« 小樽のにしん御殿 ――石狩挽歌の歌碑もありました―― | トップページ | 初心に帰る ――執筆陣が揃ってから再出発したいと思っています―― »

2018年8月25日 (土)

北海道の自然 ――洞爺湖と昭和新山――


北海道の自然

――洞爺湖と昭和新山――

 

北海道を訪ねて、改めて自然の素晴らしさに言及するのは、余りにも定番過ぎて顰蹙を買うことになる物の言い方です。でも、西日本の豪雨災害があり、台風19号と20号による被害も大きかった季節には、自然の「脅威」に注目するのは当然ですので、その脅威も含めての自然という存在全体を考えることに意味があるかもしれません。

 

一日に何度も見る機会のあった洞爺湖と中の島、中島です。機構が変り易いときだと、数文で姿が全く違って見えてきます。先ずは雲に巻かれている洞爺湖です。

 

Photo

 

夕方が近付いてくるとこんな具合に見えました。

 

Photo_2

 

陽の当る洞爺湖ですが、私はこんな感じが好きになりました。

 

Photo_3

 

そしてちょっと幻想的な洞爺湖にも魅力を感じました。

 

Photo_4

 

洞爺湖だけでも「百聞は一見に如かず」の恒例なのですが、昭和新山でもその感を強くしました。

 

ウイキペディアによると、「1943年(昭和18年)12月から1945年(昭和20年)9月までの2年間に17回の活発な火山活動を見せた溶岩ドーム」だとのことですが、戦時中だったため、この活動は伏せられ、それを自費で記録した当時の郵便局長三松正夫氏の業績が高く評価されています。また、昭和新山の地域で農業や酪農を営んでいた人々の生活の糧が失われたため、三松氏はこの土地を買い取ることで支援活動も行ったとのことです。この火山が私有財産である事実は知っていましたが、ほんの少しではありますが歴史を学んだことで、自然と人間との関りに新たな目を見開くことにもなりました。

 

Photo_5

 

[2018/8/24 イライザ]

[お願い]

文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

広島ブログ
広島ブログ

« 小樽のにしん御殿 ――石狩挽歌の歌碑もありました―― | トップページ | 初心に帰る ――執筆陣が揃ってから再出発したいと思っています―― »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/603654/67092518

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道の自然 ――洞爺湖と昭和新山――:

« 小樽のにしん御殿 ――石狩挽歌の歌碑もありました―― | トップページ | 初心に帰る ――執筆陣が揃ってから再出発したいと思っています―― »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31