住まい・インテリア

2017年3月 8日 (水)

一石二鳥のWi-Fi中継器 ――簡単過ぎて拍子抜けしました――  



一石二鳥のWi-Fi中継器

――簡単過ぎて拍子抜けしました―― 

 

引っ越しに伴い、テレビのアンテナ端子の増設については報告した通りですが、実際に住み始めると、引っ越し前には気付かなかったことが沢山出てきました。


その一つが、ルーターからの距離です。ルーターそのものは、二階の東端の「書斎」においてあるのですが、家人は一階の西端でテレビを見たり仕事をしたりすることが多いのです。「対角線」上、ルーターから一番遠いところですので、iPhoneにはWi-Fiの電波が届きません。

 

まずは、ルーターの位置を5メートル動かして家の中央に移すことで問題はなくなりましたが、書斎の床はLANコードで一杯。引っ掛かるとLANコードがルーターから抜けたり、抜けなくても足が絡まったり、不便で仕方がありません。

 

ルーターそのものをもっと強力かつ最新機能の付いているものに変えることも考えましたが、もう一つ、中間に中継機を設置して、増幅された電波を一階の東端に届ける方がコスト的にもベターだろうと思い、価格ドットコムやアマゾンでの評判を調べてみました。結果は次の製品です。

                  

Photo

           

 もっと安いものもありましたが、電波の強度と有線LANのポートが付いていることから、これを選びました。

 

コンセントにつなげて、親機のWPSボタンを押し、こちらのWPSボタンを押すと自動的につながります。

  

Photo_2

緑のボタンは下から電源、イーサネット、ワイヤレス信号、2.4Gそして5Gです

 

一度接続されると、SSIDは親機のものに変りました。下の写真は一階西端の部屋でのiPhoneの画面です。アンテナは3本立っています。

 

Iphone_20170307_17_16_37

 一番時間が掛かったのは、家の中のどのコンセントを使えば、一階の西端に電波が届き、居間のRegzaテレビにも近いところになるのか、という組み合わせの最適解を求めての試行です。結局、親機の真下、一階の居間に中継機を置き、そこから有線でテレビにつなぐ、また無線で一階の西端につなぐという組み合わせで上手く行きました。

 

これまで、有線で一階から二階までつないでいた煩雑さがなくなり、また、一度接続した後は、中継機の電源が入ると自然に親機とつながることも分りました。全くトラブルなく、二つの問題が解決しましたので、初期不良には泣かされてきた経験を元に心の準備をしていた身としては、ちょっと拍子抜けの感さえあるくらいです。

 

 

[お願い]

文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

 

広島ブログ
広島ブログ

2017年2月22日 (水)

引っ越し当日です ――荷物の一部は別の場所で保管して貰っています――  


引っ越し当日です

――荷物の一部は別の場所で保管して貰っています――  

 

引っ越し当日です。朝から一日掛りになりました。とは言え、かなりの時間は今住んでいるところ、つまり引っ越し元からの荷物の運び出しです。役割分担で、そこは家人が仕切りました。マンションですので、エレベーターに乗らないものもあり大変だったようです。でも前回ここに引っ越してきたときのことを覚えていてくれたプロもいて助かりました。

 

そこを出発できたのがようやく午後2時頃。それから市内の某所に寄って当分要らない家財道具を降しました。一二年は保管して貰う積りです。

 

それがようやく終わって最後に「新居」です。でもここが一番時間は取らなかったようで、5時少し前から6時頃まででした。日が長くなったので助かりました。

 

いつもの迅速丁寧な仕事振りを見せてくれたのは、中国トラックの皆さんです。

                    

20170221_20_34_54

         

 

棚の組み立てもあっという間でした。

 

20170221_20_35_33


そして、家中、引っ越し荷物で足の踏み場もありません。

 

 

20170221_20_36_28

 

今夜これから箱を全部開けて、タンスやクローゼット等に収納するのは不可能です。数日掛けてようやく落ち着くことになるはずです。

 

でもやはり疲れました。早めにお風呂に入ってゆっくり休みたいと思います。

 

 

[お願い]

文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

 

