消費者

2018年2月21日 (水)

コストコの近況  ――自然に駐車する車が増えています――


コストコの近況 

――自然に駐車する車が増えています――

 

「コスコ」のはずなのに何故「コストコ」という疑問については、昨年取り上げましたが、それと同時に駐車の仕方も気になっていました。

 

その後もコストコに行く度、駐車場に変化が生じているのか気にしていましたが、先日、私の見た範囲では変化が表れているような気がしましたので報告です。

 

                       

20180214_22_47_40

     

 

この写真から、3分の2の車が、前入れをしていると言う積りはありませんが、以前より増えている感じです。

 

さてこの日は、定番の何品かを補充しましたが、皆さんにもお勧めしたいのが、これです。

 

 

20180214_22_48_12

 

Kirklandはコストコの独自ブランドですが、そのプロセッコです。イタリアのスパークリング・ワインですが、爽やかな味で、日常的に食事と一緒に飲むのには手頃です。そして、コストコの素晴らしいところはそのコスパです。

 

 

20180214_22_48_48

 

勿論、お酒以外にも魅力的な商品が揃っています。今回の「成果」はざっと、こんなものです。

 

 

20180214_22_49_44

 

使えるカードが2月からマスターカードだけになったこと、会計のカウンターで、店員にカードを渡すのではなく、自分で機械に入れるようになったことなど、少しずつシステムが変っていますが、高い天井と圧倒的な物量など、短時間ですが「アメリカ」の雰囲気を味わえるのも魅力の一つです。

 

 

20180214_22_49_15_2

 

 

[お願い]

文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

 

広島ブログ
広島ブログ

2018年2月19日 (月)

「ティーパック」って何のこと?  ――間違いの元も分ったような気がしました――


「ティーパック」って何のこと? 

――間違いの元も分ったような気がしました――

 

最近は紅茶でも緑茶でもコンビニでボトルを買うのが手軽で良い風潮になっていますが、家で飲むとなるとやはり急須ということにもなります。とは言え、やはり簡単なのはティーバッグです。

 

           

20180212_17_27_17

                 

 

でも、今回は紅茶ではなく緑茶のお茶っぱがなくなったので、スーパーで買うことになりました。お茶の「葉」を買う積りでしたが、ティーバッグでも良いかなと思い棚を見て吃驚です。

 

 

20180212_17_30_02

 

ずらっと並んでいるのは、みな「ティーパック」なのです。「グ」ではなく、濁らない「ク」なのです。値札の方も「ティーパック」です。これほど日本語が乱れてしまったのか、絶望的な思いに駆られたのですが、良く見ると、正しい表示もありました。

 

20180212_17_33_29

 

値札の方は混乱していますが、まだ「ティーバッグ」は生き残っています。

 

「バッグ」は片仮名の日本語として定着しているはずですので、なぜこんな混乱が起きるのか不思議だったのですが、近くにあったお茶の「パック」売りの表示で、何となく原因が分ったような気がしました。

 

 

2_20180212_17_27_58

 

ティーバッグが20袋入っているのが、1「パック」あるいは1「本」ということで、それを二つ買うと安くなるということなのですが、別の書き方をすると、「ティーバッグのパック」二つで安くなる、になります。言い難いのと、短くしたいという理由で、「ティー(バッグの)パック」の真ん中を省略すると「ティーパック」です。別に誤用に至った理由まで考えなくても良いのですが、腹立ち紛れの頭の体操です。

 

でも、パックで売っていることが大事なのではなく、内容がティーバッグということのはずですから、これくらいは内容がきちんとわかる表記にしておいて欲しいですね。

 

とは言え、似たような言葉ですので、間違え易いことは分ります。口直しにお茶でも飲んで、このところスピードの出始めた仕事に戻りましょう。

 

 

[お願い]

文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

 

 

