2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 平和の種まき | トップページ | 原爆被害を改めて考える(2)―被爆者健康手帳の発行件数は?(その2) »

2019年10月 8日 (火)

原爆被害を改めて考える(1)―被爆者健康手帳の発行件数は?(その1)

広島への原爆投下による人的被害は、広島市・長崎市が、1976年に国連に提出した「核兵器の廃絶と全面軍縮のために―国連事務総長への要請―」によれば「直接被爆者の数は、軍人を含めて35万人から36万人おそらく4万人以上の軍人が直接被爆したであろう。軍人を除いた直接被爆者の数は、31万~32万人。194年末までの死亡者は14万人±1万人と推定される」となっており、その後この数字が、広島市の原爆被害者の人数として使われてきました。ただ私は、以前から、特に「死亡者14万人±1万人」という数字に、強い疑問を感じています。それについては、後でも少し触れますが、原爆被害の人数について、自分なりに検証してみようと考えています。今日はその第1回です。

Dsc_4308

私がそう思うきっかけとなったのは、夏の被爆74周年原水禁世界大会・長崎大会の分科会「在外被爆者と戦争責任」に、海外ゲストとして参加していた韓国被爆二世の会会長のイ・テジュさんの「広島で犠牲となった朝鮮半島出身者(イさんが配布した文書では、「韓国人」となっています)は、5万人うち3万人が死亡、生存者2万人でうち1万5千人が韓国に帰国した」という報告を聞いたことです。その場に、分科会の運営委員として参加していた私は、その数字を聞いて「多すぎるのではないか」とつぶやきました。その場で、この数字や私のつぶやきが問題になることはなかったのですが、後日同じ運営委員として同席していた静岡のSさんから「イさんの数字がおかしいと思うのだったら、イさんとは知らない中ではないのだから、きちんと話したほうが良いのでは」というメールが届きました。イ・テジェさんとは、お父さん「李康寧(イ・カンニョン)裁判」の最高裁判決を共に聞いたという旧知の関係ですので、当然話はできるのですが、その前に考えるべきことがあると思い、私はSさんの間で「多すぎると思って根拠」などについて何度かやり取りをしました。そして私が「それ以前に根本的な問題として考えていること」を最後のメールとして送りました。少し長いのですが、その一部をここで紹介します。

「それは、Sさんもお分かりのように、日本政府は、広島、長崎の原爆被害について、きちんとした調査を全く行っていないのです。国勢調査の時、ちょこちょこっと調べたことはありますが。その一番の証拠は、14万人±1万人という数字にも表れています。もちろん、この数字だって広島市が発表している数字にしかすぎないのですが。日本政府が発表した数字は全くないのです。さらに考えてみれば、14万人±ということの意味です。もしきちんと調査をしていれば(もちろん正確な数をはっきりさせることはできませんが)マイナスということはあり得ないと思っています。つまり一人ひとりの犠牲者を明らかにし、もしその数が14万人まで判明したというのであれば、それから先の数はプラスしかないはずだからです。私が言っていることは、わかりにくいかもしれませんが。こういう原則的なこと(きちんとした調査)を日本政府がやっていないのに、韓国で言われている数字に対して正しいとか間違いだとかを言う資格は、残念ながら私たちにはないと私は思っています。一番の問題は、事実が調査されないままに今もあることを問題にしなければならないというのが、私の考えです。先ほども言いましたように、どれだけ調査しても本当の実数を調べることはできないことは承知していますが、その努力の姿すら見えないことに怒りを覚えます。私自身は、そのことを言い続けてきました(もちろん国会の場でも)ので、韓国側の発表した数字のみをとりあげて、正しいとか間違いだとかいうつもりはありません。」

こんな経緯があり、「原爆被害の実相を考える」ために、私にも手掛かりになるもの見つけ出すことはできないだろうかと考え、思いついたのが「被爆者健康手帳の発行状況から被爆者数を考察する」ということでした。この方法によれば「手帳取得者」と限定はされますが、一人ひとり個人として、特定できた人数を確認できるのではないかと考えたからです。思い立ってすぐに、広島市役所の担当課を訪ねてみました。残念ですが、この手法には問題が多いことが分かりました、

その結果については、次回に報告します。

いのちとうとし

[お願い]
この文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。
広島ブログ

広島ブログ

 

« 平和の種まき | トップページ | 原爆被害を改めて考える(2)―被爆者健康手帳の発行件数は?(その2) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 平和の種まき | トップページ | 原爆被害を改めて考える(2)―被爆者健康手帳の発行件数は?(その2) »