グルメ・クッキング

2017年3月23日 (木)

久し振りの湯来温泉 ――やはり魅力的な場所ですね――  


久し振りの湯来温泉

――やはり魅力的な場所ですね―― 

 

国民宿舎湯来ロッジは、2009年の11月に建て替えオープンして以来、広島市の奥座敷として多くの人に愛されてきましたが、久し振りに足を延ばしてみました。この8年間に、一二度は来ていましたが、それでも途中の道が良くなり、湯来町の佇まいも明るくなったような気がしました。まずは、湯来ロッジの前面の写真です。桜が咲くと文句なしの風景になりそうです。

                  

20170320_17_06_38

           

 祝日の昼過ぎだったこともあって、ロッジ前の駐車場は満杯、ちょっと離れたところに車を止めましたが、小学生のグルーブが交流体験をしていたようで、観光バスも一台停まっていました。

 

レストランはバイキング形式で、美味しそうなものがずらっと並んでいました。

  

1_20170320_17_04_52

 

食べ物の写真を撮ることに慣れていないので、気付いたらお代りの段階でした。それでも折角、撮ったものですので、御高覧に供します。

  

20170320_17_05_52

 

量はたっぷりでしたし、ランチ・バイキングとしてバラエティーのある選択肢、それに湯来名物のこんにゃくの刺身が絶品でしたし、ヘルシーなものを選べました。がっつり食べたい人には、そんな選択も可能です。Z級グルメを自認している私としては大満足でした。

 

食後はロッジのすぐ裏の水内川沿いに少し歩いて、少し寒さは残っていましたが、水に手を付けたり、もうすぐ桜の季節になれば人で一杯になるであろう河岸を楽しみました。

  

20170322_13_41_28

 

 

20170322_13_42_24

 

本来なら温泉に入るべきなのでしょうが、湯冷めをしてしまいそうなのと、やはり温泉はゆっくり泊って楽しみたいという気持があって、後日に回すことにしました。帰途、寄りたいところがあったのももう一つの理由です。

 

実は湯来町から五日市までの国道433号線と県道41号線沿いには、前に寄った喫茶店やお店が何軒かあるのです。食後のコーヒーと買い物が目的ですが、一軒はどうも見過ごしてしまったようで、こちらも前に寄ったことのある「富夢想野(トムソーヤ)」でお茶にしました。丸太小屋づくりの温かい雰囲気のお店でした。もう一つ、この店の敷地内には「カラオケ」という幟旗が立っていたのですが、現在は休業中とのこと、再開して欲しいとお願いしてきました。

 

20170320_17_08_12

 

そしてもう一軒、「空口ママのみるく工房」です。久し振りにお会いしましたが、お元気な様子、そしてお店も多くのお客さんで賑わっていて、嬉しく思いながら、半どら(餡は,もちろん名物ミルクジャム、抹茶、チョコ、あずき)を買いました。美味しかったことは言うまでもありません。

 

20170320_17_08_49

 

こんなに近場で楽しめる場所が沢山あるのですから他にも足を延ばして、今まで十分に満喫できなかった広島の魅力を発見しながら皆さんにも報告したいと思っています。

 

 

[お願い]

文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

 

広島ブログ
広島ブログ

2016年12月13日 (火)

ひろしまでのドイツクリスマスマーケットとシュトーレン

ひろしまでのドイツクリスマスマーケットとシュトーレン

Pb304807

ドイツクリスマスマーケットは大阪、東京などあちこちで開かれているが、広島では行われていなかった。そこで広島に在住のドイツの人たちと彼らとつながりのある団体や個人の方々の熱意で昨年からこのイベントがスタートした。今年は1216日(金)から18日(日)まで開催される。場所は中区上八丁堀の「アーバンビューグランドタワー」の東側公開空地。 

このイベントに安芸の郷が出店している。きっかけは4年前から日独平和フォーラム(ドイツの派遣団体は2007年よりボランティア活動の専門性を備えたドイツの国際青少年社会奉仕会(IJGD))が協力をしてドイツの若者のボランティア奉仕を安芸の郷が受け入れているので、ドイツクリスマス実行委員会にかかわる方たちからの出店のお誘いをうけたことから始まった。出店団体では唯一の障害者のお店になる。 