広島ブログ
広島ブログ

コメント

ただ単に、濁点が嫌いなのかもしれません。
だって「よりどり」も「よりとり」になってますから

ティーバッグを使う人は少なくなったのでしょうか。
もしかして、バッグと書くと「なんで鞄?」なんてネットで批判されるかもと企業が思っているのではないでしょうか。
パックだと、パック詰めの商品が増えてますから、お茶の葉を一杯づつのパック詰めで抽出もできる商品という意味にした方が無難だとかではないでしょうか?
今の若い人には受け入れやすいと。

「⑦パパ」様

コメント有り難う御座いました。

なぜ「ティーパック」なのか、いろいろな可能性を考えて楽しみましょう。

確かに、濁点嫌いという可能性はありそうですね。

と言ってすぐに、自説にこだわるのは変なのですが、「よりどり」は大きくすると、濁点らしきものが付いています。

「やんじ」様

コメント有り難う御座いました。

鞄と「バッグ」は同じものという認識は強いと思っていたのですが、「バッグ」ではなく「バック」と濁らない人も多くいますので、これは、⑦パパ説と併せて一本でしょうか。

2018年2月17日 (土)

ソフトバンクのスーパーフライデー  ――吉野家の牛丼度が無料でした――


ソフトバンクのスーパーフライデー


――吉野家の牛丼度が無料でした――

 

噂には聞いていましたが、ソフトバンクユーザーには、吉野家の牛丼がタダになるのです。先週の金曜日、29日の朝10時から夜の10時まで、吉野家の牛丼がタダで食べられるというクーポンを受け取りました。今週16日のクーポンも届きましたが、これは先週の報告です。

 

               

20180209_22_32_35

             

 

20180209_22_51_30

 

夕食にはちょっと早かったのですが、この後の原水禁学校に元気で出席するため、吉野屋に寄りました。

 

 

20180209_22_33_26

 

時間が時間だったので、「持ち帰り」のラインは超混雑していました。皆さんクーポンを利用しています。私は、カウンターに座って、牛丼の並を注文。お新香とみそ汁も追加しました。

 

 

20180209_22_33_56

 

久し振りの吉野家の牛丼、美味しかったですし満腹しました。

 

でもこんな出血サービスをして、ソフトバンクも吉野家も採算が取れるのでしょうか。恐らく大丈夫だと思います。「持ち帰り」の注文をしていた人たちは、クーポン+アルファが多かったようでした。5人家族なら、一人分あるいは二人分くらいはクーポンを使っても、残りはその場で支払うのですし、普段は吉野家に来ない人が足を運んでいるとすると、かなりのプラスになるはずです。

 

そして、話題性がありますので、マスコミも取り上げ、吉野家の大ファンとまではとても言えない私まで、こうして吉野家のPRをしているのですから、全国的にはかなりのPR量になるはずです。

 

沢山の人がハッピーになって、しかも仕掛けた側の利益にもなる、こんな企画がもっと増えると良いですね。

 

 

[お願い]

文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

 

広島ブログ
広島ブログ

2018年2月16日 (金)

Hewlett Packard の神対応  ――今でも続いているようです――


Hewlett Packard の神対応

――今でも続いているようです――

 

ウォンツ (Wants) の神対応を経験し、その後、電気温水器で時間も神経もかなり消費しましたので、そう言えば昔から有り難かった神対応が結構あることを思い出しました。これもシリーズで報告したいと思いますが、最初は、ヒューレット・パッカード社 (HPと略します) のプリンターです。

昔から、HPの科学技術者向け携帯計算機は理工科系の学生や学者には必携でしたので、「信頼」という点では群を抜いていました。1990年初め、事務所で使うパソコンが必要になって、秋葉原まで格安品を探しに行ったことがありましたが、その際投げ売りされていた「PC Boy」という聞いたこともない名前のパソコンの箱を開けてみると、HPOEMとして製造していたことが分り、その場で買ってしまったほどです。

 

ですから、プリンターも長い間HP製を使っていました。全く問題はなく、綺麗な印字ですし、小規模ビジネスのためには、理想的だと思えました。問題が起きたのは、15年くらい前でした。突然プリンターが動かなくなってしまったのです。早速サービスセンターに電話をしました。そこからは迅速かつ丁寧で、こちらが恐縮してしまう程でした。


 

Hp_20180215_23_01_38

                             

