« Oishi 吉山でのランチ(2回目) ――中に入ると、写真を撮りたくなってしまいます―― | トップページ | 気になる日本語 ――不必要な一文字、二文字―― »

2018年1月10日 (水)

雪景色・その1 ――肉眼で見た通りには写らないのが残念ですが――


雪景色・その1

――肉眼で見た通りには写らないのが残念ですが――

 

朝から雪でした。日課にしているウォーキングの最中、西に向って歩くと、身体の前面が真っ白になるくらい降っていたのですが、昼過ぎにはちょっと小休止した感じになりました。しばらく経って、近くの山々 (丘と言った方が良いのでしょうか?) の写真を撮ってみました。

 

雪の量が少ないので、木々の上の方だけ白くなっていて、元々三次元の存在である山が、より立体的に見えたのですが、それが伝わっているでしょうか。

 

             

20180109_17_29_54

               

 

20180109_17_29_13

 

 

20180109_17_28_40

 

これは、江戸期から大地主で庄屋だった八田家の長屋門と米蔵の跡です

 

 

20180109_17_30_23

 

我が家の楓の木にもこんなに雪が積っていました。今夜から明日の天気が心配です。大きな雪害が起きませんように。

 

 

[お願い]

文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

 

 

広島ブログ
広島ブログ

コメント

うちの方も今朝は雪景色でした。
紅葉が終わった山々は 寂しさを感じますが、雪景色で心浮かれます♬
八田家の前を以前はよく通っていました。

「和」様

コメント有り難う御座いました。

吹雪や豪雪等は困りますが、静かに降る雪は心を落ち着かせてくれますね。八田家の中は一般公開はしていないようなのですが、外観だけでも歴史を感じます。

« Oishi 吉山でのランチ(2回目) ――中に入ると、写真を撮りたくなってしまいます―― | トップページ | 気になる日本語 ――不必要な一文字、二文字―― »

日本政府」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

生活」カテゴリの記事

コメント

うちの方も今朝は雪景色でした。
紅葉が終わった山々は 寂しさを感じますが、雪景色で心浮かれます♬
八田家の前を以前はよく通っていました。

「和」様

コメント有り難う御座いました。

吹雪や豪雪等は困りますが、静かに降る雪は心を落ち着かせてくれますね。八田家の中は一般公開はしていないようなのですが、外観だけでも歴史を感じます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/603654/66260123

この記事へのトラックバック一覧です: 雪景色・その1 ――肉眼で見た通りには写らないのが残念ですが――:

« Oishi 吉山でのランチ(2回目) ――中に入ると、写真を撮りたくなってしまいます―― | トップページ | 気になる日本語 ――不必要な一文字、二文字―― »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31