« トランプ大統領への手紙を米紙が取り上げてくれました --ワシントン・ポストとボストン・グローブです―― | トップページ | 明日29日(日)、コンサートで歌います ――West Side Story から「Tonight」のデュエットです―― »

2017年1月27日 (金)

世界人権年鑑2017 ――ヒューマン・ライツ・ウォッチ代表のケネス・ロス氏による序文――


世界人権年鑑2017

――ヒューマン・ライツ・ウォッチ代表のケネス・ロス氏による序文――

 

トランプ大統領と安倍総理、そして欧州やアジアの大衆扇動的指導者たちの共通点を、具体例によって絞り込む積りだったのですが、つまり、「帰納的」に結論を導く積りだったのでが、その一つを、『世界人権年鑑』の序文で、ヒューマン・ライツ・ウォッチの代表であるケネス・ロス氏が、きちんとまとめてくれていますので、お読み頂ければと思います。日本語訳は、以前御紹介した山田達也氏です。

                

World_report_2017_cover_3d_trans

             

 長いのですが、何度かに分けると、趣旨が伝わり難くなりますので、全部を掲載させて頂きます。

 

トランプ大統領を初めとする大衆扇動家たちのもう一つの共通点は「詭弁」です。これは言葉に依存する部分が大きいので、安倍総理の「詭弁」は、別稿で取り上げたいと思います。

******************************

World Report 2017

Demagogues Threaten Human Rights

Trump, European Populists Foster Bigotry, Discrimination

ワールドレポート2017:扇動政治家が人権を脅かしている

トランプや欧州の大衆主義者が偏見と差別を煽っている

(Washington, DC January 12, 2017) – The rise of populist leaders in the United States and Europe poses a dangerous threat to basic rights protections while encouraging abuse by autocrats around the world, Human Rights Watch said today in launching its World Report 2017. Donald Trump’s election as US president after a campaign fomenting hatred and intolerance, and the rising influence of political parties in Europe that reject universal rights, have put the postwar human rights system at risk.

(ワシントンDC,2017112日)-米国と欧州で台頭した大衆主義指導者が、世界各地の独裁者の人権侵害を助長する一方で、基本的人権の保護を脅かしている、とヒューマン・ライツ・ウォッチ(以下HRW)は本日「世界人権年鑑2017」で述べた。

敵意と不寛容を煽る運動を展開したドナルド・トランプを米国大統領にした選挙と、欧州で普遍的人権を否定する政党の影響力が増大している現状は、第二次世界大戦後の人権保護システムを危険に晒している。

Meanwhile, strongman leaders in Russia, Turkey, the Philippines, and China have substituted their own authority, rather than accountable government and the rule of law, as a guarantor of prosperity and security. These converging trends, bolstered by propaganda operations that denigrate legal standards and disdain factual analysis, directly challenge the laws and institutions that promote dignity, tolerance, and equality, Human Rights Watch said.

一方でロシア、トルコ、フィリピン、中国の独裁的指導者は自らの権力を、政府による説明責任の全うや法の支配順守にではなく、繁栄と治安の保証に使った。米国と欧州における大衆主義政治家の台頭とロシアや中国に見られる指導者の政治手法は、収束する傾向にあり、それは更に法規範を過小評価し事実に基づく分析を軽視するプロパガンダ活動で強化され、人間の尊厳、寛容性、平等を促進する法律と制度を真っ向から否定している、とHRWは指摘した。

In the 687-page World Report, its 27th edition, Human Rights Watch reviews human rights practices in more than 90 countries. In his introductory essay, Executive Director Kenneth Roth writes that a new generation of authoritarian populists seeks to overturn the concept of human rights protections, treating rights not as an essential check on official power but as an impediment to the majority will.

発行27年目を迎える世界人権年鑑2017で(全687頁)で、ヒューマン・ライツ・ウォッチは90ヶ国超の人権状況を概説している。その序文でケネス・ロス代表は、新世代の権威主義的な大衆主義者が、人権を公権力への必要不可欠な抑制ではなく、大多数の人々の障害とみなし、人権保護の概念を覆そうとしていると指摘した。

The rise of populism poses a profound threat to human rights,” Roth said. “Trump and various politicians in Europe seek power through appeals to racism, xenophobia, misogyny, and 

nativism

.

. They all claim that the public accepts violations of human rights as supposedly necessary to secure jobs, avoid cultural change, or prevent terrorist attacks. In fact, disregard for human rights offers the likeliest route to tyranny.”