 

 「明日中に、当面使って頂く代替品を送ります。その宅配便業者に故障したHP製品を渡して下さい。弊社に付き次第チェックをしてどのような対応ができるのかを連絡します。」ということでした。長くなるので敬語は省略しましたが、大変丁寧かつ無駄のない対応でした。

 

 そして、次の日には同じ型のプリンターが届きました。故障したプリンターは宅配業者に渡しました。届いたプリンターは全く問題がなく使えました。インクも付いていましたので、こちらの出費は全くありませんでした。

 

 二三日して、HPから連絡がありました。「故障したプリンターは、保証期間中ですので新品と交換させて頂きます」、とのことでした。故障機の代替機として送って貰い今使っているプリンターの調子が良いので、これをこのまま使っても良いのですが、と率直な感想を述べましたが、代替機はあくまでも代替機で、その用途のために使うことになっているので、これから送る新品を使って欲しい、その方が弊社としても安心できるので、ということでした。代替品が届けられたときと同じように、今お使いの代替品は、新品を届ける宅配業者に渡して欲しいとのことでした。

 

 新品が届き代替品を渡して、それからこのプリンターは全く故障なしに次の機種に変えるまで約5年活躍してくれました。

 

 それから、新機種に買い替えたりしましたが、未だにHPファンです。そして、その後は故障もなく使い勝手にも満足しています。HPには申し訳ないのですが、インク代はかなりの額になりますので、純正ではないものを使っています。正真正銘の「ファン」としてはあるまじき行為ですが、背に腹は代えられませんし、それでもプリンターは問題なく動いてくれています。

 

 

[お願い]

文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

 

広島ブログ
広島ブログ

2018年2月15日 (木)

電気温水器の不具合  ――予感が当ってしまったようです――


電気温水器の不具合

――予感が当ってしまったようです――

 

随分寒くなっていた昨年12月末に、電気温水器の凍結予防について取り上げました。凍結して欲しくないからなのですが、予防対策は万全でした。つまり、外の配管には凍結防止ヒーターを取り付け、温水器本体の凍結防止のためには、取説に従って、浴槽に入った後のお湯をそのまま、追い炊きなどはせずに残しておくことで、5Cより気温が下がるとそのお湯 (その時点では水と言った方が良いと思いますが) を循環させて凍結を防ぐという装置も起動するはずでした。

 

それでも話題にしたかったのは、「予感」があったからなのかもしれません。

               

20171222_11_27_36

             

 

今年一番の寒波、何年振りの寒さといった形容詞が付くほど、あまりにも寒すぎたせいだとしか思えないのですが、あるいは配管に取り付けたヒーターの力が弱かったのかも知れませんが、極寒の日にお湯が出なくなりました。ただし、キッチン、洗面所、シャワーはお湯が出て普通に使えます。

 

この温水器は、住宅と一緒についてきたもので、エネルギアとのリース契約になっています。メーカーは三菱です。早速電話をして先ず分ったことは、キッチン、洗面所、シャワーへの給湯は一つにまとまった系統で運転されていること、そしてそれとは独立して風呂への給湯と循環のシステムがあることでした。そして、こんなトラブルの際には、必ずコミュニケーションの問題が生じて、大きなストレスの元になるのですが、今回は、より大きな問題の風呂を使えるかどうかの方が緊急ですので、その他の点は割愛です。

 

結局、三菱の温水器担当の業者さんが来てくれることになったのですが、その前に、かなりの日照時間があり、温水器にも陽が当りましたので、風呂と温水器をつないでいる管が解凍しているかもしれないと思い、試しにスイッチを入れてみました。幸いなことに、お湯張りがスタートしました。

 

三菱温水器の担当者が到着して温水器を点検してくれましたが、お湯張りのできなかった原因は、温水器と風呂とをつないでいる二本の管に凍結防止ヒーターが付いていないこと、また、その部分の断熱材が薄いことでした。そのことをエネルギアまで報告してくれましたので、後日、凍結防止対策をして貰う事になりました。当分の間は、暫定措置として管の外側に暫定的な追加の断熱材を付けること、そして夜間にこの二本の管が凍結しないよう、寝る前には一度、この管にお湯が通るようにすることくらいを試してみようと思います。

