福祉

2017年4月30日 (日)

4月のブルーベリー農園

         4月のブルーベリー農園

 

4月の農園の農作業は剪定や草刈りが中心だが春が呼んだ植物も生き物が変化にとんだ景色を見せてくれる。

 

 

4月のブルーベリー農園のまわりで出会った生き物たち。

 

Photo

 オスのキジ(写真左上)。この農園が彼の縄張りでしきりに「ケーン」と鳴く。メスを呼んでいるのだろう。(411日)

 

Photo_2

 ブルーベリーの木にとまるアマガエル。(422日)

 

Photo_3

 ハコネウツギの葉にとまるイトトンボ。脱皮して間もないのかほとんど動かない。

 

Photo_4

 鯉のぼり。こちらは人の作った景色。(422日)

 

 

23日午後、農作業の合間に息子と農園の周囲を散歩した。

 

Photo_5

 農園の前の道路沿いに小さな祠が2か所ある。そのうちの一つの境内に建ててある石碑の文字に目が留まった。「牛馬神御加護」昭和9年建立とある。農家にとって大切な牛馬だったことがうかがえる。「いちにちいっぱいよもぎのなかにはたらいて」にはじまる宮沢賢二の詩集「春と修羅第2集」にある「馬(作品第123番)」の詩を思い出した。この詩の最後の部分。馬は亡くなり土に埋めて「ぼろぼろ土を落としてやって みんなもぼろぼろ泣いてゐた」で終わる。ブルーベリー農園の作業を始める頃に出会った詩で今も折に触れて読み返すと気持ちが引き締まる。(423日)

 

Photo_7

 そして、現代は田んぼの代掻き(しろかき)も牛馬でなく石油を燃料にしたトラクターで行う。写真右端の山すそがブルーベリー園。(423日)

 

Photo_8

 麦畑。麦秋にはまだ早い。写真左の息子の頭の上の杉林の左右がブルーベリー園。(423日)

 

Photo_9

散歩の後はひたすらブルーベリーの剪定。(423日)

 

Photo_10

若葉とヤマザクラ(423日)

 

Photo_11

ブルーベリーの畑の下に咲くレンゲ(429日)

 

Photo_12

早生のブルーベリーの花が咲き始めた。ミツバチもあちこちで飛んでいる。収穫と安芸の郷への納品が始まる6月まであと少し。(429日)

 

2017429日 

 

社会福祉法人安芸の郷 理事長 遊川和良

 

[お願い]

 

この文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

 

広島ブログ 広島ブログ

2017年4月23日 (日)

森の工房AMA クマバチなど

     森の工房AMA クマバチなど

 

障害者が日中働く場、森の工房AMAと第2森の工房AMAの建物の屋上には建物の工事で出た土をそのまま上に上げてブルーベリーの畑にしている。厚さは30センチある。サクラの開花が終わって4月中旬からブルーベリーの花が満開となるのでクマバチやクロマルハナバチたちがやってくる。

 

Photo

14日の様子。

 414日天気も良くて森の工房AMAの庭にクマ蜂が今年もやってきた。縄張り争いが厳しく侵入するほかのクマ蜂はしつこく追いかける光景がこの時期。

 

Photo_2

 

② 早生の系統の北部ハイブッシュ(ウエイマウス)は花の口が開いて受粉の準備が整っているが、

Photo_3

 

 ③ 同じ場所に植えてある晩生のラビットアイ系の花はまだ口を開いていない。

Photo_4

19日の様子

森の工房AMAの屋上のブルーベリーの晩生のラビットアイ系の花が満開。

Photo_5

 

20日の様子

 ブルーベリーの剪定作業(毎年遅れる)をしているとクロマルハナバチに出会う。忙しく蜜を吸い受粉をしてくれる。ともに仕事モードでミツバチと妙な連帯感を感じたりする。

 

Photo_6

 

 ② 受粉が終わると花が落ちて結実した小さな実が顔を出す。(左上にひとつ)

ミツバチが来ないとブルーベリーの実はできないし、収穫時に長雨が降ると実が摘みとれないし、いろいろ栽培管理をしていても最後は自然まかせ。昨年はミツバチが少なかったが今年はちょっと期待している。

Photo_8

 

③ 草も伸びてきたので第2森の工房AMAの駐車場の草取り。フェンス沿いに数十種類のジャーマンアイリスがずらりと植えてある。

Photo_9

背丈の低いアイリスが第2森の工房AMAの庭に咲き始めた。名前はリベッティング。

 

2017422日 

 

