« 英語で見る夢 ――田英夫さんを懐かしく思い出します―― | トップページ | 野党共闘を求めるアピール ――28日解散で「国難」を「木っ端微塵」にしよう―― »

2017年9月26日 (火)

久し振りに酔心 ――定番料理を堪能しました――


久し振りに酔心

――定番料理を堪能しました――

 

 

不用意にテレビを点けると、どこかの局で必ず食べ物・レストラン・料理関係の番組を放映しています。昔と比べて、番組数は何十倍にも増えているのではないでしょうか。食べ物にはあまりこだわらないことを自覚しているが故に、私は「Z級グルメ」を僭称していますが、それでもテレビで美味しそうな寿司やステーキ、それにワインやお酒が出てくるシーンを見ると、やはり同じようなものを食べ、飲みたくなります。

 

先日はあるドラマの中で、「近江屋 数寄屋橋本店」という鉄板焼きの高級店でワインとともに俳優たちの食べるステーキが、想像を絶するような美味しさであることが伝わって来ました。それ以来、「次に外で食べるときにはステーキを」と思い詰めていましたが、その機会がやってきました。

 

恐らく数年振りの酔心なのですが、スタンダードなお店での夕食が心まで癒してくれることは良く知られています。暖簾を潜ってテーブルに着きメニューを見ると、なんということでしょう。「広島県産牛ステーキ定食」があるではありませんか。さらに、ビールはカープ優勝記念で半額でした。さいさき善しとビールを注文。それもアサヒの「氷点下のスーパードライ」です。

 

                 

20170925_18_27_09

           

 

ことビールになると心が急いて、まず一口飲んでからの写真になってしまいました。そしてしばらくして届いたステーキ定食。

 

 

20170925_18_27_41

 

家人が注文したのは、旬彩・酔心御膳です。

 

20170925_18_29_34

 

注文してから釜飯に火を入れる、という伝統通り、20分ほどで釜飯が出てきました。

 

 

20170925_18_29_58

 

テレビ番組の中に出てくる鉄板焼き屋さんのロケ地は、銀座うかい亭や六本木モンシェルトントンらしいのですが、酔心のステーキもなかなか良い味でした。もちろん釜飯ではこちらの方が本場です。

 

そしてコスパまで視野に入れると、久し振りの酔心は大満足の一時になりました。

 

 

[お願い]

文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

 

広島ブログ
広島ブログ

« 英語で見る夢 ――田英夫さんを懐かしく思い出します―― | トップページ | 野党共闘を求めるアピール ――28日解散で「国難」を「木っ端微塵」にしよう―― »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

マスコミ」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/603654/65836636

この記事へのトラックバック一覧です: 久し振りに酔心 ――定番料理を堪能しました――:

« 英語で見る夢 ――田英夫さんを懐かしく思い出します―― | トップページ | 野党共闘を求めるアピール ――28日解散で「国難」を「木っ端微塵」にしよう―― »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31