« 引き戸が滑らかに動くようになりました ――引き戸の下部のねじを調整するだけです―― | トップページ | 親切な水道局 ――水道の使用水量をチェックしてくれています―― »

2017年4月30日 (日)

4月のブルーベリー農園

         4月のブルーベリー農園

 

4月の農園の農作業は剪定や草刈りが中心だが春が呼んだ植物も生き物が変化にとんだ景色を見せてくれる。

 

 

4月のブルーベリー農園のまわりで出会った生き物たち。

 

Photo

 オスのキジ(写真左上)。この農園が彼の縄張りでしきりに「ケーン」と鳴く。メスを呼んでいるのだろう。(411日)

 

Photo_2

 ブルーベリーの木にとまるアマガエル。(422日)

 

Photo_3

 ハコネウツギの葉にとまるイトトンボ。脱皮して間もないのかほとんど動かない。

 

Photo_4

 鯉のぼり。こちらは人の作った景色。(422日)

 

 

23日午後、農作業の合間に息子と農園の周囲を散歩した。

 

Photo_5

 農園の前の道路沿いに小さな祠が2か所ある。そのうちの一つの境内に建ててある石碑の文字に目が留まった。「牛馬神御加護」昭和9年建立とある。農家にとって大切な牛馬だったことがうかがえる。「いちにちいっぱいよもぎのなかにはたらいて」にはじまる宮沢賢二の詩集「春と修羅第2集」にある「馬(作品第123番)」の詩を思い出した。この詩の最後の部分。馬は亡くなり土に埋めて「ぼろぼろ土を落としてやって みんなもぼろぼろ泣いてゐた」で終わる。ブルーベリー農園の作業を始める頃に出会った詩で今も折に触れて読み返すと気持ちが引き締まる。(423日)

 

Photo_7

 そして、現代は田んぼの代掻き(しろかき)も牛馬でなく石油を燃料にしたトラクターで行う。写真右端の山すそがブルーベリー園。(423日)

 

Photo_8

 麦畑。麦秋にはまだ早い。写真左の息子の頭の上の杉林の左右がブルーベリー園。(423日)

 

Photo_9

散歩の後はひたすらブルーベリーの剪定。(423日)

 

Photo_10

若葉とヤマザクラ(423日)

 

Photo_11

ブルーベリーの畑の下に咲くレンゲ(429日)

 

Photo_12

早生のブルーベリーの花が咲き始めた。ミツバチもあちこちで飛んでいる。収穫と安芸の郷への納品が始まる6月まであと少し。(429日)

 

2017429日 

 

社会福祉法人安芸の郷 理事長 遊川和良

 

[お願い]

 

この文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

 

広島ブログ 広島ブログ

« 引き戸が滑らかに動くようになりました ――引き戸の下部のねじを調整するだけです―― | トップページ | 親切な水道局 ――水道の使用水量をチェックしてくれています―― »

平和」カテゴリの記事

環境」カテゴリの記事

福祉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/603654/65213716

この記事へのトラックバック一覧です: 4月のブルーベリー農園:

« 引き戸が滑らかに動くようになりました ――引き戸の下部のねじを調整するだけです―― | トップページ | 親切な水道局 ――水道の使用水量をチェックしてくれています―― »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30