« 大腸内視鏡検査 ――受ける側からはとても簡単になりました―   | トップページ | ひろしま・ふくしまを結ぶ ワンコインシンポ2017 第5回シンポジウム ――「託されたもの--大地と人と。」―   »

2017年3月 5日 (日)

感動的な卒業式 ――若い世代への期待がさらに大きく膨らみました―  


感動的な卒業式

――若い世代への期待がさらに大きく膨らみました―  

 

考えて見ると、感動的ではない卒業式に出席した記憶はないように思います。それぞれ特色のある、時代を反映し巣立つ子どもたちへの思い溢れる、そして見守る親や保護者たちにとって感慨無量な一時です。

 

今日は下の息子の高校卒業式でした。上の子から通算すると9年間お世話になった学校ですが、二人とも「スク―ルバンド班」に属して楽しく豊かな青春を謳歌することができた年月でした。先生方、同級生の皆さん、そして保護者や同窓会の皆さんにも感謝の言葉あるのみなのです。

              

20170304_23_22_05

式後の校門付近


式は体育館で行われ、君が代、卒業証書の授与、校長先生の式辞、来賓挨拶、在校生の送辞、そして卒業生の答辞、記念品贈呈、賞の授与、校歌、蛍の光の順でした。最後には卒業生の飛び入りで、先生への感謝の気持が表明されました。ただ私たち世代から見ると「仰げば尊し」が、最近は歌われなくなっていることが残念です。

 

その後、組毎に教室に戻り、担任の先生から一人ずつ卒業証書を手渡され、一人ずつ卒業の言葉を保護者の前で披露してくれました。笑いが途切れないほどの素晴らしい雰囲気で、「このクラスで良かった」という全員の気持ちが伝わってきたような気がします。

 

最後に担任の先生の餞の言葉がありました。これから大人の仲間入りをして生きて行く上で、自分として感じている大切なことを三つ伝えておきたい、というテーマでした。

 

第一は、今いるところを大切にすること。理想を掲げるのももちろん大切だが、世の中には思い道理にならないことも沢山ある。そんなとき、理想を捨てて諦めるのという意味でもなく、不貞腐れて開き直るのでもなく、素直に今いるところを大切にすること。そのことを、今卒業生の多くが直面している受験と心学、あるいは就職後の仕事等、子どもたちの立場からの実例を挙げながら、しっかりと伝えてくれました。

 

二つ目は、親を大切にすること。自分は母を事故で失った。そのとき最初に浮かんだ言葉が「ごめん」だった。母への気持を素直に伝えていなかったことを悔やんだからだ。君たちには同じ経験をさせたくない。両親への感謝の気持ちを直接言えなければ、親の手伝いをすることで表しても良いし、手紙でも良い。場合によっては親から離れるという選択が最善の親孝行だという可能性もある。そんな場合も含めて親を大切に。

 

三つ目は、元気で。これは説明するまでもないと思ってしまいましたし、それ以上にその前の母上についてなされたときには、先生の声が詰まり私たちもほとんど涙で聞いていたために、耳では聞いていても内容まで聞き取れませんでしたので、報告はここまでしかできません。

 

子どもたちには勿論、先生のメッセージは伝わりましたし、私たち保護者も感動したのは、御自分の経験を元に、今子どもたちにとって一番大切なことを分かり易く説いて下さったからなのだと思います。

 

その先生は40代です。私から見れば「若者」世代なのです。その若者が、さらに若い子どもたちに人生の先輩として、私たち世代も教えられるような言葉を贈ってくれたことで、若い世代への私の期待は一段と大きく膨らみました。

 

 

 

そして、ワンコインシンポジウムにもお出で下さい。

 

 

20170225_19_58_22

 

ひろしま・ふくしまを結ぶ ワンコインシンポ2017 第5回シンポジウム

テーマ:  「託されたもの--大地と人と。」

201735() 13:30 ~~ 16:30

合人社ウェンディひと・まちプラザ

北棟6Fマルチメディアスタジオ

入場料  前売り券は500円。当日券は600円です。

主催 福島と広島をつなぐ、もみのきの会

 

  

 [お願い]

文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

 

広島ブログ
広島ブログ

コメント

卒業おめでとうございます
うちの子も、いまだに学校と担任のことが
大好きです。
今は校長の、当時は一国語の先生も(笑)

「⑦パパ」様

コメント有り難う御座いました。人生のどこかで、尊敬できる「師」に巡り合えるって有難いですね。全ての若者がそんな「師」に出会えますよう。

« 大腸内視鏡検査 ――受ける側からはとても簡単になりました―   | トップページ | ひろしま・ふくしまを結ぶ ワンコインシンポ2017 第5回シンポジウム ――「託されたもの--大地と人と。」―   »

健康」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

言葉」カテゴリの記事

コメント

卒業おめでとうございます
うちの子も、いまだに学校と担任のことが
大好きです。
今は校長の、当時は一国語の先生も(笑)

「⑦パパ」様

コメント有り難う御座いました。人生のどこかで、尊敬できる「師」に巡り合えるって有難いですね。全ての若者がそんな「師」に出会えますよう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/603654/64971362

この記事へのトラックバック一覧です: 感動的な卒業式 ――若い世代への期待がさらに大きく膨らみました―  :

« 大腸内視鏡検査 ――受ける側からはとても簡単になりました―   | トップページ | ひろしま・ふくしまを結ぶ ワンコインシンポ2017 第5回シンポジウム ――「託されたもの--大地と人と。」―   »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31