社会福祉法人安芸の郷 理事長 遊川和良

 

 

[お願い]

 

この文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

 

 

 

広島ブログ 広島ブログ

2017年4月15日 (土)

森の工房AMAのサクラの様子など

        森の工房AMAのサクラの様子など

 

安芸の郷の最初に建てた建物「森の工房AMA」は200310月に知的と精神の障害者の皆さんが通所する事業所として安芸区矢野東にオープンしたが、建設時に大きめのサクラの木を8本植えた。他にも敷地の周辺に大きなサクラの木があったので開所の翌年からサクラを満喫できる環境が整っていた。今年の開花の前半は雨続きだったが、12日ころから満開となった。

 

Photo

48日は安芸の郷の3つの事業所(森の工房みみずく・あやめ・やの)と2つの家族会と3つの事業所で活動するボランティアグループの皆さんがお昼に集まって恒例の花見。集まった160名を超える参加者はあいにくの霧雨でやむなく森の工房やのの食堂と作業室で宴をはった。弁当の後で参加者の自己紹介、そしてグループ対抗のゲームで楽しむ。

 

Photo_2

 

外のサクラは薄墨色。

 

Photo_11

9日は曇り。森の工房AMAの隣の原爆養護老人ホーム「おりづる園」では紅白幕を張ってホームの利用者の観桜の場を毎年しつらえる。

 

Photo_10

 

11日。ヤマザクラは散り始め赤色の葉と桜色の混ざり合う姿に変化。

 

Photo_4
12日からやっと青空がのぞいて満開のサクラが映える。右下の建物はおりづる園。

Photo_6 

12日の午後おそく森の工房AMAの入口のサクラの下で風に舞うサクラの花びらを追いかけたりして楽しむ親子ずれ。右の建物が安芸の郷の2つ目の建物「第2森の工房AMA」。

 

Photo_7

13日。ソメイヨシノも若葉が伸びてくる。

Photo_8

 

13日森の工房AMAの塔屋の周囲のサクラの満開が続く。

 

Photo_9

 

サクラの他にも庭のフリージアは満開でスノードロップはもう終わりかけ。

 

森の工房AMAのサクラは数種類あり、4月末に満開を迎えるサクラが1本あるのでまだしばらくはサクラに囲まれて利用者は働きつづける。

 

 

2017413日 

 

社会福祉法人安芸の郷 理事長 遊川和良

 

[お願い]

 

この文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

 

 

広島ブログ 広島ブログ

2017年3月31日 (金)

3月のブルーベリー農園

             3月のブルーベリー農園

 

3月は標高が約400mある農園は雪がなくなり景色にあまり変化はない。それでも地面が緑色にだんだんおおわれてくる。田んぼは作っていないが、周辺ではトラクターで土を耕起して田植えまで太陽と空気を吸わせていて田がデコボコした様子になっている。ブルーベリーは主な作業は剪定だが油粕の肥料の施肥や、枯れたブルーベリーの植え替え、ブルーベリーの枝の野焼きなども行う。昨年夏に安芸の郷に収めたブルーベリーの実は冷凍されて、ジャムや冷凍の実を選別して1キロ単位で販売しており、目にいいのとおいしいとの評判で地域の方々が森の工房AMAの事務所やcafeさくらに買い求めてお見えになる。写真は326日撮影。

 

Photo

ブルーベリー園の畦や法面には草が生えてきてうっすらと緑の色をのせる。

 

Photo_2
ブルーベリーの剪定作業が続くが毎年5月にずれ込む。今年もそうなりそう。

 

Photo_3

剪定作業でまじかに見るブルーベリーの花芽(ラビットアイ系ウッダード)。伸びた枝の花芽がつきすぎなので5~7つ位にとどめると実が大きくなる。

 

Photo_4

農園の入り口の道沿いにスイセンが植えられている。たくさんの花芽が上へ上へと伸びている。

 

Photo_5

伸びきってから首をかしげていよいよ口を開くのだが、3月のブルーベリー農園の様子はここまで。ちなみに品種はラッパズイセン。

 

Photo_6

このスイセンも種を飛ばしてあちこちのブルーベリーの中に進出している。植物の移動スピードというものがあるが、農園に散らばっている場所からして10mから30m位の範囲に移動している。年数にして15~6年というところ。

 

Photo_7

3段あるブルーベリー園が見渡せる小高い山すその畑に植えているジャーマンアイリスも葉っぱが伸びてきた。

 

Photo_8

その周りにはオオイヌノフグリがびっしりと咲く。(319日撮影)

 