広島ブログ
広島ブログ

コメント

引越、たいぎいですよね。
頑張ってください。

「⑦パパ」様

コメント有り難う御座いました。頑張ってます。大変ですが、あと一二回は引っ越ししそうです。

2017年2月16日 (木)

初期不良品に良く当ります ――「新しい物」好きだからでもありますが――  

2017216日アップ

初期不良品に良く当ります

――「新しい物」好きだからでもありますが――  

 

Regzaテレビの外付けHDDに録画した番組をブルーレイ・ディスク(BD)に落して保存するために、同じく東芝のブルーレイ・ディスク・レコーダーを買いました。ちょっと予想外な点もありましたが、その報告は、前にさせて頂きました。


Regza

 

その後少し経って、もう一つのトラブルが発生しました。テレビの外付けHDDに録画した番組をレコーダーのHDDにダビングするには、まずLANケーブルを使って、ルーター、テレビ、レコーダーをつないでネットワークを作らなくてはなりません。(こんなに面倒臭いことをいちいち利用者にさせる大企業の姿勢が大問題だと思いますが、その点も含めて前回、いろいろなコメントを頂きました。)

 

しかし、突然、このネットワークが切れてしまい、レコーダーが画面に現れなくなってしまったのです。パソコンでも良くあることですので、LANコードをレコーダー側の端子から一度抜いて再度差し込み、もう一度確かめるときちんと認識してくれました。

 

しかし、それでも数時間経つと同じ現象が起きてしまい、これは、LAN端子に問題があると思って、東芝のコンシューマー・マーケティング・センターに持ち込みました。症状を説明したのですが、端子の不具合ではなく、基板かもしれないと言われました。相手はとにかく専門家ですので、修理を依頼しました。

 

1週間で修理が終り、基板を交換したので大丈夫だろうとのことでした。しかし、症状は全く変りません。つまり、問題は基板ではなく他の箇所だということなのですが、新品を買って、製造元が初期不良個所を特定できず、そのため消費者が無駄な時間を費やすなどということは理屈に合いません。レコーダーそのものを新品に替えて欲しいと強く言って帰ってきましたが、それから3日してようやく新品との交換が許可になりましたという電話があり、それから5日経って代替製品が手に入りました。

 

そして今のところ、全く問題なくレコーダーは動いています。基板など替えずに最初から新品と交換してくれれば、東芝側も私も大いなる時間の節約になったはずなのですが--。

 

 

Regzatv

黄色がレコーダーです。ネットワークにつながっていて、認識されていることを示しています。

 


でも、これはまだましな方で、太平洋を跨いで送られてきたコンピュータが初期不良製品であったため苦労したこと等、話せばキリがありません。「何故こんなに初期不良品に当るの」と家人には呆れられています。「新しいもの」好きで、まだバグが残っているものを買った場合、初期不良品に当たる確率が高いのも一因なのですが、新しくないものでも良く当ります。そんな経験を、と言うより「愚痴」でしょうか、をまたの機会にお聞き頂くことになるかもしれません。「楽しみにしていて下さい」とは言えませんが。

 

 

[お願い]

文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

 

広島ブログ
広島ブログ

コメント

基盤を変えると判断したのは、他にも同じ症状のクレームがたくさんあり、基盤を変えたら治ったという処理結果があったからだと思いますが。
そうでなく、とりあえずの適当な処理だったのでしょうか?
私も買ってすぐに不良になった事がありますが、大抵は新品と交換してくれました。
最近では、iPhoneが新品と交換になりました。
こんな対応をしているから、今の東芝があるような感じがしますね。

「やんじ」様

コメント有り難う御座いました。

東芝ですが、「コンシューマー」と名前が付いていても、「お客様」として大切にするという姿勢ではなく、「工場」の意向の方が大切で、そこのマニュアル通りに接客しているという感じでした。

対照的な経験もあります。初期不良ではないのですが、例えばヒューレット・パッカード社は、電話一本で、故障したプリンターを取りに来てくれました。その時に「当面これを使って下さい」と、同じ型の代替品を持ってきてくれましたので、全然不便はしませんでした。二日後に、新品に取り換えるという電話がありましたので、今使っている代替品でも良いですよ、と言ったところ「とんでもない、新品を送らせて頂きます」ということで、換えて貰ったものは全く問題がありませんでした。