開催目的は「食や文化をはじめとするドイツクリスマス文化を提供するドイツスタイルのクリスマスマーケットの開催を通して両国のさらなる文化交流の発展と地域の賑わいを創出し、平和都市HIROSHIMAにふさわしい新しい冬の風物詩の創造をめざす」とある。ドイツ文化紹介パネル展示、クリッペ展示、ツリー、コンサート、広島市姉妹都市ハノーバーの紹介パネル、シュトーレンやクリスマス雑貨、ホットワインなどの飲食コーナーなどがある。

Img_2091

安芸の郷の屋外での出店はいつもテントを張るのだが、このイベントでは木製の小屋(ヒュッテという)を実行委員会が設置して売り子はその中に入って販売を行う。実行委員会の図面によると、ヒュッテは高さが3mもある。間口が2.7m、奥行きが1.8mある、窓の開閉ができ、外に棚もある。終わると窓を閉めて横のドアから出入りする構造になっている。そして現地で組み立て、解体ができる。市内在住のドイツの人たちの手作りだそうだ。本場のドイツでは1か月以上開催されるので開け閉めが簡単で施錠の出来るヒュッテに進化したのだろうか。木工が好きなのでなかなか興味深い。

Img_2092

2015年の安芸の郷のヒュッテ。看板は法人の建物の名前の森の工房AMAとしている。職員と一緒に販売で中に入っているのは安芸の郷でボランティアをしているマークスさんと同じくほかの事業所でボランティアをしている女性。2人とも今はドイツに帰国している。 

Img_2093

ヒュッテの外にも少しなら商品を並べられるので絵ぞうきんや髪留めなどを飾る。昨年は髪留めが開店早々大人気であっという間になくなりあわてて安芸の郷から商品を追加することもあった。

今年は安芸の郷も17日の一日だけ出店する。昼の12時から夜の8時半まで営業している。今年のドイツのボランティアのアドリアンさんもお手伝いをする。広島にきているほかのボランティアの人たちとも合流してこのイベントにいろいろかかわるようだ。

Pc100226

写真は森の工房あやめ製のシュトーレンのアップ。粉糖がたっぷりとかけられている。

このイベントに参加する後押しをしたものに安芸の郷の事業所「森の工房あやめ」が製造している天然酵母で発酵させたシュトーレンがある。毎年年末に利用者家族や地域の諸団体を対象に利用者とともに作っている各種製品予約注文販売を行っている。その中の一つとして開発したのがドイツで伝統的にクリスマスの時期に食べられる菓子「シュトーレン」だった。日持ちがするので注文販売に十分応じられることから製品化にこぎつけ、毎年冬の安芸の郷の代表的お菓子になっている。だから違和感なくマーケットに森の工房あやめ製のシュトーレンを出せた。値段も市販よりちょっと安いし。

Pc094848

写真は129日(金)の午後シュトーレンの生地づくり。いろいろな工程を経たのちこの段階で容器に入れてホイロという発酵器に入れる。

この菓子の生地づくりは発酵に3日間、約80時間をかけたのちに、12日の月曜日に取り出して、成型して焼きに入る。温度調整が機器の性能向上で容易になったが、計算し実行して適度な状態を探るのは人間の勘に頼るしかない。事業所の休所日の前日から発酵させ、月曜日に取り出して成型、焼き、包装、販売となる。いいものを提供したい一心。

クリスマスマーケットではシュトーレンの他に天然酵母のパンをはじめブルーベリージャムやソース、クッキー、冷凍ブルーベリーの1キロパック(東広島市豊栄町産)、昨年好評を頂いた髪留めなどを展示してマーケット盛り上げに協力する。

Pc094874

129日夜、安芸の郷の建物の森の工房AMAでクリスマスコンサートが行われた。その折建物の塔屋の窓に飾った利用者手作りの紙製ステンドグラス。

 

2016年12月13日 

社会福祉法人安芸の郷 理事長 遊川和良

 

[お願い]

 

この文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

 

 

広島ブログ 広島ブログ

2016年8月12日 (金)

東京Z級グルメ・レポート


 

東京Z級グルメ・レポート

 

「夏の食べ物と言えば」という同じお題で書きたかったのですが、手元にトマトやキュウリ、スイカやトウモロコシの良い写真がありません。ネットで探してもピッタリのものがありませんので、来年まで持ち越すことにして、今日は東京Z級レポートです。