Photo_9
庭の花壇のヒヤシンス。花数は少ないが毎年咲いてくれる。

 

Photo_10

庭の白色の馬酔木(アシビ)。25日に安芸区船越の障害者の会の行事で宮島にいったが厳島神社や千畳閣周辺の馬酔木は薄いピンク色だった。ブルーベリー園の畔に植えているサクラはまだ咲かない。4月半ばだろう。

 

 

2017326日 

 

社会福祉法人安芸の郷 理事長 遊川和良

 

[お願い]

 

この文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

 

広島ブログ 広島ブログ

2017年3月24日 (金)

点字プリンターと点字カラオケ ――日本テレソフトとカラオケ館高田馬場2号店に拍手――  


点字プリンターと点字カラオケ

――日本テレソフトとカラオケ館高田馬場2号店に拍手―― 

 

このブログでは、しばしば外務省批判をしていますが、今回は外務省も (つい、「たまには」と入れたくなってしまうのですが) 良い仕事をしていることの報告です。昨322日に、外務省からODA白書が発行されましたが、その中に、次のような記事が載っています。

 

               

Oda

             

 この点字プリンターを開発、製造して世界で販売しているのが「日本テレソフト」という会社です。私の友人が社長を務めていますが、気骨のある正義漢でしかも幅広い分野の人々との交流があり、時代を先取りできる素晴らしい能力の持ち主です。

 

以下、日本テレソフト社のホームページからの抜粋を中心に、同社の活動を紹介します。

 

まずODA白書には、日本テレソフト社による「セルビア国の視覚障害者団体を支援した草の根ODAが紹介されました。点字プリンターが同国の教育の向上などに貢献し、有意義に活用されているという内容です。日本テレソフト社では、同様の海外支援の取り組みを、ベトナム、ドミニカ共和国、グレナダ、南アフリカなど数カ国で行い、いずれも高い評価を受けています。」

 

Photo

点字プリンターの一つです

 

このプリンターの特徴は、画面にもあるように、点字と墨字の両方を同時印刷できることです。しかも静かな点が「売り」です。点字は物理的に凹凸を付けることが「印字」になる訳ですから、ある程度の速さを確保しようとすれば当然、音が出ます。その音がうまくコントロールできていないと、教室や事務室で使うのにはうるさ過ぎますので、高度の技術が必要なのです。となるとコストが高くなるのですが、それも合わせて良い製品として完成したところが、世界的に評価されています。

 

もう一つ、日本テレソフト社の製品で私のお勧めするのが「点字カラオケ」です。カラオケの歌詞は、最近は画面に表示されますが、視覚障碍者には利用できません。そこで、カラオケの機械とパソコンそして点字ディスプレーをつないで、画面の歌詞を点字に翻訳し、それを点字ディスプレーに表示する装置を開発・製作したのが日本テレソフトです。

 

2


広島市もこの機械を購入して、無料で貸し出しをしています。窓口は「(社)広島市視覚障害者福祉協会(電話・ファクス 082-249-7177)」です。

 

カラオケボックスでは、高田馬場のカラオケ館高田馬場2号店 (☎ 03-5155-2458) が導入しています。ここで実際に体験をした方の感想が点字毎日に掲載されています。是非、お読み下さい。

 

 

Photo_3

クリックすると文字が大きくなります

 

この点字カラオケを、ロスアンゼルスの展示会で、スティービー・ワンダーが実際に使ってくれました。自分の歌を点字でチェックして、「素晴らしい」とコメントしてくれたというエピソードもあります。

 

世間的にはあまり知られていませんが、日本テレソフトもカラオケ館高田馬場2号館にも大拍手を送りたいと思います。そして、世の中、多くの分野でこのような地道な取り組みをして頑張っている人や企業、団体等がもっともっとあるのだろうと思います。その全ての皆さんにも拍手です。

 

 

[お願い]

文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

 

広島ブログ
広島ブログ

2017年3月21日 (火)

彼岸入りの森の工房AMA・第2AMAの花

    彼岸入りの森の工房AMA・第2AMAの花

 

安芸の郷の3つの事業所は18日から20日まで3連休で、利用者も職員もお休みだが、森の工房のAMAと第2AMA2つの建物の庭では春の花がいろいろ咲いている。

 

Photo_2

 

彼岸の入りの3月19日日曜日の朝の第2森の工房AMAはひっそりとしているが、春に咲く花をあちこちに見ることができる。一回りしてみると、

 

Photo_3
caféさくらの庭の鉢植えのトサミズキ

Photo_5

 