 

 

[お願い]

文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

 

 

広島ブログ
広島ブログ

2018年2月 4日 (日)

「ウォンツ」の神対応  ――財布を忘れたことはなかったのですが――


「ウォンツ」の神対応 

             

Photo

               

――財布を忘れたことはなかったのですが――

 

長い間に習慣になっていて、何も考えなくても自動的にこなしている「ルーティーン」って、誰にでもかなりあるはずです。朝の洗面所でのルーティーン、机に座って仕事を始めるまでのウォームアップ、得意な料理を作る前準備等々、人によって多種多様なものがあると思いますが、私の場合、とても助かっているのが外出時に身に付ける小物の選択です。

 

昔友人からプレゼントされた小さいトレイに必要なものを全て置いてありますので、外出時にはそれを身に付ければ、忘れ物をすることがないのです。財布、時計、ハンカチ、名刺入れ、鍵、ペン、メモ帳、老眼鏡、小銭等ですが、目の前のものを取れば良いのですから簡単です。

 

 

20180202_10_52_16

 

でもそれ以上に大切なのは、帰宅時に、身に付けていたものを全部そのトレイに戻すことなのだ、とまでは思いが至りませんでした。それはつい最近の「大失敗」の結果、認識することになりました。風邪のせいでぼんやりしていたのだと思いますが、前日トレイに戻していなかった物があったのです。次の日、何時もと同じようにトレイにあるもの全てを身に付けて外出しました。買い物をする段になって、財布のないことに気付いて大パニックになりました。

 

家に戻って探したのですが見付かりません。その日、最後に買い物をしたのはウォンツ(Wants)でしたので、夕方でしたが、店まで行って「財布の落し物が届いていないか」を問い合わせました。「落し物の届けはありませんが、念のため防犯カメラの映像をチェックしましょう」ということで、昼過ぎに買い物に来たことと、どのカウンターで支払いをしたかを伝えました。

 

10分後、戻ってきた係の方から説明がありました。「1230分頃、お客様はそちらのカウンターで支払いを済ませています。その後、財布は左の内ポケットにお仕舞いになっていることが確認できました。」

 

落し物の届けがないという段階で、それ以上のことをする責任はウォンツ(Wants)にはないはずですが、防犯カメラの録画をチェックしてくれたことは、「神対応」としか言いようがありません。その結果、私の行動が再確認でき、財布は家の中にしかありえないことも分りました。

 

もう一度家中を徹底的に探して、財布は見付かりました。ベッドのマットレスとヘッドボードの間の隙間から床に落ちていました。

 

ウォンツ(Wants)まで巻き込んでしまい、家人にも心配をさせた原因は、身の回り品トレイに財布の載っていないことを認識できなかったからです。これは、ルーティーンに慣れてしまった結果の見落としかもしれませんし、老化の一部としての視力の低下のせいかもしれません。でも風邪による身体機能の低下が大きいのだと思っています。

 

 

20180202_10_52_50

財布の載っていないトレイですが、違いに気付きませんでした

 

でも、ウォンツ(Wants)の神対応を経験できたことで、(そして財布が見付かったことも勿論ですが)、「爽やかな」気分になってしまったのは、あまりにも身勝手過ぎるでしょうか。

 

 

[お願い]

文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

 

広島ブログ
広島ブログ

2018年1月19日 (金)

広島駅で迷子になる ――バス乗り場案内のせい?老化のせい?――


広島駅で迷子になる

――バス乗り場案内のせい?老化のせい?――

 

記憶力が減退しているせいなのかもしれませんが、このところ何回か、駅の「案内図」が不親切だと感じる経験をしました。

 

一つは、JR三ノ宮駅です。新神戸からJR神戸駅まで行きたかったのですが、地下鉄で三ノ宮まで行ってそこからJRに乗り換えるのが良いということは分っていました。さて、JR三ノ宮駅でどの電車に乗り換えるのかで困りました。JR神戸線に乗れば良いところまでは問題なかったのですが、どちら行きに乗れば良いのかが分りません。片方は、西明石行きです。もう片方は、京都行きです。ホームの案内板には、「神戸」という文字が一切見付かりません。神戸が京都と明石の間にあることは知っているのですが、三宮の位置までは、関東の人間には分りません。

