2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 反核平和の火リレーの「火」安芸地区を走る | トップページ | 「核兵器禁止条約」の早期発効を求めるキャンドルメッセージ »

2019年7月16日 (火)

本逕寺の被爆樹木

わが家のマンションの玄関から道路を挟んで反対側にコンクリート造りのお寺「法華宗 松栄山 本逕寺」(中区大手町3丁目)があります。

Dsc_3582

先月中区公民館共催の被爆樹木めぐりで、本逕寺に被爆樹木があることを知りましたので、昨日訪ねてみました。訪ねるというより、ちょっと寄らせていただいたといった方が良いかもしれません。

本逕寺の裏手には駐車場がありますが、そこの管理をされている人が、以前から顔見知りでしたので、「被爆樹木はどこですか」と尋ねたところ、現場まで案内していただきました。

Dsc_3587

駐車場東側の小高くなった墓地の一角に2本の被爆樹木が並んで植わっていました。爆心地から980mの距離での被爆です。1本は、シロダモの木。もう1本は、というよりもう一株はといって方が良いかもしれませんが、ボタンです。

 Dsc_3571 Dsc_3570

シロダモは、地上部が焼けたようですが、そこから新しい芽が発芽し、立派な気に成長しています。根元をよく見ると、切り株と思える部分が目に入ります。シロダモは、この場所で被爆したそうです。

Dsc_3568

もう一つの被爆樹ボタンは、シロダモのすぐ東隣に植えられています。植えられているというのは、お寺の方に教えていただいたのですが、被爆したところから現在の場所に移植されたからです。こちらも元気な姿を見せていました。お話を聞いていると、ボタンは、株分けがされ墓地の別の場所の墓石の間2か所にも植樹され、元気に育っているとのことでした。

Dsc_3573

私もさらに墓地に入り、そのことを確認し写真を撮ってきました。どのボタンもしっかりと育っていますので、立派な花をつけるとのことでした。実は、この被爆樹のすぐそばには、立派なシダレザクラがあり、春の時期にはそれが楽しみで見に来ていましたが、来春からはボタンを見るという楽しみが増えました。

Dsc_3584

被爆樹木が植わっている小高い場所の北隣には、もう一つ珍しいものがあることも教えていただきました。水琴窟です。新しく作られたもののようです。この水琴窟は、小さな穴の周囲に水をまき、しばらくすると「キーン ピチャ」と澄んだ音が聞こえるようになっています。最初は、なかなか聞き取れなかったのですが、何度が水を撒くうちにようやく聞き取ることができました。きれいなその音色は、癒しとともに涼しさを呼び込んでくれるようでした。これからも何度でも訪れて楽しみたいと思います。

  いのちとうとし

[お願い]
この文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。
広島ブログ

広島ブログ

 

« 反核平和の火リレーの「火」安芸地区を走る | トップページ | 「核兵器禁止条約」の早期発効を求めるキャンドルメッセージ »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 反核平和の火リレーの「火」安芸地区を走る | トップページ | 「核兵器禁止条約」の早期発効を求めるキャンドルメッセージ »