「ポピュリズムの台頭は人権に深刻な脅威をもたらしています」、とロスは指摘した。「トランプや欧州の様々な政治家が、差別主義、外国人嫌悪、女性蔑視、移民排斥主義をアピールして権力を手中にしようとしています。彼らは皆、雇用を守り、文化的な変化を回避し、或いはテロリストによる攻撃を防ぐのに必要だとして、大衆は人権侵害を受入れると主張しています。しかし人権軽視の実態は、独裁政治に通じる可能性が最も高い歩みなのです」

Roth cited Trump’s presidential campaign in the US as a vivid illustration of the politics of intolerance. He said that Trump responded to those discontented with their economic situation and an increasingly multicultural society with rhetoric that rejected basic principles of dignity and equality. His campaign floated proposals that would harm millions of people, including plans to engage in massive deportations of immigrants, to curtail women’s rights and media freedoms, and to use torture. Unless Trump repudiates these proposals, his administration risks committing massive rights violations in the US and shirking a longstanding, bipartisan belief, however imperfectly applied, in a rights-based foreign policy agenda.

ロスはトランプの大統領選挙におけるキャンペーンを、不寛容の政治を浮彫にしたと言及、自らの経済状況やますます多分化する社会に不満を抱いている人々に、トランプは個人の尊厳と平等という基本原理を否定する論理で対応したと指摘した。選挙キャンペーンでは、「移民の大規模な強制送還に取組む」、「女性の権利と報道の自由を削減する」、「拷問を行う」など、数百万の人々に危害を及ぼす提案が打出された。トランプがそれらの提案を撤回しない限り、彼の政権は米国内で大規模な人権侵害を行うと共に、人権尊重型外交政策において、長年培われてきたものの、完全には適用されていない、超党派的信条に従わない危険がある。

The rise of populist leaders in the United States and Europe poses a dangerous threat to basic rights protections while encouraging abuse by autocrats around the world.

米国と欧州における大衆主義指導者の台頭は、世界各地の独裁者の人権侵害を助長する一方で、基本的人権の保護に大きく脅かしている。

In Europe, a similar populism sought to blame economic dislocation on migration. The campaign for Brexit was perhaps the most prominent illustration, Roth said. Instead of

scapegoating

those fleeing persecution, torture, and war, governments should invest to help immigrant communities integrate and fully participate in society, Roth said. Public officials also have a duty to reject the hatred and intolerance of the populists while supporting independent and impartial courts as a bulwark against the targeting of vulnerable minorities, Roth said.

「欧州でも同様な大衆主義が、経済的混乱を移民の責任にしようとした。英国のEU離脱に向けたキャンペーンに、それが最も明確に表れている」、「迫害、拷問、戦争から逃れて来た人々に責任転嫁するのではなく、政府は移民コミュニティによる社会への統合と完全参加を促進するよう投資しなければならない」、「公務員もまた、弱い立場の少数派を狙った行為への防波堤として独立公平な裁判所を支援する一方で、大衆主義者の憎悪と不寛容を拒否しなければならない」、とロスは指摘した。

The populist-fueled passions of the moment tend to obscure the longer

-

term

dangers

to

a society of strongman rule, Roth said. In Russia, Vladimir Putin responded to popular discontent in 2011 with a repressive agenda, including draconian restrictions on free speech and assembly, unprecedented sanctions for online dissent, and laws severely restricting independent groups. China’s leader, Xi Jinping, concerned about the slowdown in economic growth, has embarked on the most intense crackdown on dissent since the Tiananmen era.

大衆主義者に煽られた理性を欠く感情は、独裁的指導者による支配が社会に及ぼしている長年の危険を、曖昧にする傾向にあるともロスは指摘した。ロシアではヴラディミール・プーチン大統領は、2011年に民衆の不満に、言論と集会の自由への厳しい制約、オンライン上の反対意見に対する前例のない制裁措置などを含む、弾圧的指針で応じた。経済停滞を懸念した中国指導者の習近平(ジー・チンピン)は、反対意見に対して天安門事件が起きた時代以降最も激しい弾圧に着手した。

In Syria, President Bashar al-Assad, backed by Russia, Iran, and Hezbollah, has honed a war-crime strategy of targeting civilians in opposition areas, flouting the most fundamental requirements of the laws of war.

Forces of the self-proclaimed Islamic State, also known as ISIS, have also routinely attacked civilians and executed people in custody while encouraging and carrying out attacks on civilian populations around the globe.

シリアではロシア、イラン、ヒズボラの支援を受けたバッシャール・アル・アサド大統領が、戦争法における最も基本的な義務事項をないがしろにし、反政府勢力支配下地域で民間人を標的する戦争犯罪戦略に力を注いだ。アイシスとしても知られる自称イスラム国の部隊もまた、民間人を日常的に攻撃し、抑留中の人々を処刑する一方で、世界各地の民間人へのテロ攻撃を実行した。

More than 5 million Syrians fleeing the conflict have faced daunting obstacles in finding safety. Jordan, Turkey, and Lebanon are hosting millions of Syrian refugees but have largely closed their borders to new arrivals. European Union leaders have failed to share responsibility fairly for asylum seekers or to create safe routes for refugees. Despite years of US leadership on refugee resettlement, the US resettled only 12,000 Syrian refugees last year, and Trump has threatened to end the program.