 

仕方がないので、取り敢えず入って来た電車に乗り込んで、車内の路線図を見て判断したのですが、遠くから来た人のためには「神戸」という文字がどこかにあっても良いのではと思いました。下の写真は、ネットから拾いましたが、元町と灘とどちらが神戸の方向なのかが分らない人のための案内が、他の場所にも見付からなかったのです。

 

               

Photo

             

 

でも、実際にはそんな案内はどこかにあって、私の視力が落ちてきているために見落としただけなのかも知れません。とにかく事前に調べておくことが解決策だと考えて、この件については忘れていたのですが、広島駅前のバスの案内図を見て、案内板を作る人たちには乗客の立場があまり伝わっていないのかもしれないという可能性もありそうですので、この稿を起すことにしました。

 

最近、広島市内に出るのには基本的に車に依存していますが、JRを使い、その後は路面電車かバスを使うことも多くなりました。今日はバスで、ホテルサンルート広島を目指していました。家人からは24号線のバス、吉島行きに乗るのが一番便利だと聞いていたので、その乗り場を探しました。

 

バス乗り場の前には、大きな案内板が二つありました。その一つのイメージ図です。その時点では、苦労することは考えていなかったので、写真は撮りませんでしたが、大体こんなイメージです。

 

Photo_2

 

「乗り場」と「バス路線」は違うという前提で見れば良かったのですが、これだけ見て早とちりしました。「24」と書いてある乗り場、つまり東郵便局前まで行ったのですが、何か様子が違います。元に戻って良く見ると、もう一つ案内板がありました。それはこんなイメージです。

 

 

Photo_3

 

ホテルの中には、目的のホテルサンルート広島は入っていません。仕方がないので、バスの路線番号を上から辿って、3番乗り場であることを見付けました。でも、もう少し親切な案内があっても良いのでは、というのがそのときの率直な感想です。それは、路線番号別に分けて、○○号線のバスは何番乗り場から乗れる、というリストです。大雑把ですが、イメージとしては次のような感じです。

 

                                               
 

路線番号

 
 

行き先

 
 

主な停車地

 
 

乗り場

 
 

1

 
 

広島へリポート・マリーナホップ

 
 

()

 
 

1

 
 

2

 
 

イオンモール

 
 

()

 
 

16

 
 

2

 
 

県庁

 
 

()

 
 

17

 
 

(数行略)

 
 

 

 
 

 

 
 

 

 
 

24

 
 

吉島

 
 

()

 
 

3

 

 

 

バスを良く利用している人なら、乗り場の番号も知っているでしょうし、そもそも何回か乗っていれば、乗り場番号は知らなくてもそちらに足が向くでしょう。でも、初めて利用する人、それが大人でも子どもでも、誰かに教わるのは恐らく、「○○号線の××行きのバスに乗って、ドコドコ停留所で降りる」ではないでしょうか。私のように迷って、それもつい最近そんな経験をした人以外、乗り場番号まで覚えていてそれを初心者に教えられる人は少ないように思うのですが、如何でしょうか。

 

もっとも、ここで私が経験したことは、個人的に記憶力・視力・判断力の低下が主な原因なのかもしれません。となると次には、我が家に帰れないのは、町の角々に我が家を示す矢印が貼ってないからだと、言い出しかねません。その前触れでないことを祈っています。

 

 

[お願い]

文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

 

広島ブログ
広島ブログ

コメント

いつも24号線に乗っていますが。
平和公園へ案内するときに
3番乗り場のどこかに
「平和公園行きあるいは経由」
と表示があれば
どんなに楽なのかといつも思います。
せめて英語表記も。
バスのなかで
「次は平和公園」、と英語でアナウンスしても
乗れていなくては何の役にも立たないです。

