« 智恵子抄 ――「ほんとの空」はどこにある?―― | トップページ | 厳冬の犠牲になってしまった山茶花 ――やはり植え替えなくてはならないようです―― »

2018年6月 7日 (木)

野菜が豊作 ――食べ切れないほど穫れています――


野菜が豊作

――食べ切れないほど穫れています――

 

十分な世話はできないにしろ、田舎に住むからには、少しくらい野菜を作ってみようと考えるのは自然だと思いますが、あまりに安易に考えたせいでしょうか、去年はトマト、キュウリ、それにナスも大失敗でした。

 

野菜も栄養が必要ですし、石ころがゴロゴロしている畑では野菜も育とうという気にさえならないでしょうから、今年はまず、小型耕運機を持っている友人に頼んで小さい面積ですが耕して貰い、石灰も撒いて貰いました。その後、油粕や鶏糞等の肥料を混ぜて、畑作りから始めてみたのです。その時点では、記録のために写真を撮ることにまで頭が回りませんでした。その結果、とにかく野菜がたくさん穫れる今になって、しまったと思っているのですが、大きく育ち過ぎたようにも見える野菜たちを御披露しましょう。

 

最初に収穫したのは、青梗菜でした。それもずいぶん大きくなり、ホタテと炒め煮にしたり、そぼろあんかけにしたりして毎日の様に食べました。好物ですので食事の時間が待ち遠しいほどでした。たくさん食べたので悔いはありませんが、そろそろ青梗菜の季節は終りです。

 

花だけ見ると、どちらがどちらなのか分りませんが、小松菜も大きくなって花を付けています。小松菜も毎日のように食べています。

 

Photo_2

 

ジャガイモにも花が咲きました。摘み取った方が良いという人もいるようですが、綺麗なので花は目の栄養にしています。

 

Photo_3

 

そしてブロッコリーは、正に今食べ頃です。

 

Photo_4

 

これから楽しみなのはインゲンです。

 

Photo


自分たちは何もしなかったのに、(と感じてしまっています――土地の改良と肥料の投入とは別次元の感覚です)、こんなにすくすくと育ってくれるのは、天の恵みと言えば良いのか地の力と言えば良いのか、とにかく有り難く思っています。それを毎日見て嬉しい気持で一杯です。ちっぽけな畑ですが、新鮮な野菜で胃袋も一杯になり、また心の栄養にもなるとは――。

 

[2018/6/6 イライザ]

[お願い]

文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

広島ブログ
広島ブログ

« 智恵子抄 ――「ほんとの空」はどこにある?―― | トップページ | 厳冬の犠牲になってしまった山茶花 ――やはり植え替えなくてはならないようです―― »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/603654/66801889

この記事へのトラックバック一覧です: 野菜が豊作 ――食べ切れないほど穫れています――:

« 智恵子抄 ――「ほんとの空」はどこにある?―― | トップページ | 厳冬の犠牲になってしまった山茶花 ――やはり植え替えなくてはならないようです―― »

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30