« 論理の出発点 ――西欧流の「自由、平等、民主主義」ではなく日本の「情緒と形」――   | トップページ | 「さよなら原発 ヒロシマ集会」 へのお誘い ――3月10日(金)18時から原爆ドーム前――   »

2017年2月28日 (火)

2月のブルーベリー農園


2月のブルーベリー農園


安芸の郷は2つの建物の屋上と、近隣の農家の休耕田で栽培しているが、それでは足りないので東広島市豊栄町のブルーベリー園と提携して夏の収穫時期には摘み取りの研修を行っている。冬から春の農園はブルーベリーの剪定作業が続いている。この作業で実の大きさと樹勢のコントロールを行うことができる。

 

P2115831

211日の農園。雪がしっかり残っている畑の剪定作業。寒そうだが陽がさすと結構暖かさを感じることができる。

 

P2125850

212日。青空を背景に膨らんできたブルーベリーの花芽を時折眺めながら黙々と枝を切る。

 

P2195933

219日。畑は雪がすっかり溶けた。剪定したブルーベリーの枝を片づけるため、作業の合間で野焼きをする。

 

P2256070

225日。ブルーベリーの枝先の花芽が赤く色づくので園全体がもやっーとした色合いになる。

 

P2256073

226日。キジのオスと出合う。田んぼからブルーベリー園をゆっくり横断していった。(写真真ん中のあぜ道にいる)

 

P2266098

226日。ブルーベリーの先端まで3m位ある(ラビットアイ系ティフブルー)。たくさんの枝に花芽がついている。実がなると弓状にたわむので摘み取るときに手は届く。今年は花芽が多い予感。あとはミツバチ次第。

 

P2266101

足元のシュートを200本くらい切って3種類別にくくった。ブルーベリーの増殖は挿し木で行うので安芸の郷に提供して苗木を栽培して販売するのが目的。

 

春の息づかいのする景色を探す。

 

P2266093

 もぐら塚。地面のそこから暖かくなって外に出てつくる穴。土が盛り上がったりしているところもある。(226日)

 

P2266095

 枯葉を取り除くとクリスマスローズの花が顔を出す。(226)

 

P2256063

 伸びてきたラッパズイセンの葉とオオイヌノフグリの花。(225日)

 

2017226日 

社会福祉法人安芸の郷 理事長 遊川和良


[お願い]

文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

広島ブログ
広島ブログ

« 論理の出発点 ――西欧流の「自由、平等、民主主義」ではなく日本の「情緒と形」――   | トップページ | 「さよなら原発 ヒロシマ集会」 へのお誘い ――3月10日(金)18時から原爆ドーム前――   »

旅行・地域」カテゴリの記事

環境」カテゴリの記事

生活」カテゴリの記事

福祉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/603654/64947599

この記事へのトラックバック一覧です: 2月のブルーベリー農園:

« 論理の出発点 ――西欧流の「自由、平等、民主主義」ではなく日本の「情緒と形」――   | トップページ | 「さよなら原発 ヒロシマ集会」 へのお誘い ――3月10日(金)18時から原爆ドーム前――   »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31