ネット社会の到来において象徴的な出来事として「東芝クレーマー事件」があり、ユーザー対応では「生まれ変わった」はずの東芝ですが、それでも原発を扱うことから生まれた隠蔽体質と補助金頼みの経営は致命的だったようです。
我が家にもいくつかの優秀な東芝製品があるだけに残念です。

しかし初期不良は新しもの好きで使いこなしている人の宿命とも思います。

「工場長」様

コメント有り難う御座いました。

東芝のダイナブックも持っているのですが、キーボードが故障したときは、先ずヤマダ電機に持って行ったのですが、そこでは解決できず九州にある東芝の工場に修理に出してくれました。その時の対応は全く問題がありませんでした。

大手業者への対応と一消費者への対応では違いがあるということなのかもしれません。

2017年2月11日 (土)

テレビのアンテナ端子を増設  


テレビのアンテナ端子を増設  

 

そろそろ、入学や転勤などで引っ越しの季節が始まりますが、わが家でもその準備を始めました。その一つが、テレビのアンテナ端子の増設です。これまではテレビを置いていなかった部屋でテレビを視ることになりましたので、その部屋までアンテナからの引っ込み線を延ばし、壁に端子を付ける作業です。

 

場所は、今まで電気のコンセントのあったところです。

 

             

Photo

               

 

数年前には同じような工事を自分でしましたので、本当は今回もDIYでと思う気持はあったのですが、専門家に頼みました。屋内配線の延長となると、天井裏に潜り込むか、床下を這いずり回るのかどちらかが必要になるはずですが、どちらも今一、自信が持てなかったからです。その判断は正解でした。床下に潜っての作業、それも床の高さがかなり低い構造だったようで、見ているだけですっかり疲れたからです。

 

20170210_22_31_47

 

左がアンテナ端子です。パネルの色が変りましたが、こちらの方が明るくて良い感じです。

 

この工事の中身は、アンテナ端子が既にあるA地点と、端子がないコンセントのあるB地点とを、同軸ケーブルでつなぐことです。素人考えでは、まず、A地点に、同軸ケーブルを二本つなげられる接続器を入れて、そこに同軸ケーブルをつなぎ、それを天井裏か床下を通してB地点まで延ばして、もう一方の先をB地点に新たに設置する端子につなげる、という手順なのですが、プロの工程は違いました。

 

まず、B地点に新しく端子を付け、それにつないだ同軸ケーブル、それもかなりの長さのものを床下に落すのです。次に、A地点でも同じことをします。すると、床下には、端がフリーの二本の線が漂っていることになります。次に床下に潜ってその二本の線をつかんで地上に戻り、その二本をつなぎます。

 

次の写真が、無事、つながれて一本になった同軸ケーブルです。二本をつないでいる金具の取り付けの写真を取り損ねましたので、その後、テープの巻かれた状態です。

 

 

Photo_2

 

念のため、A地点、B地点両方でテレビをつなげてみましたが、全く問題ありませんでした。自分で工事をしたのではありませんが、数時間で期待していた通りの結果を見ることができてとても幸せでした。

 

核兵器の廃絶とか、社会的格差や差別をなくすことなど、難しい問題に関わっていると、なかなか思う通りの結果が目の前に見えて来ないことも多くあります。その結果、フラストレーションを感じたりすることにもなりますが、でも、もう少し時間の尺度を長く取ってみると、実は、アンテナ端子の増設と同じようなプロセスを経ているのかもしれません。

 

[お願い]

文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

 

広島ブログ
広島ブログ

コメント

テレビのアンテナケーブルって昔から邪魔だと思ってます。
スマホやPCではWi-FiやBluetoothでの無線接続あるのですから、テレビでも早くできてほしいと思います。
ついでに、USB端子付きにもされたらよかったと思います。
そういえば、最近の若い人はあまりテレビを見ないそうですね。
映像は、スマホやタブレットやPCでネット配信が多いそうですね。
地上波のテレビドラマも、ネットテレビで再配信されているのが増えて来ましたね。

「やんじ」様

コメント有り難う御座いました。アンテナまでは無線で届いているのですから、受信機まで無線にすることは技術的には問題がないはずですね。

「工場長」さんが、どうすればそのような形でテレビを見られるのか、一万円ほどかければ可能だという記事を書いてくれました。
http://hiroshima.moe-nifty.com/blog/#_ga=1.181776356.214472932.1481890510