 

本当は、昨日11日の飛行機で広島に戻る予定だったのですが、どの便も満席でした。念のため調べた新幹線も満席で、仕方なくもう一泊して今日帰ることになりました。幸いなことに、東京のローカルテレビから連絡があり、「オリンピックと平和」についての取材を受けたので、一日無駄にしなくても済みました。

 

「仮にヒロシマ・オリンピックが実現していたら」というテーマなのですが、例えば、ネットを使っての資金の調達や、ネットを使っての双方向の観戦、そして「仮設」とは言っても解体して再利用可能なしっかりした設備なのですが、それをアフリカに贈って、次のオリンピックをアフリカで開くための準備をする等、東京オリンピックでも採用して貰えたらという気持で何点かお話ししました。

 

スカパーの番組は、前に説明した内容をお話しましたが、詳しくはまたの機会に別の視点からの分析をお届けします。

 

泊まっているのはテレビ局で手配してくれた品川プリンスホテルです。そこのレストランでの夕食です。「綿あめが浮かぶ」スパークリング・ワインという謳い文句に乗せられて注文しましたが、ワインを注げば綿あめは当然のことながら溶けるのです。写真を取るタイミングを逸して、「綿あめの溶けた」スパークリンク・ワインです。

 

Photo_4

       

 

そして、メイン・ディッシュは生ハム入りシーザー・サラダです。ワインとの相性が良く、豪華な気分で一時を過ごしました。

 

20160811_19_47_36

 

どこがどう良かったのか、残念ながら上手く説明できませんが、仕事をするエネルギーが湧いてきましたので、この選択は大正解でした。

 

次回は、前にもお約束したスカイツリーに行きたいのですが、なかなか機会がありません。

 

 

[お願い]

文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

 

広島ブログ
広島ブログ

コメント

綿あめの意味は、見た目だけですよね?たぶん
すぐ消える無駄なおしゃれが粋ですね

「⑦パパ」様

コメント有り難う御座いました。

一瞬にして消え行くものの美しさですね。そして今年ももう立秋です。

2016年7月28日 (木)

「193の会」とキリスト教

193の会」とキリスト教

 

タヒチでは若い世代の人たちが「193の会」を立ち上げ、核実験被害者の団体「モルロアと私たち」を支えつつ新たな運動を展開しています。彼ら/彼女らのエネルギーや創造性を見ながら、自然に、高齢化する被爆者たちの運動組織を支えたり継承するために、若い世代が苦闘し続けている日本の状況と重ね合わせて考えていることに気付きました。「193の会」が上手く行っている背景を考えて見ましょう。

 

628日にマタイエア村で開かれた「モルロアと私たち」と「193の会」との合同集会は、その地域の教会の一つが会場でした。集会に先立って、多くの教会での定例行事になっている、地域の皆さんが持ち寄ったタヒチ料理のパーティーがありました。ご飯の上に少し甘みのあるポーク・カレーをかけた家庭的な料理にサラダの組み合わせで、その夜の強い雨と風を吹き飛ばすような温かみを感じました。

 

天候には勝てず、屋外で開かれる予定だった集会は急遽、室内の集会に変わりましたが、会場を移す作業は全員参加でとてもスムーズに進行しました。部屋に上がる際には靴を脱ぐのも日本と同じで親しみを持てましたし、年長者を大切にする文化もしっかり続いていました。

 

20160628_201949

例えば、この写真の左側の男性ですが、タヒチ語からフランス語への通訳をしてくれました。「193の会」のオーギュスト神父やリーダー格の若者たちからは「学者」と呼ばれて、「ぜひ通訳も」という形でボランティアをしてくれたのですが、これが年長者への敬意を表す気配りであることも伝わってきました。72日のデモでも先頭を歩くリーダーたちの一人でした。このように、若い世代の運動である「193の会」が年齢構成にも配慮しているのも、多くの市民の支持を受けている理由の一つです。

 

20160702_132638

 

その夜、発言をした人たちは高齢の人が多かったのですが、リーダーたちはその一人一人と面識があるような感じでしたし、参加者の多くも通訳の男性に対して一種の尊敬の念を持っていることも伝わってきました。

 