「緩和ケア薬剤師」様

コメント有り難う御座いました。路面電車の停留所の外国語表記には随分前から取り組んでいるのですから、もう少し頑張って欲しいですね。

神戸駅って影薄いですよね。神戸の中心はなんといっても三宮なので、どこに行くにも三宮経由が多くて、神戸駅ってほとんど行ったことがありません。

広島駅の南口のバス乗り場の案内図はとてもわかりにくいですね。
私も以前に経験しました。あの案内をみて乗り場に行き、たまたまそこにいたバスの乗務員さんに尋ねたら、正しい乗り場を教えてくれました。
昔に、会社の先輩に言われたことがあります。
何かの説明をするのなら、その辺にいるおばさんを読んできて説明して理解してもらえないもいけないと。
あの案内図を、広島を知らない人が見て理解できるかといえば、全く理解できないでしょうね。
理解している人しか理解できなのは、案内には不適格ですね。
駅の案内にも、次の駅名だけでなく○○方面という記載も欲しいですね。
広電でいえぼ、宇品港行きの1番と5番を乗り間違える他県の人は少なくないですね。

「影武者」様

コメント有り難う御座いました。

「神戸」という案内はあまり見かけなかったのですが、「新神戸」は致るところにありました。ですから、神戸駅から新神戸駅までは問題なく行けたのですが、「逆は真ならず」でした。

「やんじ」様

コメント有り難う御座いました。

そうなんです。路面電車の宇品港行きも、一番と五番の違いは、知らない人には分りませんね。

そうは言っても、かつて乗ったことのあるニューヨークのバスは、お釣りのない金額ピッタリを払わないと降ろして貰えませんでした。(親切な人が乗っていて、25セント貨幣をくれたので降りられましたが。) それに比べると、少々の不親切は我慢できます。

2017年12月30日 (土)

2017年に買って良かったもの ――多過ぎるので、厳選の5品目――


2017年に買って良かったもの

――多過ぎるので、厳選の5品目――

 

毎年、いや毎日、色々なものを買っていますが、生活必需品が多いので、「これを買って良かった」とその度に考えることもほとんどないのですが、折角の年の瀬です。一年を振り返って、今年買って良かったものをリストして見ました。

 

ところが、ドライブ・レコーダーもあれば、ルーターの中継器もあり、とにかく多過ぎて収拾が付きません。とにかく頑張って5品目に絞ってみたら、何とかまとまりました。

 

 一番目は、日記帳です。買ったのは去年だったのかもしませんが、とにかく一年間、頭の整理と認知症予防のため大活躍をしてくれました。

 

         

20171210_16_55_33

                   

 

 二つ目はワイヤレス・チャイムです。下の写真がドアベル・送信機です。自発電方式ですので、電池がいりません。

 

 

20171229_13_04_05

 

左側がワイヤレスのドアベルですが、有線のドアベルを取り外す手間もかなり掛りますので、そのままにしました。そして、受信機はUSBから電源を供給するようになっていて、屋内に複数個置くことができます。これは二階に置いてある受信機です。

 

 

20171229_13_01_54

 

冬は各部屋のドアや襖を締め切っていますので、リビングに設置してあるインターホンの音が二階まで聞えません。先月、夜8時頃になって、御近所に住んでいる宅配業者の方が、大きな声で窓から呼び掛けてくれて届け物だということに気付き、同時に、ドアベルの音が聞こえていないことも認識できました。その対策として、ワイヤレスチャイムを導入したのですが、これでドアを締め切っていても郵便や宅配便配達の際のドアベルが聞えますので、ストレスが減りました。

 

 三つ目は、屋外用物置です。庭や家の周りの清掃や整理のための何でも入りますので、とにかく見た目も心もスッキリしました。

 

 

20171229_13_03_23

 

 四つ目はエビスビールです。夏は「The Hop」、冬は「和のつむぎ」です。

 

20170703_17_41_11

 

20171229_13_02_22

 

 そして最後は、「亀齢辛口純米八拾」です。精米は80パーセント、つまり削ってしまうのは2割ですが、杜氏の西垣さんの工夫で、とても美味しくかつ価格もお手頃のお酒になったとのことです。酒好きの友人から強く勧められました。