武力紛争から逃れた500万人を超えるシリア人は、安全な避難先の確保に克服困難な障害に直面している。ヨルダン、トルコ、レバノンは、数百万のシリア人難民を滞在させているが、新たに到着する人々には国境を閉ざしている。欧州連合の指導者は、庇護希望者への応分な責任を負わず、また難民向けの安全なルートも確保しなかった。米国な難民の再定住に関して指導的役割を長年果たしてきたが、昨年はシリア難民を12,000人 しか再定住させておらず、トランプはその事業を打切ると脅した。

In Africa, a disconcerting number of leaders have removed or extended term limits – the “constitutional coup” – to stay in office, while others have used violent crackdowns to suppress protests over unfair elections or corrupt or predatory rule. Several African leaders, feeling vulnerable to prosecution, harshly criticized the International Criminal Court and three countries announced their withdrawal.

アフリカでは憂慮すべき数の指導者が、任期制限を撤廃あるいは延長する、「合法的クーデター」で権力の座に留まり続ける一方で、不公正な選挙や汚職あるいは略奪的支配への抗議運動を抑えるために暴力的な弾圧を行った。訴追される懸念に怯えたアフリカ指導者の一部は、国際刑事裁判所を厳しく批判し、昨年はアフリカの3ヶ国が同裁判所からの脱退を表明した。

This global attack needs a vigorous reaffirmation and defense of the human rights values underpinning the system, Roth said. Yet too many public officials seem to have their heads in the sand, hoping the winds of populism will blow over. Others emulate the populists, hoping to pre-empt their message but instead reinforcing it, Roth said. Governments ostensibly committed to human rights should defend these principles far more vigorously and consistently, Roth said, including democracies in Latin America, Africa, and Asia that support broad initiatives at the United Nations but rarely take the lead in responding to particular countries in crisis.

「このような人権への攻撃は、これまでの制度の基盤となっている人権への価値観の再確認と保護を必要としている」、「しかし大衆主義の嵐が過ぎ去るのを願いつつ、極めて多くの公務員が現実から目をそらしていると思われるが、一部の者は大衆主義者を模倣し、彼らのメッセージに先手を打って阻止しようするのではなく補強している」、「国連における広範なイニシャティブは支援するけれど、危機にある特定国家への対応においては殆ど主導的役割を負わない中南米、アフリカ、アジアなどの民主国家で、表向き人権保護に専心努力していた各国政府は、以前にも増して積極的かつと毅然として人権保護原則を守らなければならない」、とロスは指摘した。

Ultimately, responsibility lies with the public, Roth said. Demagogues build popular support by proffering false explanations and cheap solutions to genuine ills. The antidote is for voters to demand a politics based on truth and the values on which rights-respecting democracy is built. A strong popular reaction, using every means available – civic groups, political parties, traditional and social media – is the best defense of the values that so many still cherish.

ロスの指摘によれば、究極のところの責任は大衆にある。扇動政治家は、誤った説明と本当は害悪である安っぽい解決策で、大衆からの支持を得ている。有権者にとっての対抗手段は、人権尊重型民主主義の基盤となる価値観と真実に基づく政治を求めることだ。市民団体、政党、伝統的メディアやソーシャルメディアなど、利用可能な全ての手段を使った、大衆による強力な反対行動が、多くの人々が今尚慈しむ価値観の防衛には最高の策となる。

We forget at our peril the demagogues of the past: the fascists, communists, and their ilk who claimed privileged insight into the majority’s interest but ended up crushing the individual,” Roth said. “When populists treat rights as obstacles to their vision of the majority will, it is only a matter of time before they turn on those who disagree with their agenda.”

「過去の扇動政治家、多数派の利益という特権階級の見解を主張し、個人を押し潰す結果に繫がった、ファシストや共産主義者とその仲間によってもたらされた危機を、私たちは忘れています。大衆主義者が人権を、大多数の人々の障害と見なすなら、自らの政策に同意しない者に襲い掛かるのは時間の問題です」、とロスは指摘した。

 

 

 

[お願い]

文章の下にある《広島ブログ》というバナーを一日一度クリックして下さい。

 

広島ブログ
広島ブログ

« トランプ大統領への手紙を米紙が取り上げてくれました --ワシントン・ポストとボストン・グローブです―― | トップページ | 明日29日(日)、コンサートで歌います ――West Side Story から「Tonight」のデュエットです―― »

アメリカ」カテゴリの記事

トランプ関連」カテゴリの記事

平和」カテゴリの記事

日本政府」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/603654/64812803

この記事へのトラックバック一覧です: 世界人権年鑑2017 ――ヒューマン・ライツ・ウォッチ代表のケネス・ロス氏による序文――:

« トランプ大統領への手紙を米紙が取り上げてくれました --ワシントン・ポストとボストン・グローブです―― | トップページ | 明日29日(日)、コンサートで歌います ――West Side Story から「Tonight」のデュエットです―― »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31