こうしたきめ細かい配慮や地域との強い連帯感など、「193の会」が成功する要素は多くあるのですが、良く考えて見るとそれは、教会とのつながりに基づいています。

 

タヒチ滞在中に何人もの人から聞いた言葉は「タヒチの人は宗教心に篤い」ということです。アメリカ社会でもかつては、宗教的理由でお酒を買えない街や日が決められていましたが、宗教の影響力が減るに従って、こうした風習も強制できなくなってゆきました。それが今でもタヒチでは守られていることも、一つの証拠になります。

 

タヒチに独自の宗教もあったのですが、フランスをはじめヨーロッパからの移住者が増え、それとともにキリスト教が伝わると、熱心な伝道活動に支えられて、キリスト教の信者が増えて行きました。熱心なキリスト教信者たちが、「神の教え」を説く神父や牧師を尊敬し、核実験被害についても彼らの問題提起に応えるのは極めて当たり前のことだったと言って良いでしょう。

 

 

[お願い]

文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

  

広島ブログ
広島ブログ

2016年7月 9日 (土)

同じお題で書きましょう 「卵焼き」

同じお題で書きましょう 「卵焼き」

 

201672日は、フランスが仏領ポリネシアで第一回の核実験をしてから丁度50年目に当たります。その後、1996年までの30年間に全部で193回の核実験をこの地域で行っています。しかも、1963年には、部分核停条約として知られる条約で大気中の核実験はしないという世界的合意ができたにもかかわらず、フランスは1974年まで大気中の核実験を続けました。

 

核爆発による死の灰や放射線を帯びた様々な下降物、また大気中の微量粒子等による被曝は勿論なのですが、核実験のためには、大規模な準備とその後の後始末が必要になります。被曝の危険は当然あります。それに駆り出されたのが現地の人たちです。「安全だから」と騙されて何の安全対策もないままに被曝した人の数は5000人以上いると言われています。

 

フランスの核実験による被害者、その家族、そして子どもや孫たちは、適正な医療の提供、さらには生活の支援、そして人権侵害に対する責任のを取って人権の回復、そして補償等をすること求めて闘ってきましたが、第一回の核実験から50年を迎える、72日には、さらなる運動強化のための大規模な集会を開きました。

 

広島の被爆者や市民、そして日本原水禁そして心ある活動家や市民は長い間、ポリネシアの人たちの戦いを支援してきているのですが、それについてはさらに詳しく触れることにして、今回は、この集会出席のために滞在したタヒチでの日常について一つ二つ報告しておきたいと思います。

 

タヒチの人たちはとても穏やかで礼儀正しく、街は笑顔に満ちています。約一週間滞在しましたが、私たち一行4人の意見が一致したのは、この間、ただの一度も嫌な思いや、マナーが今一といった経験はしていないということでした。(冷静に考えると一二度ありました。でもそれは、タヒチの人ではなく、みな外国人でした。)

 

そのタヒチの丘にこんなポスターが掲げてありました。

 

20160708_23_09_42

タヒチの友人に何のポスターかと聞くと、「もっと笑顔を増やそう」というキャンペーンなのだそうです。、恐らく世界中で一番、こんなキャンベーンが不必要な場所での運動だと思いますし、そのポスターが如何に不必要かを記録に残しておきたいと思いました。何枚か写真を撮りながらやはり笑ってしまいましたので、その限りにおいてはキャンペーンの効果はあったことになります。

 

もう一つは朝食です。実は1995年にもフランスの核実験反対のための、今回より大きな集会がありタヒチを訪問しているのですが、その時のホテルは電話もレストランもなく、じめじめした部屋だったことだけを覚えています。朝食は近くの食料品店で買いためておいて食べていたような記憶があります。

 

今回は、朝食だけは出してくれるレストランがあり、コンチネンタル・ブレックファーストが食べられました。ジュース、ヨーグルト、ゆで卵、クロワッサンそしてコーヒー、果物、とこれだけあれば十分なのですが、「サプライズ」のサービスがありました。

 

「気が向くと」としか考えられないのですが、キッチンらしきところからふくよかな女性が現れて、「卵焼きはどう」と声を掛けてくれるのです。一緒に行った3人のうち二人はその卵焼きを食べることができたらしいのですが、私に声が掛かったのは、いつもゆで卵を食べた後でした。「おいしかった」という卵焼きを、次回はぜひ食べてみたいと、次のタヒチ行きを楽しみにしています。