でも、私個人としては同軸ケーブルへの「愛着」があるのも事実なのです。

2016年10月 1日 (土)

引っ越し再考

引っ越し再考

 

相も変らず、マスコミの話題は豊洲市場とオリンピックに集中しているようです。このような問題が発生した理由はいろいろありますので、その内のいくつかについては稿を改めて考えて見たいと思いますが、一つ決定的なのは「数値化」を疎かにしていることだと思います。「数値」という括り方をしたのは、最近、肝機能の検査を受けていくつかの「数値」に神経質になっていたせいかもしれません。

              

3

日経電子版の紙面から

 

オリンピックは大事業ですから、通常の自治体予算や国内の競技会の予算以上にきちんとした数値によって財政を考えないと、結局「どんぶり勘定」になってしまう可能性の高いことは誰にでも分ることです。そして土壌の毒性についての判断をするには、成分量の分析を数値によって行わなくてはならないことも常識です。さらにこのどちらも、福島の原発事故後の処理に当って、中心的な課題だったはずです。政治がこれほど貧困化しこれほどの健忘症に罹っている原因についても、本質的な理解が必要です。この点についても別稿で取り上げられればと思います。

 

「数値化」の大切さを考えながら、たまたま聞いていたのは、iPodに取り込んでおいたJulian Breamのギターです。iPodについては以前「糟糠の妻」で取り上げたのですが、特に「引っ越し」との関連が私にとっては大切なことでした。また「引っ越し」については、「無事、引っ越しが終りました」でも話題にしています。

 

連想がこんな具合に進んで行って、同時に「数値」が頭の中にあったせいだと思うのですが、「引っ越しの数値化」をしようと思い立ちました。

 

アメリカで生活していたときには、2年に一度引っ越しをしていたような「感覚」が残っていたのですが、はっきり数えた訳ではありません。そして、日本国内での引っ越しは、「平均」以下なのではないかと思いこんでいました。

 

その結果、詳しい引っ越しの時期やその規模の大小はあるものの、全部で最低22回は引っ越しをしている勘定になりました。これが多いのか少ないのかは比較の対象に依りますが、一つ確認できたのは、「引っ越し」についての感覚があまり正確ではなかったことです。数値化の意味はありました。また、引っ越し業者に頼まず、自分で引っ越しをしたのは6回です。

 

こんなことを振り返っていることの意味は良く分りませんが、ことに依ると無意識の裡に「終活」を始めているのかもしれません。

 

[お願い]

文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

 

広島ブログ
広島ブログ

2016年9月 2日 (金)

マツコさん有難う


 

マツコさん有難う

 

 

良く旅行をしますので、目覚まし時計は必需品です。外国にも行きますから、現地時間に簡単に合わせられる時計でないと役に立ちません。こんな機能を全て備えた腕時計を愛用していたのですが、老眼の進行とともに、もっと大きな時計があると便利だなと思い始めていました。

 

そんなときに、記念品として、名前を思い出せなくて申し訳ないのですが、どこかの企業からとても便利な「時計/温度計/アラーム/タイマー」を貰いました。操作が簡単で、しかも温度計まで付いているのですから重宝しています。以来、数年間愛用していたのですが、ずっと心配だったのは、この時計が壊れたらどこで代りのものを買えば良いのかでした。

 

その永年の心配をマツコさんが解消してくれました。たまたま点けた番組「マツコの知らない世界 プチプラ雑貨の世界」で紹介してくれた、この時計がそのものずばりです。しかも値段は299円と、格安です。マツコさん、ありがとう。

             

Ikea

           

最後に一言言い訳です。ネットで調べたいとは思っていたのですが、このマルチ機能を持ったしかも操作が簡単な時計を何と呼べば良いのかが分りませんでした。「多機能(タイマー カレンダー 時間日付 C/°F°温度) デジタル 4面回転 目覚まし時計」と言うのらしいですが、そこまで思い付きませんよね。いざとなれば、ちゃんと調べてIKEAには行き着けたとは思いますが、偶然「分った!」という喜びをマツコさんに味あわせて貰えたことも感謝しています。