庭に入ると真ん中あたりの利用者の花壇にスイセンがたくさん。背丈の低い矮性のラッパズイセン。

Photo_6

さらに進む白いとニホンズイセン。これは頂き物で昨年春に植えたもの。中区の江波からやってきた。

 

Photo_7

その隣の庭の一部を畑にしている。玉ねぎの葉がどんどん伸びる。

 

Photo_8

庭の右の一番端っこの隅のミモザ。この時期になると一輪一輪打ち上げ花火のようにぱっと開く。

 

Photo_9

建物の山側の庭にはツバキがあって

Photo_10
ブルーベリーの挿し木の苗床が並べられている。ぼつぼつと芽が伸びる。画面の奥にミモザが見える。

 

Photo_11

一回りしてcafeさくらの入口に鉢植えのツバキ。

 

Photo_12
森の工房AMAの庭の二本のサンシュは植えて14年目。春は葉が出る前に花の咲く花木が利用者の目を和ませてくれる。

 

 

2017319日 

 

社会福祉法人安芸の郷 理事長 遊川和良

 

 

[お願い]

 

この文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

 

 

広島ブログ 広島ブログ

2017年2月28日 (火)

2月のブルーベリー農園


2月のブルーベリー農園


安芸の郷は2つの建物の屋上と、近隣の農家の休耕田で栽培しているが、それでは足りないので東広島市豊栄町のブルーベリー園と提携して夏の収穫時期には摘み取りの研修を行っている。冬から春の農園はブルーベリーの剪定作業が続いている。この作業で実の大きさと樹勢のコントロールを行うことができる。

 

P2115831

211日の農園。雪がしっかり残っている畑の剪定作業。寒そうだが陽がさすと結構暖かさを感じることができる。

 

P2125850

212日。青空を背景に膨らんできたブルーベリーの花芽を時折眺めながら黙々と枝を切る。

 

P2195933

219日。畑は雪がすっかり溶けた。剪定したブルーベリーの枝を片づけるため、作業の合間で野焼きをする。

 

P2256070

225日。ブルーベリーの枝先の花芽が赤く色づくので園全体がもやっーとした色合いになる。

 

P2256073

226日。キジのオスと出合う。田んぼからブルーベリー園をゆっくり横断していった。(写真真ん中のあぜ道にいる)

 

P2266098

226日。ブルーベリーの先端まで3m位ある(ラビットアイ系ティフブルー)。たくさんの枝に花芽がついている。実がなると弓状にたわむので摘み取るときに手は届く。今年は花芽が多い予感。あとはミツバチ次第。

 

P2266101

足元のシュートを200本くらい切って3種類別にくくった。ブルーベリーの増殖は挿し木で行うので安芸の郷に提供して苗木を栽培して販売するのが目的。

 

春の息づかいのする景色を探す。

 

P2266093

 もぐら塚。地面のそこから暖かくなって外に出てつくる穴。土が盛り上がったりしているところもある。(226日)

 

P2266095

 枯葉を取り除くとクリスマスローズの花が顔を出す。(226)

 

P2256063

 伸びてきたラッパズイセンの葉とオオイヌノフグリの花。(225日)

 

2017226日 

社会福祉法人安芸の郷 理事長 遊川和良


[お願い]

文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

広島ブログ
広島ブログ

2017年2月20日 (月)

利用者流のグランドゴルフと早咲きの桜


利用者流のグランドゴルフと早咲きの桜

 

 

知的の障害者の皆さんは毎週月曜日から金曜日まで安芸の郷の運営する森の工房AMAと第2森の工房AMAで働いている。昼休みの1時間は給食を食べた後で、一つの広い作業室や食堂、庭で過ごす。利用者の過ごす場所と一緒に遊ぶグループはほとんど決まってくる。その一つ第2森の工房AMAでは、外で遊ぶ利用者のグループでホールインワン狙いを楽しむグランドゴルフがある。

 

P2085804

始めはルール通り一つのゴールポストだったが、今は自分たちでゴールポストを取り出して4つ並べてどれかに入ればいいルールで楽しんでいる。

 

P2085801

ゴールの手前には歩道があるがそんなことは頓着なしで程よい距離優先らしい。

 

P2085803

入った! だめだった! の繰り返しで15分前にはゲーム終了して片づけて、午後の作業につく。彼らのなかで自然にこういう形になった。当分続きそうだ。(28日撮影)

 

P2185907

矢野東2丁目にある安芸の郷のある場所までJR海田市駅から徒歩で20分~25分くらいだ。駅の構内にある早咲きの桜の様子。(2月18日撮影)