 

 

[お願い]

この文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

広島ブログ
広島ブログ

2016年6月21日 (火)

卵と私

卵と私

 

「ヒロシマ演説を読み解く」シリーズが続きましたので、息抜きに食べ物の話です。

 

20160620_22_45_21_2


子どものころ、卵は貴重でした。朝、卵かけご飯は一つの卵を兄弟三人で分けなくてはなりませんでした。十分にかき混ぜないでご飯にかけると、白身のところがずるっと一人目のご飯にかかってしまい、「ずるい」と言われてしまいます。そうならないために、卵のかき混ぜ方は名人級になりました。

 

炒り卵を初めて作ったのは、小学校の家庭科の授業でした。一つの卵の量が減ってしまうような気がしましたが、直径数ミリの玉状の卵が沢山出来て、綺麗で美味しそうだったことが今でも記憶に残っています。

 

ちょうどそのころ、「コロンブスと卵」「立春には卵が立つ」の話を聞いて、しばらくは組中で練習をしていたことも思い出しました。

 

炒り卵を英訳すると、「scrambled eggs」ですが、「egg」ではなく「eggs」であるように、アメリカで食べた「scrambled eggs」には吃驚しました。量が違うのです。炒り卵だと数ミリだった「玉状」の卵が、どわっとお皿の上にあったのです。

 

目玉焼きにもいろいろ種類のあることも知りました。「sunny-side up」は普通の目玉焼きですが、「over easy」では両面を焼いて、でも黄身は半熟っぽい、もっと焼くと「turn over」になることも食べながら学びました。

 

黄身が半熟よりもしっかり焼けていた方が好きだったのですが、そのためには、フライパンの中に水を入れて蓋をすると熱い蒸気で上の方まで熱が通ることも教えて貰いました。

 

一番の得意はゆで卵です。ゆで卵の殻をむくときに、殻が卵に付かないでつるっとむけるような技術だけは身に付けた積りです。これと、オートミールで朝はすっきりです。

 

自分ではあまり料理をしたことのない告白になってしまいましたが、最近は「プレバト」での卵焼きを見たり、毎朝卵焼きを作っているブロガーの皆さんの記事を読んだりして、卵とは言え「奥が深い」とつくづく感じ入っています。

 

[お願い]

この文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

 

広島ブログ
広島ブログ

コメント

家庭科の授業で、オムレツのテストがあると云う週に、
家族全員、一生分のオムレツを食べさせられましたw

「⑦パパ」様

コメント有難う御座いました。オムレツ好きでも、一週間となるとちょっと辛いですね。通じるかどうか分りませんが、一週間「笑味」できるかどうか微妙かも。

当然最初はいくつもいくつも失敗するわけで、1日に10
個以上のオムレツが作られます。そこで、「ちゃんと見と
けえよ」と私もママも見本を見せようとするので、オムレ
ツの数はさらに増えまして・・・w

「⑦パパ」様

再度のコメント有難う御座いました。

なるほど。お手本として作るオムレツまでは、数に入れていませんでした。やはり卵料理は奥が深いですね。

2016年6月 2日 (木)

東京で食べたもの

東京で食べたもの

 

一息吐けると思っていたのですが、根っからの貧乏性ですぐ次の仕事を作ってしまっています。ある程度形ができた段階で報告させて頂きますが、今日は、皆さんに倣って、東京で食べたものです。

 

とは言え、写真が上手くないですし、何という料理なのかもメモを取らず、美味しかったとは思うのですが、それをどう伝えたら良いのかさっぱり分らない、Z級グルメ・レポートです。

 

先ずはどこで食べたのかですが、東京と言えば六本木ヒルズです。「古い」という声も聞こえますが、そこは無視をして、ハリウッド・プラザです。

 

160601


レストランは、ドイツ料理店ですが、名前をメモしませんでした。ブログで報告するならそのくらいは最低限必要ですよね。次回からは、気を付けます。食べたものは、これも名前が分りません。サラダです。

 

20160601_22_08_57

 

翌日です。今度は麹町。「こ洒落た」居酒屋です。店名はうろ覚えですので書けません。食べたものは。

 

20160601_22_08_31

 

メインはサラダと、お造りでした。

 

