« 安倍改憲を許さない街頭署名 | トップページ |  行動する宗教者・中垣法師 (その3) ――会場からの問題提起も本質を突いたものでした―― »

2018年4月 5日 (木)

 IROHA villageを覗いて来ました ――暖かくなるのが楽しみです――

 

IROHA villageを覗いて来ました

――暖かくなるのが楽しみです――

 

商工センターから廿日市に向って、広島廿日市大橋のちょっと手前、五日市港に折れる道が何本かありますが、なぎさ中高の筋向いに新しいアトラクションが登場しました。藤い屋さんの「IROHA village」です。

 

Iroha_village_google_map

                             

 営業時間は午前10時から午後6時ですが、閉店時間直前だったので、カフェは閉っていましたし、工場見学の時間からもズレていましたので、魅力を十分にお伝えできませんが、IROHA village のホームページがありますので、そちらも御覧下さい。


Photo_4

 

暖かくなったらもう一度来たいと思った理由はいくつかあるのですが、一つは、屋上緑化です。建物の屋根の上に緑があるのは良いですね。

これには思い入れがあって、かつて教鞭を執っていたタフツ大学の図書館が、当時は屋上緑化の先進例として紹介されていた時期があったからです。下のカフェテリアでサンドイッチやハンバーガーを買って、同僚や学生たちと、緑に囲まれてランチを楽しめたのは懐かしい思い出です。

 

建物の中には、ショップとカフェがあり、ショップで買い物はできたのですが、カフェのラスト・オーダーが5時でしたので、そちらは次の機会に。また別棟は工場なのですが、中の様子はガラス窓越しに見ることができます。工場だけではなく、village全体のガイド付きツアーが10時と12時の2回ありますので、これも面白そうです。

 

建物の外にもいろいろ工夫が凝らしてありますが、訪れたときは工場の前の紅白の梅が綺麗でした。

 

Photo

 

 また、庭には畑もあり、これからが楽しみな場所です。

 

Photo_2

 

近くの五日市港には大型の観光客船も泊るようですので、外国からのお客さんでごった返すのも時間の問題かもしれません。その前に、ゆっくりIROHA villageを楽しんでおきたいと思います。

 

たまたま、友人夫婦が次の日にIROHA villageに行っていました。写真を送ってくれましたので、雰囲気をお伝えするため、その写真も添えました。

 

Photo_3

 

  

[2018/3/22イライザ]

[お願い]

文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

 

 広島ブログ
広島ブログ

コメント

ウィリアム・ハート William Hurt (1950~)
... ボストンのタフツ大に進み、神学を学んだ。3年生の時、
演劇に専攻を変え、1年間ロンドンに留学したあと、...
( 『外国映画人名事典 男優篇』キネマ旬報社編1997 )

『 蜘蛛女のキス 』 '85 でオスカーをとっていますが、
あの彼が?? あ奴だよ!! などと学内で噂になったりしたのでしょうか。
(なぁんてまたミーハーむきだし)

「されど映画」様

コメント有り難う御座いました。

彼が卒業した後にタフツで教え始めましたので、当時面識はありませんでしたし、その後の活躍についても、専門違いで学内であまり耳にしたことはありません。

でも、2005年にHurt氏はタフツから名誉博士号を貰っています。そのときには、私も一緒でしたので、何度か話をしましたが、「何か私に協力できることがあれば、言って欲しい」と親切なオファーがありました。上手く生かせなかったことを残念に思っています。

« 安倍改憲を許さない街頭署名 | トップページ |  行動する宗教者・中垣法師 (その3) ――会場からの問題提起も本質を突いたものでした―― »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

生活」カテゴリの記事

コメント

ウィリアム・ハート William Hurt (1950~)
... ボストンのタフツ大に進み、神学を学んだ。3年生の時、
演劇に専攻を変え、1年間ロンドンに留学したあと、...
( 『外国映画人名事典 男優篇』キネマ旬報社編1997 )

『 蜘蛛女のキス 』 '85 でオスカーをとっていますが、
あの彼が?? あ奴だよ!! などと学内で噂になったりしたのでしょうか。
(なぁんてまたミーハーむきだし)

「されど映画」様

コメント有り難う御座いました。

彼が卒業した後にタフツで教え始めましたので、当時面識はありませんでしたし、その後の活躍についても、専門違いで学内であまり耳にしたことはありません。

でも、2005年にHurt氏はタフツから名誉博士号を貰っています。そのときには、私も一緒でしたので、何度か話をしましたが、「何か私に協力できることがあれば、言って欲しい」と親切なオファーがありました。上手く生かせなかったことを残念に思っています。

わお!& あら残念。
でも彼のピークは'80年代。
ミレニアムを迎えてから、 日本での知名度はそうとう低い。
顔も声も満点ながら、毛髪に難あり加齢もありで、今は完全に脇(役)。
それでも、
目撃者'81 白いドレスの女'83 蜘蛛女のキス'85
ブロードキャスト・ニュース'87(気に入っている4作品)
これだけ魅力的な主演作があればね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/603654/66575490

この記事へのトラックバック一覧です:  IROHA villageを覗いて来ました ――暖かくなるのが楽しみです――:

« 安倍改憲を許さない街頭署名 | トップページ |  行動する宗教者・中垣法師 (その3) ――会場からの問題提起も本質を突いたものでした―― »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30