« 串揚げに挑戦 ――ビュッフェスタイルで選び、テーブルで簡単に揚げて食べる―― | トップページ | またまた凄い方々にお会いしました ――80代のお二人に比べると「40, 50 は鼻たれ小僧」かもしれません―― »

2017年8月31日 (木)

8月のブルーベリー農園その2

8月のブルーベリー農園その2

 

安芸の郷ではブルーベリーの生食の注文受け付けが85日のブルーベリーまつりからをスタート。たくさんのブルーベリーが必要となる。そのブルーベリーの主な供給源が東広島市豊栄町のブルーベリー農園なので多くの人たちの協力で農園の摘み取りが行われている。

Photo

お盆の16日には2組の古くからの友人家族がブルーベリーの摘み取りにお見えになった。昼休みは庭のテントの下でやっつけ仕事でいつもしつらえる簡易のテーブルを囲み食べながら談笑。日陰は涼しいので広々とした空間と風がごちそう。

Photo_2

テントの側にある庭の石臼の縁にトノサマガエルがじぃーと座っている。人がいるときは蛇も来ないので安全なのかも。(まだ小さい、今年生まれらしい。816日)

Photo_3

一番下の畑のブルーベリー木の列は8列ある。申し合わせたわけではないがこの日はそれぞれの列に1~2人が散らばって摘み取りが始まった。あちこちに広がる田んぼの稲はもう黄金色染まっている(826日)

 

Photo_4

同じ畑のブルーベリーの1本の木全体にミノムシが発生。農薬を使用しないので一匹一匹取り除いて駆除した。たっぷり30分はかかる。全体の中でこれ1本だけなのでちょっと安心。(827日)

Photo_5

ブルーベリー農園の集落にある連続した田んぼ。ここは40年以上前に圃場整備をした稲田で広くては長くて高さに変化があって美しい。黄色に色づくところ、まだ青いところ。いくつかの種類のコメが植えてある。(823日)

Photo_6

稲は偉大で、農耕が始まる2千年前から同じ田んぼでも毎年嫌がることなく成長し収穫できる。ブルーベリーの寿命は植えてから30年位といわれている。

 

Photo_7

農園の山の法面に咲くイワシャジン。(820日)

 

Photo_8

農園の前の道路沿いに咲く自然に生えたテッポウユリ。(827日)

 

Photo_9

農園の庭。茎が倒れてしまって、それでも90度曲がって天をむいて咲くカクトラノオ。(827日)

 

Photo_10

農園の山裾の畑の富有柿。毎年剪定をしていないので昨年は少なかった。今年は生り年らしくたくさん実がついている。秋が楽しみ。 

 

Photo_11

午後2時。摘み取りを終わって休憩。ミキサーにかけたいつもの冷たいブルーベリージュースを味わう。9月初めで摘み取りもほぼ終わる予定。(827日)

あともう少し。

毎月出会うキジの夫婦は、今月は合わずじまい。人が多いいのでかれらも落ち着かないか?

2017831日 

社会福祉法人安芸の郷 理事長 遊川和良

 

[お願い]

この文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

 

広島ブログ 広島ブログ

« 串揚げに挑戦 ――ビュッフェスタイルで選び、テーブルで簡単に揚げて食べる―― | トップページ | またまた凄い方々にお会いしました ――80代のお二人に比べると「40, 50 は鼻たれ小僧」かもしれません―― »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

環境」カテゴリの記事

生活」カテゴリの記事

福祉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/603654/65729843

この記事へのトラックバック一覧です: 8月のブルーベリー農園その2:

« 串揚げに挑戦 ――ビュッフェスタイルで選び、テーブルで簡単に揚げて食べる―― | トップページ | またまた凄い方々にお会いしました ――80代のお二人に比べると「40, 50 は鼻たれ小僧」かもしれません―― »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30