次に上京するときは、スカイツリーの近くから、Z級レポートをお届けしたいと思っています。「ぜし」楽しみにしていて下さい。

 

 

[お願い]

この文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

広島ブログ
広島ブログ

コメント

江戸っ子だった、元東映の土橋正幸さんがクイズ番組で
「しの用心」て答えを書かれました。チャキチャキの江戸っ
子は、文字でも「ひ」が「し」になるんだと大笑いしましたw

「⑦パパ」様

コメント有難う御座いました。それで思い出したのが、英語のジョークです。日本人が「L」の発音のできないことを笑うものがたくさんあります。事前に知っておくことで、カウンター・パンチの準備もできますが、品がなくなりますので、別の機会に譲ります。

2016年5月 8日 (日)

従心――心の欲するところに従いて矩を踰えず

従心――心の欲するところに従いて矩を踰えず

 

集中して片付けなくてはならない仕事が続いています。そこで今日も、「衣食住」の基本に戻って、「飲」の思い出です。「鯨飲」「牛飲」ができた時代もありましたが、最近は、「心の欲するところに従って」飲んでも「限界を超える」ことはなくなりました。

 

「鯨飲」したのはビールです。でも、「鯨飲」だけがビールの飲み方ではありません。爽やかな思い出は最初の一杯、時にはそれでおしまいになった一杯です。

 

例えば、30年ほど前、元気だった両親と我々子どもたち3人で、千葉駅前に開店したばかりの和食店に行きました。茹だるような暑さの日で、まずはビールを注文しました。ギンギンに冷えたビールが出てきましたが、それがサントリー・ビールでした。しかも初めてのサントリー・ビール。それ以来、「あの時ほどおいしいビールを飲んだことはない」が頭の中に刻み込まれてしまっているほどの美味さでした。

 

でもサントリー・ビールとの蜜月は長く続きませんでした。アサヒスーパードライが登場したからです。熱しやすく冷め易い性格のせいもあって、アサヒスーパードライ(コマーシャルの独特の言い回しでこの部分を書いています)の虜になりました。

 

それから一年間、何が何でもアサヒスーパードライでした。一杯一杯が至福の時でした。その後、スーパードライの立役者だった樋口廣太郎氏に偶然お会いして、80歳を超えてもなお鋼鉄のような脹脛を触らせて貰って感激した記憶も鮮明です。

 

しかし、別れは突然やってきます。場所や時間は思い出せないのですが、ある日、アサヒスーパードライを口にした途端、「もう飲めない」と感じて、それ以来、どうしても仕方がない時は別ですが、自分からアサヒスーパードライを飲みたいと思ったことがありません。

 

それからの長い間、様々なビールに出会い、別れた記憶も懐かしいのですが、機会を改めて私の「ビール遍歴」にお付き合い頂ければ幸いです。

 

現在、私の愛するビールはエビスです。シールを貯めてディスペンサーなどの素晴らしい景品まで頂くほど肩入れをしています。エビスに飽きて他のビールに恋することなど考えられませんが、アサヒスーパードライに溺れていたときもそう考えていたのですから、明日はどうなるか分りません。でも、70を過ぎ、心身ともに「心の欲するところに従いて矩を踰えず」の状態から判断すると、「until death do us part」になりそうです。

 

20160507_21_28_22

 

[お願い]

この文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

 

広島ブログ
広島ブログ

コメント

ビール好きなら銀山町の「ビールスタンド重富」です。
開店前から行列が出来る人気店なのでご存知かも知れませんが、基本はスーパードライ、期間限定でキリンラガー、サッポロ黒ラベル、サントリーモルツもあったりします。
メニューはビールのみで、つまみも料理もありませんが、注ぎ方は4種類あり、その注ぎ方の違いによる味の違いを楽しめるお店です。

「ビール好き」様

コメント有難う御座いました。「ビールスタンド重富」の名は聞いていますが、まだ行ったことがありません。今度寄らせて頂きます。

2016年5月 7日 (土)

ないものねだり

ないものねだり

 

憲法記念日の集会は全国で開かれましたので、私が参加した神戸の様子をお知らせする積りだったのですが、メモを取れませんでしたので、中途半端な報告しかできません。急遽、別のトピックをと考えてみたのですが、このところ時間の掛かる仕事を抱えているため、続編をお約束しているいくつかのテーマも未消化な状態です。そこで、最近、私がはまっている食べ物、飲み物を紹介させて頂きたいと思います。