 

P2045747

242~3分咲きから

 

P2185910

218日には7~8分咲きになっている。撮影中ほかのカメラマンに声をかけられた。テレビで紹介されたのできたとか。花の名前を聞かれたが、緋寒桜か河津桜のどちらかだろうがよく分からないと答えておいた。

 

  

2017218日 

社会福祉法人安芸の郷 理事長 遊川和良


[お願い]

文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

広島ブログ
広島ブログ

2017年2月 6日 (月)

節分・豆まき・もう桜の開花

          節分・豆まき・もう桜の開花

 

知的と精神の障害者の皆さんを日中支援することを行っている安芸の郷は、安芸区矢野東2丁目に森の工房AMAと第2森の工房AMA2つの建物がある。利用者の皆さんはそこで働いているが、ここでは折々の季節の行事も取り入れることも大切にしている。2月に入るとまずは節分があり、立春がやってくる。

001

節分の前日の2日には節分を意識して生活介護サービスを利用する皆さんは、週2回午後からの自由活動の時間を利用して鬼のお面作りをしたりして楽しむ(森の工房やの・生活介護のみなさん)

 

002

23日の節分当日の朝の会終了後利用者と職員の中から豆をまく年男、年女に豆をもってもらって、みんな外に出てから職員の合図で鬼に向かって豆をまく。利用者が作った鬼面をかぶるのは前の年の年男と年女が演じる。(森の工房AMAの庭)

 

003

終わるとラジオ体操が始まるが、まだ余韻があって他の利用者が段ボール箱の鬼をかぶって鬼のポーズをとっている光景も見られた。

 

004

鬼が並んでいた後ろの正面の3枚の大きなガラス戸。左右の戸の衝突防止はプリズムに加工したクリスタルガラスで、入った光は、

 

005

地下の階段のコンクリートの壁に虹が投影される。2月の光の輝きは12月や1月より明るい。

006

お昼の給食には、10粒位の大豆が添えられた。

007

安芸の郷の利用者の通所の送迎バスは毎日JR海田市駅にも停車している。3日に会議で市内に出かけるためJRを利用したのだが、海田市駅の名物の桜が咲き始めているのを見たので、翌日の4日に見に行った。

 

008

早咲きの桜は2分咲き位。姿は見えないがメジロのさえずりが聞えてくる。これからゆっくりと咲かせ3月初めが満開になる。

 

009_2

この桜は子どものころから見てきた。幹の大きさからして8月6日の原爆投下の時の爆風と原子雲を見たのかもしれないが詳しくは分からない。

 

 

201726日 

 

社会福祉法人安芸の郷 理事長 遊川和良

[お願い]

 

この文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

 

広島ブログ 広島ブログ

2017年1月31日 (火)

1月のブルーベリー農園


1月のブルーベリー農園

001_2
 安芸の郷が提携しているブルーベリーの果実は東広島市豊栄町の農園で栽培されている。左の山が板鍋山。115日の日曜日にたくさんの雪が降った。29日のブルーベリーの畑は3段あるがまだ所どころ雪が残っている。久しぶりに農作業だが雨なので作業はできない。

0012
 山のブルーベリー園はまだ数センチの雪が残っている。手前のたんぼは稲刈り後に、もう田の鍬起こしが終わってこれから太陽をたっぷり浴びて地力が回復するのを待つ様子。

002_2

小雨がしとしと降る中、畑と山の農園を巡回。雪に埋もれた電気柵のワイヤーも直す。気温が高いので雨のしずくがブルーベリーの枝にきらきら光る。

003_2 

花芽は少しずつ膨らんでいく。

004_2

農園を一回りして今度は家の周りの片づけ。木小屋に雪がどさっと落ちて戸が倒れたりしている。壁まで落ちた重い雪を取り払い、雪道を作り、戸を立てかけてひとまず応急処置をした。母屋は茅葺屋根にトタンをかぶせた構造なのでいつも雪が一気に落ちてくるのだが、今回はガードが甘かったようだ。

005
 雪かき中に見えた景色。木小屋の裏手の石垣沿いに埋もれた雪の間から顔を出すナンテンの赤い実。

006
 雪かきの作業が終わって戸締りをして帰る。家の屋根に雨どいがないので玄関前の軒先に音もなく雨だれがおちる。

007
 庭のツバキの花芽。咲く準備は順調。光の2月がやってくる.

 

 

 2017年1月31日 

 社会福祉法人安芸の郷 理事長 遊川和良

 

[お願い]

 この文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

広島ブログ広島ブログ 

 

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31