 

 

80_20171229_13_01_13

 

来年はどんな買い物をするのか楽しみですが、基本は節約そしてコスパを上げること。良い買い物、そして清々しい生活のできることを祈っています。

 

[お願い]

文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

 

広島ブログ
広島ブログ

コメント

アマゾンで年間10万円以上買う人はAmazonゴールドカードを持った方が得だと聞いて申し込んだところです。

「金」様

コメント有り難う御座いました。

アマゾン・ゴールド・カードはお得なようですが、審査が難しいとも聞きました。良い結果になることを祈っています。

良いお年をお迎え下さい。

2017年12月23日 (土)

電気温水器の凍結防止 ――浴槽の残り湯が必要?――


電気温水器の凍結防止

――浴槽の残り湯が必要?――

 

田舎住まいだと都市ガスは使えませんので、ガスを使うならプロパンガスですし、全部薪でという訳にも行きません。一番横着なのは電気ということになり、風呂場や台所のお湯も電気温水器のお世話になります。

 

熱効率、環境への負荷等、問題はありますが、新築ならともかく価格まで考えるとこのくらいの妥協は必要です。もっとも夏場はクーラーなしで過せますので快適ですし、冬の室内暖房は石油ファンヒーターですが、最近のモデルはずいぶん進化していますので便利に使っています。

 

でも特に今年の冬の寒さで、水道管の凍結、そして温水器の凍結にも注意が必要になりました。外に出ている配管には凍結防止ヒーターを取り付けて貰っていますので、問題はありません。

 

               

20171222_11_28_17

             

 

でも、温水器の本体の方の対策も必要なはずです。断熱はしてあるはずなのですが、かなり大きいものが外気に触れているのですから。

 

 

20171222_11_27_36

 

引っ越した時に説明は受けていたのですが、改めて「取説」で確認です。

 

20171222_11_30_21

 

「入浴後、排水せずにおふろのお湯を残しておくと自動で残り湯を継続的に循環して凍結予防を行います」と書いてあります。そして、下の図には、どのくらいの量のお湯を残しておくと自動的に循環するのかの説明があります。保温のための運転はしないで、単にお湯を循環させるということだという説明もあります。

 

この通りに、お湯を残しておいたのですが、それは、お湯を残しておかないと凍結防止のメカニズムが起動しないと思い込んでいたからです。でも、今回、この「囲み」の下にある「ポイント」まで丁寧に読んで吃驚です。

 

 

20171222_11_30_45

 

上から3行目「浴槽に水がない状態でも凍結予防運転は作動する」と書いてあるではありませんか!!!!

 

良く読むと、取説の中に、浴槽にお湯がないと凍結予防運転はできない、とは書いてありません。でも図まで示して、浴槽アダプターの中央から10センチの深さでお湯を残しておくように、という指示があれば、お湯がないとこの機能は使えないと思いますよね。

 

そして、誤って、あるいは普通に浴槽のお湯を流してしまった場合、寒い日ならもう一度浴槽に湯を張るでしょう。つまり、必要ない場合にも浴槽にお湯を貯めるように仕向けられているとしか思えません。それは余分な電気代が掛るということなのですが、何もそこまでして電気を使わせなくてもと思うのですが―――。

 

最後にもう一点。浴槽に次の日までお湯を残しておくと、ついつい節約のために「追い炊き」しようという気になりますよね。でも、浴槽内の細菌数はすごく増えているはずですから、健康面からも問題視すべきなのでは? その点についても、細かい字で「注意してある」から大丈夫ということなのでしょうか?