 

とは言っても、「広島ブログ」で多くの皆さんがアップしていらっしゃる、写真入りのしかも詳しく役に立つおいしそうなレポートはとてもできそうにもありません。では、このエントリーに何のメリットがあるのかと言えば、人間は昔食べたものの記憶を持ち続けていて、それも歳とともに変わっているらしいという感想くらいしか思い付きません。

 

昔、アメリカにまだ日本食のレストランも少なく、あっても値段が高く頻繁には行けなかった頃のボストンなのですが、それでもうどんやそばはありましたし、新鮮な魚も手に入りましたので、刺身くらいは食べられました。肉は豊富にありますし、醤油も手に入りましたので、すき焼きもできました。てんぷらは難しかったのですが、恐らくケンタッキー・フライド・チキン等、アメリカの食べ物を代用品として食べることで何とか満足していたような気がします。

 

一番食べたくて、食べられなかったのが、酢の物です。お酢はあっても、料理の知識のない私が作るのは無理でしたし、ピクルズ等で代用するには味が違い過ぎました。日本に戻ると美味しい酢の物が食べられて、ホッとしたことを覚えています。

 

でも、生活の本拠が日本に移ると、その酢の物に執着することが少なくなりました。今度は、アメリカで食べていて、なかなか日本では手に入らないもの、あるいは日本では高価なものを渇望するようになりました。

 

その一つが、マカデミア・ナッツです。下の写真はハワイからのお土産として貰いました。今、毎日数粒ずつ大切に食べています。ここで、変なカタカナ語との関連に気付いたのですが、日本では普通「マカダミア・ナッツ」と表記されます。元々の英語表記は「macadamia nuts」ですので、これをローマ字読みにして「マカダミア」にしたのだと思いますが、これでは恐らく通じません。より正確には「マカデイミア」に近いのです。略して「マカデミア」の方が通じるはずです。

 

一時オーストラリア産のものがかなり手に入ったのですが、最近はスーパーでもほとんど手に入りません。ということで「ないものねだり」。

20160506_22_41_07_3

 

次の好物はオートミールです。しかも「クエーカー」ブランドです。朝食には欠かせません。ヨーグルトやレーズンをかけて食べる人もいますが、私はお湯をかけるだけ。これで朝がすっきりします。これも普通のスーパーでは手に入りません。あるスーパーでどこにあるのかを聞いたら、隅っこの方に小さいパケッジがあって、200グラム500円でした。こんなものが好きなのですから「ないものねだり」と言われても仕方がないのかもしれません。

 

20160506_22_41_32

 

最後は、これです。コカ・コーラ。世界中で飲まれていますので「ないものねだり」には入りませんが、若かりし頃、アメリカで飲んで病み付きになりました。最近のことですが、「飲み物は」と聞かれて「コカ・コーラ」と言ったら、「えっ。あれは若い人の飲み物でしょう」と言われたました。「年寄りの冷や水」ならぬ「年寄りのコカ・コーラ」です。お後が宜しいようで。

 

20160506_23_22_43

 

[お願い]

この文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

 

広島ブログ
広島ブログ

コメント

まだ成り立ての前期高齢者ですが初めてコーラを飲んだ時は、まるで薬のように不味く飲めたものではないと思ったものです。
確かコカ・コーラも最初は広島の飲料メーカーに製造販売で提携しようと考えたものの、そのメーカーをはじめとする日本の飲料メーカーはどこも「こんなものを飲む日本人はいない」と断られて止む無く直接日本進出したとか聞いたことがあります。ところでアメリカではコークというのが一般的でしたっけ? あれは何かのキャンペーンでしたっけ?

「前期高齢者」様

コメント有難う御座いました。初めてコークを飲んだ時の「不味さ」とか「違和感」は、戦後世代には共通の経験だと思います。「薬のような」味というのも、その通りで、元々は薬として発売されていたものです。

「コーク」(Coke)もコカコーラの商標です。それに対抗する「ペプシ―」もありますし、テキサスあたりに行くと「Dr. Pepper」のシェアがかなりあります。「コーク」の方が短いので、良く使われているのだと思います。

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31