« 4月のブルーベリー農園(東広島市豊栄町)その2 | トップページ | Coffee House Ishii ――小瀬川沿いのコーヒー・ハウスです―― »

2018年5月 1日 (火)

南禅寺と言えば湯豆腐 ――「順正」の日本庭園も堪能しました――


南禅寺と言えば湯豆腐

――「順正」の日本庭園も堪能しました――

 

南禅寺の参道には何店か湯豆腐のお店があります。南禅寺名物と言っても良いような関係なのですが、実は南禅寺に限らず、京都と豆腐は切り離せない関係にあるようです。

 

豆腐の歴史はまたの機会にして、今回も湯豆腐を堪能しました。お店は「順正」です。

 

Photo

                             

 予約すると本格的な京懐石を、「涼庭閣」で庭を見ながら味わえるようなのですが、何時もの通り予約なしでしたので、別棟の「丹後屋・草々庵」で湯豆腐です。セットの()を頼みました。

  

Photo_2

 

 

Photo_3


お豆腐には目がありませんし、特に湯豆腐は好きですが、南禅寺で食べる湯豆腐にはいつも感激しています。お豆腐そのものの柔らかさ、まろやかさと言えば良いのでしょうか、は他では味わえないような気がします。そして、ネギのお代りができるのも嬉しいサービスです。

 

店内には、時代物の看板類が所狭しと掲げられています。できればこの中の一つでも、レプリカで良いので我が家に飾りたい気持です。

 

Photo_4

 

 食事の後には、名教楽地・回遊式庭園を巡りました。庭園に入る前、右側には順正の入口が見えました。

  

Photo_5


中に入るとすぐ、とても落ち着ける感じです。

  

Photo_6


池には鯉もいます。

  

Photo_7


登録文化財・順正書院がこのお店の名前の由来ですが、外から見た書院です。

 

Photo_8

 

 これだけの庭を前に食事をするのも乙なものなのかもしれません。次回は予約をして、そんな雰囲気を楽しんでみるのも良いかもしれません。

 

[2018/4/26イライザ]

[お願い]

文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

  

広島ブログ
広島ブログ

コメント

お豆腐、いいですねぇ。三原の椿き家の、豆腐を食べています。どれも、ハズレが、ありません。今は、国産有機豆腐を、よく食べます。ポン酢を、少々です。山忠のひじきの白和えの素で、白和えを、作ります。豆腐の苦手の人が、お替わりします。三十年前のことです.歌舞伎の2代目鴈治郎さんお気に入りの、京都嵯峨森嘉豆腐。私には高級過ぎました。豆腐の、原材料を、見るキッカケが、あります。四十年前のことです。高島屋二子玉川店の豆腐でした。静岡県での製造でした。どうして、おいしいのだろうか。水が、富士山の、伏流水でだろうか。原材料、消泡剤不使用と、あります。では、普通は、消泡剤を、使うのか。不使用と、言うことは、薬品を、使わないと、言うことか、と。その分、薬品の、味が、しないということか、と、素人判断しました。本来の、にがりの使用か、とか。原材料を、見るようになりました。そして、今は、椿き家の、豆腐を、好んでいます。suggesution....ありがとうございます。そんなこと、考えてもみなかったことです。投稿は、イライザ様宛が、初めてです。自分はself-satisfactionな奴だと、思っています。シュークリームが、好きです。鶴見町のグランクラシックへ、よく行きます。広島どころか、西日本で、一番と、思っています。理由、あの辻口さんに、店を、任された人ですので.コレは,褒めすぎでしょうか。トップランク級の、一人と思っています。

「60sp」様

コメント有り難う御座いました。

楽しく読ませて頂いていますし、私の世界も広がります。お豆腐へのこだわりも、シュークリーム好きも良く分ります。

但し、慢性的にダイエットしている身としては、シュークリームはじめ甘いものは我慢しています。

« 4月のブルーベリー農園(東広島市豊栄町)その2 | トップページ | Coffee House Ishii ――小瀬川沿いのコーヒー・ハウスです―― »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

生活」カテゴリの記事

コメント

お豆腐、いいですねぇ。三原の椿き家の、豆腐を食べています。どれも、ハズレが、ありません。今は、国産有機豆腐を、よく食べます。ポン酢を、少々です。山忠のひじきの白和えの素で、白和えを、作ります。豆腐の苦手の人が、お替わりします。三十年前のことです.歌舞伎の2代目鴈治郎さんお気に入りの、京都嵯峨森嘉豆腐。私には高級過ぎました。豆腐の、原材料を、見るキッカケが、あります。四十年前のことです。高島屋二子玉川店の豆腐でした。静岡県での製造でした。どうして、おいしいのだろうか。水が、富士山の、伏流水でだろうか。原材料、消泡剤不使用と、あります。では、普通は、消泡剤を、使うのか。不使用と、言うことは、薬品を、使わないと、言うことか、と。その分、薬品の、味が、しないということか、と、素人判断しました。本来の、にがりの使用か、とか。原材料を、見るようになりました。そして、今は、椿き家の、豆腐を、好んでいます。suggesution....ありがとうございます。そんなこと、考えてもみなかったことです。投稿は、イライザ様宛が、初めてです。自分はself-satisfactionな奴だと、思っています。シュークリームが、好きです。鶴見町のグランクラシックへ、よく行きます。広島どころか、西日本で、一番と、思っています。理由、あの辻口さんに、店を、任された人ですので.コレは,褒めすぎでしょうか。トップランク級の、一人と思っています。

「60sp」様

コメント有り難う御座いました。

楽しく読ませて頂いていますし、私の世界も広がります。お豆腐へのこだわりも、シュークリーム好きも良く分ります。

但し、慢性的にダイエットしている身としては、シュークリームはじめ甘いものは我慢しています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/603654/66668295

この記事へのトラックバック一覧です: 南禅寺と言えば湯豆腐 ――「順正」の日本庭園も堪能しました――:

« 4月のブルーベリー農園(東広島市豊栄町)その2 | トップページ | Coffee House Ishii ――小瀬川沿いのコーヒー・ハウスです―― »

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31