 

 

 

[お願い]

文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

 

広島ブログ
広島ブログ

2016年7月13日 (水)

早生のブルーベリーの摘み取り始まる

早生のブルーベリーの摘み取り始まる

 

P7100734_3

 

東広島市豊栄町のブルーベリー農園(写真右)とすっかり青くなった稲田(同左)。(710日)

P7100739

みっしりと実る早生のブルーベリー。早生のタイップは北部ハイブッシュ系といい、皮が薄く、種が少なく、クエン酸中心のさわやかな食味が特徴。アマガエルがあちこちに住んでいる。(写真右上)(710日)

P7020628

家族3人で摘み取る。(72日)

P7020631

 

セミの抜け殻。(72日)

 

P7030649

途中、時雨れてくると手を止めて休憩。(73日)

 

P7020633

 

これからは摘み取ったばかりのブルーベリーでジュースを作って飲むのが楽しみ。(72)

P7020634_2

庭のヤマアジサイ(72日)

 

P7100731

 

草刈りを免れるとノカンゾウも元気に咲く。(710日)

 

P7030643_3

安芸区船越の自宅から農園まで行く途中の高屋町の無人の販売所にときどき立ち寄る。ナスやズッキーニやキュウリなどがどれも100円で売られている。その小さな駐車場の目の前のナスの畑。竹の組手がきっちり正確に立っている。農作業が作り出す造形美に見とれる。(73日)

 

712日記

 

社会福祉法人安芸の郷 理事長 遊川和良

 

[お願い]

 

この文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

 

 

広島ブログ 広島ブログ

2016年6月30日 (木)

草が伸びる 草を刈る

草が伸びる 草を刈る

P6260197_4
ここは東広島市豊栄町のブルーベリー農園。田の転作で植えたブルーベリーの畑の中やまわりに伸びる草を梅雨の晴れ間にひたすら刈る。(6月26日)

P6260199_5

家の裏山に植えてあるブルーベリーの足元は笹竹や草が膝の上まで伸びている。ばさばさと刈る。刈ったらブルーベリーの木が全体像を見せてくれる。茂った枝には粒つぶした実がもう大豆くらいになっているし、新芽がどんどん伸びている。(6月26日)

P6270246_4

先に草を刈った裏山の隣接する場所の早生のブルーベリーは防鳥ネットを取り付けてもう収穫をしている。虫がかじった後もあるが押し合いへし合い状態で実っている。摘みとって社会福祉法人安芸の郷に納品。(6月27日)

P6180005_4

ミミズを求めてイノシシが畑のブルーベリーの周囲を掘りまくる(6月18日)。別の日にスコップで埋めて足で固めて現状復旧に数時間。大丈夫と思って電気柵を設置していなかった巾2m近い水路をまたいできたらしいので、また別の日に水路沿いにも電気柵を延長して防御に数時間。

2_3

いつも一休みは藁ぶき屋根にトタンを覆った家の縁側ですごす。目の前の庭の池のハナショウブや(6月18日)

 

Photo_6

 

イトトンボを眺める。(調べると名前はハグロトンボで、雄らしい)。真夏になるとシマヘビもくる。(6月20日)

 

Photo_7

このハナショウブはプランターに植えて池に沈めたままで10年以上になるが毎年咲く強健種。右が稚児化粧といい、左は大盃という。(6月20日)

 

6月30日記

 

社会福祉法人安芸の郷 理事長 遊川和良

 

[お願い]

 

この文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

 

 

 

広島ブログ 広島ブログ

2016年5月22日 (日)

清々しい5月です

 

清々しい5月です

命の洗濯も必要です

                


 

テレビや新聞、ネットで報じられる様々な出来事に追われてしまって、でも、努力してもなかなかすぐにはその結果が見えてこない―――そんな思いにとらわれるとき、散歩に出かけます。

 

素晴らしい自然に囲まれている皆さんには毎日見慣れた風景かもしれませんが、清々しい5月が広がっていました。

Photo

心洗われた思いで、LINEで家族や知り合いに送っています。

 

今日も素晴らしい一日になりますよう!!!

Photo_2


 

 

[お願い]

この文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

広島ブログ
広島ブログ

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31