20171222_11_30_45_2

 

[お願い]

文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

 

広島ブログ
広島ブログ

コメント

昔の給湯器は凍結防止のために水抜き頑張れあったと思います。でも最近の給湯器は、温度センサーで自動で暖めて凍結を防止してくれますから便利ですね。
その凍結防止には、電気だと熱線を使いガスだとガスを使うようですから、それなりのコストはかかるのでしょうね。
それを残り湯を使うのなら、ポンプの作動だけの電気代だから安いのではないでしょうか。
お風呂の残り湯で洗濯される人には、一石二鳥ですね。
お風呂の雑菌が心配なら、24時間風呂の電気器具なら殺菌処理もします。
冬は冷たい水からお湯を沸かすから光熱費が高くなるので、もしかしたら残り湯を使う24時間風呂の電気器具の方がコストは安いかもしれませんね。
ところで、私は風呂の残り湯が水洗トイレで使えれば、下水道代が安くなるのになと思ってます。

節電同様、トイレの節水性能も上がっており、かつては一回で20リットル使っていたものが、6年前に付けた我が家の「超節水トイレ」では6リットル、今では3リットルというものまであるようです。

また、シャワーだと1分あたり数リットルくらいですが、浴槽だと2-300リットル使いますから、日本では残り湯の有効利用は重要ですね。

「やんじ」様

コメント有り難う御座いました。

取説の説明が矛盾していて、浴槽にお湯を残しておかないと、凍結予防運転はしてくれないのかが、大疑問だったのですが、ネットに答がありました。

お湯が残っていなくても「ふろ自動運転」のスイッチが切れていれば、凍結予防運転は始まります。でも、残り湯があるかないかをモニターしているようで、残り湯がないと、その時点で、凍結予防運動が止まるということらしいです。

「一度だけは作動」の「一度だけ」をネグってしまったので、意味が分らなくなったのだと思います。

取説の書き方については、80年代頃、市場がグローバルになった時、さんざん議論したはずなのに、未だに理解不能なものが出回っていることが不思議です。

「工場長」様

節水、節電どちらも大切ですが、水道料金と電気料金を比較すると、電気料金の方が高いのが普通のような気がします。我が家がそうだからそう思うだけなのかもしれませんが。でもその結果、電気料金節約優先になるのでしょうか。

しかし、恐らく工場長さん宅では、水道料金の方が高いのですよね。

2017年11月29日 (水)

成功の秘訣 ――自作システム手帳です――


成功の秘訣

――自作システム手帳です――

 

そろそろ年の瀬ですが、来年のカレンダーやシステム手帳を選ぶ時期でもあります。

 

かつては、どんな仕事をするにもカレンダーや電話帳、住所録、そして仕事の締め切りリストや「今日片付ける仕事」等をメモしておける手帳は必需品でした。システム手帳として大流行した時もありました。今では全部スマホ一丁で済んでしまうのですから便利な世の中になりました。

 

しかし、かつての仕事の仕方を振り返ることで意外な発見があるかもしれません。御参考までに、私の使ったシステム手帳です。一つは既製品なのですが、Knoxbrainです。背広のポケットに入る「スリム」という形のものですが、大きさはA6のスリムで、今使っているiPhone 6Plusとほぼ同じ大きさです。

 

           

20171128_21_16_05

                 

 

これも便利だったのですが、やがて自作のシステム手帳を使うようになりました。A4判の26穴ルーズリーフノートです。

 

 

20171128_20_36_16

 

鍵は自作の「Things to Do」です。

 

Things_to_do_today

 

Do」は勿論、実際に体を動かすことを示していますし、「Write」は、本気で書くものを指しています。Faxが残っていますが、多かったのはやはり電話とメールです。「Strategy」は考えること、長期的な取組等です。組み合せは他にもあると思いますが、4つくらいが頭の整理にはピッタリです。それと、各項目が動詞であることで、自然に体が動きます。「どうしよう」と考えている隙を作らないページです。

 

このページの日付を先の日にちにしておけば、予定表にもなりますので便利でした。ルーズリーフの残りのページは、罫線なし、方眼紙、罫線等、何種類かを揃えておいて用途に従った使い分けをしました。と言っても、その日の気分で使いたい物を使えたのが、一番のメリットかも知れません。

 

懐かしさが先に立って、これからどう役立てようかにまでは頭が回りませんでしたが、このシステム手帳を使っているときには、とにかくバリバリ仕事をすることができました。

  

[お願い]

文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

 

広島ブログ
広島ブログ

より以前の記事一覧

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28