« 裁判官弾劾裁判所 ――制度ができて今年で70年目です―― | トップページ | 『われ御身を愛す』 ――愛新覚羅慧生と大久保武道の遺簡集―― »

2017年12月 2日 (土)

ブルーワイン ――羽田空港の魔力には勝てない家系かも――


ブルーワイン

――羽田空港の魔力には勝てない家系かも――

 

息子が送ってくれた「ブルーワイン」が届きました。とは言っても料金はこちら持ちです。実は先週、羽田空港から電話がありました。そこで見掛けたワインが美味しそうだから送ろうか、という相談だったのですが、珍しいものには目がない我が家ですので、もちろん「OK」。

 

でも、今日分ったのは、同床異夢だったこと。私は今流行っているワインの色が「ブルー」のブルーワイン。スペインで発明されたもの。息子と家人が頼んだのは、ピーロート社の「ピーロート・ブルー」でした。ピーロート社の「ブルー」は、同社が1976年に採用したロイヤル・ブルーの瓶の色を指しています。

 

                   

20171201_15_40_30

         

 

甘口で、デザート・ワインとしてまたは果物と一緒にというアドバイスもあったので、早速、夕食後に飲んでみました。上品な甘さで、クリスマスやお正月の雰囲気にはピッタリのワインだと思います。とても良いタイミングで届きました。

 

でも、一つ気になることが。息子がこのワインを勧められたのは羽田空港です。そう言えば、かなり前になりますが、私も羽田空港で、かなり高額のシャンパンを勧められ購入したことがありました。ここでしっかりと教訓を汲まなくてはなりません。この際、羽田空港で買うものはせめて「東京バナナ」に留めるという「家訓」を宣言し徹底しなくてはならないのかもしれません。

 

 

[お願い]

文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

 

広島ブログ
広島ブログ

« 裁判官弾劾裁判所 ――制度ができて今年で70年目です―― | トップページ | 『われ御身を愛す』 ――愛新覚羅慧生と大久保武道の遺簡集―― »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/603654/66110005

この記事へのトラックバック一覧です: ブルーワイン ――羽田空港の魔力には勝てない家系かも――:

« 裁判官弾劾裁判所 ――制度ができて今年で70年目です―― | トップページ | 『われ御身を愛す』 ――愛新覚羅慧生と大久保武道の遺簡集―― »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31