2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 白島地区の被爆樹木を訪ねて―その1 | トップページ | 核廃絶運動は歴史的厳しさに直面している (7) ――憲法の復権と民主主義の再生が必要―― »

2019年9月30日 (月)

9月のブルーベリー農園その2(東広島市豊栄町)

9月は月末まで暑いが続いた。ブルーベリー畑に敷いている防草シートを畳み、伸びた枝の剪定を優先して、草刈りは後回し。下旬に残っていたブルーベリーの実を摘みとり、その一部を安芸の郷のcafeさくらで提供するブルーベリージュース用に納品した。10月の第一週くらいまでお客さんに提供できそうだ。

Photo_20190929212801

藁ぶき屋根にトタンを覆った農園の屋根越しの空は初秋なのに真っ青。9月16日(月)

Photo_20190929212802

摘みとりの終わったブルーベリー農園の作業は3段ある畑の防草シートをはがして畳むこと。(9月28日)

Photo_20190929212901

つづいて始めたのが伸びたブルーベリーの枝を切る秋剪定。(9月22日(日))

Photo_20190929212902

切った後は背が低くなる。そして、9月末までに剪定をすると花芽がついてくれるので実が摘みとりやすくなる。(9月26日(木))

Photo_20190929213001

枝はまだ生木なので剪定鋏に木の水分がついてねちゃねちゃとねばりついて鋏が開きにくくなるのでこまめに水でこすって洗う。(9月26日)

農園にあるブルーベリーの全部は切れないので9月末までにできるところまで剪定を続ける。

Photo_20190929213002

田んぼは稲刈りが終わり法面の草刈り、切って乾かした草を焼く煙がたなびく(9月26日)

Photo_20190929213003

秋剪定しながら、残っているブルーベリーの実を籠に入れる。少量でもヨーグルトに入れるとぱりぱりおいしく食べられる。(9月28日(土))

Photo_20190929213101

ヒガンバナ。今年は開花が遅かった(9月28日(土))

Photo_20190929213102

富有柿。ちょっと黄色くなってきた。(9月28日(土))

Photo_20190929213103

キツネノマゴ。畑の下草であちこちに生えている。とても小さい花。(9月29日(日))

2019年9月30日

社会福祉法人安芸の郷 理事長 遊川和良

[お願い]
この文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。
広島ブログ

広島ブログ

 

« 白島地区の被爆樹木を訪ねて―その1 | トップページ | 核廃絶運動は歴史的厳しさに直面している (7) ――憲法の復権と民主主義の再生が必要―― »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 白島地区の被爆樹木を訪ねて―その1 | トップページ | 核廃絶運動は歴史的厳しさに直面している (7) ――憲法の復権と民主主義の再生が必要―― »