人手をあげる人がいませんでした。曲が難しかったのか、ハミングが下手だったのかの理由は不明ですが。

クイズコーナーが終わると再びオーケストラで2曲を演奏。その途中でパーカッショングループ4人が、指揮台前に出て来てボデーパーカッションを披露。ボデーパーカッションは、ことばのごとく体をたたいて拍子をとり音を出します。手で膝を叩く、両手を打つ、胸をたたくなどです。次の曲では、観客席も足踏み、手拍子のボデーパーカッションに参加。一体感が広がります。前半のオーケストラ・コンサートのアンコール曲は、ファン感謝デー恒例の「それいけカープ」。再び会場は、観客席の拍手と演奏の一体感で盛り上がります。

10分の休憩を挟んでの後半は、楽団員によるアンサンブル。パーカッション、金管五重奏、バイオリンの二重奏、木管五重奏団、そして最後は、「広響ファン感謝デー祝祭管弦楽団」による「みんなで演奏!」です。

Dsc_5164

曲は、ヨハン・シュトラウス:ラデツキー行進曲です。ステージ上には、事前に申し込みをした一般参加者35人がそれぞれ持参の楽器をもって登壇。広響もメンバーも日頃の楽器とは違う楽器で参加。指揮者の下野さんもトランペット奏者として参加。尺八もあります。ラデツキー行進曲は、手拍子を打つパートが繰り返し演奏されましたので、拍手がやむことはありませんでした。

2時間余りのファン感謝デーでしたが、演奏会とは違う雰囲気で楽しい時間を過ごしました。

いのちとうとし

[お願い]
この文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。
広島ブログ

広島ブログ

 

« 幟町国民学校―もう一つの被爆体験 | トップページ | 広島高裁、伊方原発の運転を差し止め »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 幟町国民学校―もう一つの被爆体験 | トップページ | 広島高裁、伊方原発の運転を差し止め »